CX-1試写-アサマシジミ

a0071470_1945598.jpg
今日も良い天気、雲は多いが北アルプスがよく見える。田植えのすんだ水田もすくすくと成長し、もうほとんど水面が見えなくなった。
朝方、アサマシジミの発生地へ出かけてみた。
a0071470_19505335.jpg
ヒメシジミは多いがアサマシジミの姿は見えない。

数少ない食草の芽が摘まれていた。
あきらかに採幼の痕跡である。
猫の額ほどの発生地に10数株しかないところでの採幼は、いくら何でも圧力はかかると思うのだが・・・・・・

北海道のイシダシジミが減少している話を聞くに付け、生活範囲が狭く、しかも食草が限られている種類はなんとかできないものだろうか?
ここも私有地なので採集禁止にはできる。
ただなんとか採集者の意識改革はできないものだろうかね・・・・・・・もと採集者として、気持ちはよ-くわかる。

種類によっては絶対に「採る」より「撮る」のスタイル変更が好ましいと思うんだけど・・・・・

a0071470_19453934.jpg
近くでヒメシジミの交尾が観察できた。
a0071470_19455697.jpg
CX-1なかなか良い感じである。連写速度が速いのも蝶の撮影には向いている。
シジミチョウなどは、被写界深度が深いコンデジの長所をもっと取り入れることにより、表現の幅がさらに広がる気がする。

とにかくデジカメの発達はすごいモンだ・・・・・・
1頭だけギンイチモンジセセリが見つかった。
a0071470_19461214.jpg
やや欠けた所はあるが、朝日に向けてきれいに開翅してくれた。

昼休みに山羊に食べられてしまった往年のアサマポイントを覗いてみると・・・・・青ネットを持った老紳士が一人・・・・・・
そそくさとその場を離れた・・・・・
a0071470_19464065.jpg


お昼を食べ終えた頃、
a0071470_19483020.jpg
足下のヒメシジミの中に1頭だけ黒っぽく見える個体がいた。アサマシジミの雄・・・・・
懐かしいブルーが今年も楽しませてくれた。
a0071470_19472683.jpg


本日はすべてCX-1で撮影してみたが、これハマリそう・・・・・・良い感じ・・・・・・良い感じ・・・・・・・
こんな環境にいた。
a0071470_19475197.jpg
ものすごく探し回ったけど・・・・・どうやらこれ一頭きり・・・・・・なんとか子孫を残してくれればいいのだが。
まずは開翅。
a0071470_19524461.jpg
この程度しか開いてくれなかった。
規格V字半開翅はバッチリ。
a0071470_1950733.jpg
a0071470_19501918.jpg

羽化直後の個体のようであちらこちらで吸蜜してくれた。食草と思われるエビラフジ?
a0071470_1948485.jpg
シロツメクサ、
a0071470_1949965.jpg
レッドクローバー
a0071470_1949298.jpg
a0071470_19494567.jpg
などなど。

さて最後にアサマシジミとヒメシジミの紛らわしい判別。
表面を見れば一目瞭然だし、裏面の色や大きさでも何となくはわかるが・・・・・
雌や羽を閉じているときはわかりにくい。色々と考えてみたが、↓の部分で鑑別している。
a0071470_19503534.jpg
どなたかお勧めの鑑別法があれば教えて下さい。
by kmkurobe | 2009-06-15 19:43 | 生態写真 | Comments(9)
Commented by 蝶山人 at 2009-06-15 21:07 x
半開翅も素晴らしいが
エビラフジやアカツメクサの吸蜜絵になります。
kmkurobeさんらしい柔らかいタッチ
なかなか真似出来ません。
Commented by otsuka at 2009-06-15 21:07 x
いつもROMばかりで失礼しています。
姫も浅間も兵庫県にはいないので、学生時代に信州に行った時のことが懐かしくよみがえってきました。
広角用にGX200を考えていたのですが、CX-1も望遠マクロも広角もよさそうですね。本当にデジカメの進歩は早くて、ついてゆくのにアップアップです。
Commented by ダンダラ at 2009-06-16 16:22 x
アサマシジミの翅表は渋くて玄人好みですね。
裏面での区別、矢印の部分は標本だとばっちりだけど、かくれてしまう事も多いですね。
今職場なので図鑑類が手元にないですが、後翅の黒点がアサマでは13個、ヒメでは12個なんてのはどうでしょう。(これはわかりにくいのも混じるので決定的なものとは行かないみたいですけど)
あと、縁毛が真っ白ならヒメ、アサマでは黒いのが混じるなんてのもあったような。
なるべくいろいろな角度から撮っておくのが正解なんでしょうか。
Commented by chochoensis at 2009-06-16 19:08 x
kmkurobeさん、昨年、お世話になって=アサマ=を50年ぶりに観察できてとてもうれしかったことを思い出しました、その節は、大変良くしていただき今でも感謝しています・・・。この写真を見ながら至福の時間をいただいています、ありがとうございます。
Commented at 2009-06-16 19:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2009-06-16 19:42
蝶山人さんここの産地は風前の灯火です・・・・・近くのポイントが山羊の食害でつぶれてしまったので残念です。
なんとか復活できるといいのですか・・・・・
CX-1なかなかいい感じでしょ。JPEGの良さを再認識できました。
Commented by kmkurobe at 2009-06-16 19:44
otsukaさんどうもです。
JPEGですが連写がききますし、生態写真には幅広く利用できると思います。ズームが200㎜相当になったので、使いやすくなりましたね。
Commented by kmkurobe at 2009-06-16 19:46
ダンダラ さん雄は大体わかるのですが、雌は本当に判別が大変ですね。小さなアサマや大きなヒメがいますから。
やはりシジミチョウはなま暖かい曇り空の下が一番ですね。
Commented by kmkurobe at 2009-06-16 19:47
chochoensis さん昨年は楽しかったですね。あそこのポイントも月末には発生すると思われます。食草がこことは違うので、発生時期が若干遅いようです。
<< ブルー御三家な一日 北の端から南の端へ信州縦断20... >>