季節は進む-コヒョウモン

素晴らしい天気になった。そろそろゼフの発生がナイカト一回りした。
雰囲気はいいのだが、メスアカもウラゴも見られなかった。
フタスジチョウが増えてきた。
a0071470_20315021.jpg

咲き始めたイボタの花で吸蜜していた。
a0071470_20322212.jpg
a0071470_20324472.jpg

羽化直後と思われる雌に、盛んに雄が求愛をしていた。
a0071470_20332210.jpg
a0071470_20333834.jpg
a0071470_20334963.jpg

コヒョウモンが発生を始めるとゼフのシーズンもすぐそこだ。
ヒメギフチヨウの発生地に様子を見に行った。
a0071470_20345564.jpg

少ないながら数頭の雄が確認できた。来週にはたくさん飛ぶことであろう。

他に観察できたのは沢山のヒメシジミとウラギンヒョウモンだった。
蝶好きさんのご指摘があり、21日に再度確認に行ってきました。
ギンボシヒョウモンで間違いありませんでした。
新しい発生地が見つかりました。どうも有り難うございます。
a0071470_20362551.jpg

週末も天気は良さそうだ。なんとか初ゼフ撮影といきたいものである・・・・・
by kmkurobe | 2009-06-19 20:37 | 生態写真 | Comments(10)
Commented by 蝶山人 at 2009-06-19 20:57 x
イボタの花を見たら藤色のウラゴマ撮りたくなりました。
今年はウラナミアカ撮ったけどウラミスジは見ただけ
他のゼフは出会えてません。
来週末でもアサマやウラゴマ行けますかね。
Commented by ヘムレン at 2009-06-19 20:59 x
フタスジ・・・雰囲気でてますね~。。いい絵です(^^)
いよいよ高原の「夏」、ゼフのシーズンですね。。
↓ウツボグサでのヒメの交尾!・・こういうシーンを撮りたいですね(^^)。
素晴らしいです。
Commented by kmkurobe at 2009-06-19 21:44
蝶山人さんどちらも問題なく新鮮な個体いますよ。今年はここへ来て発生がゆっくりになってきています。
Commented by kmkurobe at 2009-06-19 21:47
ヘムレン さんここは山羊に食べられてしまったポイントですが、ヒメシジミは食草がバラエティに富んでいるので、まったく減っていませんでした。
アサマ1頭だけ今年も観察できました。うれしいですね。ここはエビラフジが食草のようです。
Commented by kenken at 2009-06-19 22:43 x
パッと見、ネズミモチの花に見えました。こちらだとキマリンが吸蜜に訪れたりするのです。
が、イボタがこれから咲くという季節感なんだぁ~こちらのイボタは全て咲ききってしまいました。
フタスジ、このなんとも小柄なNeptis好きですね。
Commented by chochoensis at 2009-06-20 18:50 x
kmkurobeさん、もう、=コヒョウモン=の時期ですか・・・いよいよ夏が近づいているんですね・・・。今年も信州に行ってみたいです・・・。
Commented by kmkurobe at 2009-06-20 22:56
kenken さんこちらはまだゼフの姿を見ていません。
そろそろだと思うのですが。ホシミスジとほとんど同じ発生なのですが。
Commented by kmkurobe at 2009-06-20 22:57
chochoensisさん昨年お見えになってからもう1年ですね。
今年はもう少し遅くお見えになるとカシワ系がいろいろ観察できるかと思いますよ。
Commented by 蝶好き at 2009-06-21 10:50 x
突然ですみません。
最後のウラギンヒョウモンですが、これはギンボシヒョウモンと思います。
いかがでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2009-06-21 23:58
蝶好きさん有り難うございます。本日確認に行ってきました。
ギンボシでした。当地では少ないので、コヒョウモンと同じ発生地を見付けられたのでうれしいですね。
<< 今日もブルーな日-アサマシジミ 本日は「写真」を撮ろうと頑張り... >>