ゼフ6・7・8・9号

先週末はまことにいい天気・・・・・
また蝶山人ご夫妻ご一行と楽しい時間を過ごすことができ本当にうれしかった。
こちらは仕事と身内が来ていたので、満足にお相手できなかったのが残念だったが・・・・・・
みなさん成果が有ったようなので、発表される写真が楽しみだ。
ゼフ6号はミズイロオナガシジミ。
a0071470_19362655.jpg
a0071470_1936564.jpg
やっとコナラ系のゼフを撮影することができた。
a0071470_1937414.jpg
やはり例年より4-5日は遅れているようだ。
ゼフ7号はやはりアカシジミ。
a0071470_1939013.jpg
a0071470_19392486.jpg
あちらこちらで発生を始めた。こちらは昨年よりはるかに個体数が多い。
a0071470_19394133.jpg

この個体はなぜか水田の稲に止まって日光浴。
a0071470_19403386.jpg

毎年出かける紫陽花のポイント。今年は早く色づいていい感じ。
アカシジミがポーズ。
a0071470_19404852.jpg

例年沢山飛び回っているジョウザンミドリシジミは1個体のみ。
a0071470_19531793.jpg
ゼフ8号だ。来週には最盛期になるだろう。
この個体は同定がはっきりしないのだが・・・・・
a0071470_19444999.jpg
多分ハヤシミドリシジミだと思う?ゼフ9号はハヤシミドリシジミ。ついにカシワ系もむ発生。
ほかにウスイロオナガシジミも観察できたのでゼフのハイシーズンもすぐそこかな・・・・・
さて他に観察できたゼフ。ウラゴマダラシジミはまだ雄ぱかり。
a0071470_1947525.jpg

メスアカミドリシジミは個体数が増え、わが家の庭でもテリを張るようになった。
まだまだ新鮮本当に美しい。
a0071470_1949570.jpg
a0071470_19491865.jpg
a0071470_19493669.jpg

低い位置には止まらなかったが、なんとか4/4で撮影できた。
a0071470_19502256.jpg

しばらくは雨が続きそうな予報。しばらくは休憩かな・・・・・
うーん朝方だけでも小やみにならないかな・・・・・・
by kmkurobe | 2009-06-29 19:51 | 生態写真 | Comments(14)
Commented by ヘムレン at 2009-06-29 20:25 x
ゼフィルスいよいよ。。忙しくなりますね(^^)
庭でメスアカですか!・・・う~ん、うらやましい(^^)。。
ハヤシミドリ・・・斑紋は確かにそう見えますね。
早くも9号ですか(^^)。。続々増えますね。。
Commented by banyan10 at 2009-06-29 21:08
続々ゼフが発生ですね。
ハヤシとしているのはエゾに一票ですが、そんなに自信はありません。(^^;
Commented by 蝶山人 at 2009-06-29 21:50 x
大変お世話になりました。
一番嬉しかったのは本命の開翅と交尾でしたが
メスアカ、アサマも撮れて
一番凄かったのはコヒョウモンモドキとクロツ2化の乱舞でした。
柏食いもまたいつか挑戦したいです。
Commented by cactuss at 2009-06-29 22:36
ゼフがどんどん発生してきましたね。
banyanさんがおっしゃっている様に、エゾの様な気がしますが・・・。
Commented by maeda at 2009-06-30 05:59 x
十勝ではまだ何も出ていないようです。7月に入ってからでしょう。
シーズン後半戦です。
Commented by furu at 2009-06-30 21:41 x
一斉にいろいろ出てくるんですね。今年のアカシジミはどこでも多いような気がします。
庭でメスアカとは羨ましいです。
Commented by kmkurobe at 2009-07-01 08:24
ヘムレン さんメスアカむではミドリ系のゼフのほとんどがメスアカです。長い時間テリを張っているので比較的撮影しやすいと思います。
Commented by kmkurobe at 2009-07-01 08:25
banyan10さんどうもです。この個体雌なのでますますよくわかりません・・・・・確かに地色がハヤシにしては濃すぎるのですが。
Commented by kmkurobe at 2009-07-01 08:27
蝶山人さんお疲れさまでした。楽しかったですよ。
今年はカシワ食いの発生遅れていて、出始めが7日前後に遅れそうです。機会があったら是非またお越し下さい。
Commented by kmkurobe at 2009-07-01 08:35
cactussさんどうもありがとうございます。標本と違ってジョウザン・ハヤシ・エゾ特に雌の同定には苦労しております。
今年はブナ科の芽吹きが遅れてやや遅めの発生になっています。
Commented by kmkurobe at 2009-07-01 08:37
maedaさんやはり7月半ばから何ですね。私のイメージではとにかくどれも個体数が多かったですね。
サロマ湖に近い背の低いカシワの林に沢山のゼフが飛んでいたのが思い出されます。
Commented by kmkurobe at 2009-07-01 08:39
furuさんこちらは7月20日過ぎには全ての種類が発生してしまいます。
今年はメスアカ・ウラゴ・ウラクロは普通の発生でしたが、5月に低温だったせいかブナ科を食樹にしているアカ、ミズイロなども遅れ気味で、オオミドリはまだ観察できていません。
Commented by 蝶狂人 at 2009-07-01 21:08 x
いよいよ、ゼフもピークですね。それにしても本格的な梅雨模様、ゼフの多くは雨さえ降らなければ叩き出せば撮れるので週末にでも行ってみたいと思います。林道は手前に車を止めハイキングかたがたポイントまで行ってみようと思います。今シーズンは7~8種は撮りたいですね。
Commented by kmkurobe at 2009-07-02 20:56
蝶狂人さん思ったより手応えが無いのですよ。紫陽花のポイントもまだほとんど出ていません。どうやら山手は10日過ぎがピークのようですね。
今はどこへいってもメスアカばかりです。
<< 本日のゼフ-ウスイロオナガシジミ ゼフ第4号、5号-プチ遠征はこ... >>