紫陽花にジョウザンミドリシジミ-納得の1枚

明け方に雨が上がったので一回りしてみた。
近場ではやはりミズイロオナガばかり。どうも今年はゼフ不作の年のような気がする。
春先の低温が響いているのだろうか?
ミズイロオナガシジミはすぐに草に潜ってしまうのでなかなか大変・・・・・
やっと撮影できた個体はまだまだ新鮮だ。
a0071470_17551079.jpg
他にはウラゴマダラシジミがそこそこに飛んでいた。
a0071470_1755292.jpg
雌がずいぶん増えて来たような気がする。
カシワ系のゼフは本日も不発・・・・・もうそろそろ発生しても良いのだが・・・・・アカシジミも出てこない。
最後に回った紫陽花・ジョウザンのポイントでも例年よりうんと数が少ない。
いつもはテリにあぶれた個体が低いところに止まってくれるのだが・・・・・
a0071470_17555812.jpg

やや高いがなんとか良い光線のイタドリに止まってくれた。
a0071470_17562575.jpg

時間ぎりぎりにやっと思った場所に止まってくれた。
a0071470_1756454.jpg

良い感じで紫陽花の色が写り込んでくれる。
a0071470_1757255.jpg
a0071470_17572177.jpg
a0071470_17575529.jpg

最後は本当に足下に止まってくれた。斜めからの光だったが、いかにもファボらしい色が出せたと思う。
a0071470_17581118.jpg
思い出に残る1枚になりそうだ。いや満足満足・・・・・

お昼休みにメスアカミドリシジミの雌を何とかと出かけてみたが、雄ばかりだった。
a0071470_17582899.jpg
それでもなんとか開翅を撮影。
a0071470_17584456.jpg
ここでも未だにヒョウモン類が少ない。いつもなら多数が飛び回っているはずなのだが、多いはずのメスグロヒョウモンもミドリヒョウモンもまったくいない・・・・・
なんか今年は変な感じである。
明日は久し振りに午前中晴れの予報。南下してアイノミドリシジミに会いにいこうかな・・・・
オオムラサキもそろそろ出始めたと聞くが、本当に今シーズンは読めないことばかりだね・・・・・
by kmkurobe | 2009-07-04 17:59 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by banyan10 at 2009-07-04 20:25
ミズイロも黒線が太い個体ですね。
紫陽花が背景のジョウザンいいですね。
明日は急遽そちら方面へお邪魔します。
Commented by 蝶狂人 at 2009-07-04 22:12 x
危惧していたポイントにアサマの♂♀がいました。紫陽花はもぬけの空でした。七倉の売店で蝶のポイントを教えてもらいましたが、蝶に詳しい方でないので不詳ですがこの時期に北アの某所でヒメギフが居るって信じられますか?
Commented by clossiana at 2009-07-05 08:42
続々と色々なゼフが登場し始めましたね。ジョウザンもミズイロも綺麗です。今年はカシワ系のを狙っているのですが取りあえず一度目の出撃では失敗でした。この系統は何処も自宅から遠いので失敗はこたえますね。kmkurobeさんのところも蝶影が今年は少ないとすれば心配ですね。
Commented by maeda at 2009-07-05 18:18 x
↓に斑紋異常のミズイロと書いたばかりでした。
そうです、こんなのを撮りたいのです。
Commented by kmkurobe at 2009-07-05 21:37
banyan10さんここはこのタイプの斑紋が2割くらい出るような気がします。
Commented by kmkurobe at 2009-07-05 21:39
蝶狂人さんアサマ私も今年復活を確認いたしました。
実は栗田氏から6月27日ギフチョウ数頭を確認の連絡をいただきました。本日出掛けようかなと思ったのですけどね。
夢の7月ラベル可能なことがわかりました。
Commented by kmkurobe at 2009-07-05 21:39
clossianaさんやはり1週遅れのようです。本日ハヤシを確認できました。
Commented by kmkurobe at 2009-07-05 21:40
maedaさんここではこのタイプ結構観察できるのですよ。
2割くらいはまじっていると思います。
<< ゼフ10号・11号 紫陽花は咲いたけれど-ジョウザ... >>