カシワ系ゼフ発生本格化-Favonius三昧

早朝の出撃を期し早寝をした。ふと目が覚めると昨日に続いて雨が降り始めた・・・・・
ふてくされて二度寝する・・・・・・うとうとしているうち、明るくなってくるにしたがって小やみになってきた。
5時半には雨が上がり、前回ハヤシミドリシジミを初見したカシワの林へ出かけた。
a0071470_1941011.jpg
こんな日はなかなか開翅してくれないし、なによりブヨが大量に発生するので完全装備が必要である。
標準装備はゴアテックスのレインスーツ、長靴、ゴアの作業用手袋、そしてネット付きの農作業用の帽子である。
ウラジロミドリシジミ、ウラミスジシジミは未発生だったが、Favonius各種が出迎えてくれた。ただし同定が大変・・・・・皆さんのご意見があれば宜しくお願いします。
例年飛び出してくるカシワの樹は決まっている。今日も大本命からは数頭のゼフィルスが舞い上がった。
a0071470_18582410.jpg
これはハヤシミドリシジミだろう。
このカシワに止まっているのはエゾミドリのようだ。
a0071470_18591096.jpg

以下ハヤシミドリシジミと思われる個体。
a0071470_190459.jpg
a0071470_1902464.jpg
a0071470_1904213.jpg
a0071470_1905567.jpg

昨年はほとんどがハヤシだったが、今年はよく見るとエゾが結構混じっている気がする。
以下エゾだと思われる個体
a0071470_1915027.jpg
a0071470_1921096.jpg
a0071470_1922466.jpg

やはり気温と日照がないせいか、数十分後に戻ってもみな動かずにじっとしていた。
開翅は次回に期待しよう。
それにしても今年もいつもの場所にいつものように蝶が飛び出してくるのは本当にうれしい。
場所を変えてジョウザンミドリシジミの撮影地に寄った。
a0071470_1954014.jpg
a0071470_1955569.jpg
a0071470_196553.jpg
こちらは今年どうも個体数が少ない。きょうも4-5頭が卍飛翔をしていたが、例年の1/3もいない・・・・何とか前方に回り込んで開翅を撮影した。
a0071470_1962763.jpg
やはり日照のあるなしで随分、光り方が違うものである。
a0071470_1964467.jpg


昼休みに少しだけいつもの広場に寄ってみた。
なんとかメスアカミドリシジミの雌を撮影したいのだが・・・・・今まで1度しか姿を見たことがない。
雄も卵も多数確認しているのだけど・・・・・・
1頭だけカメラが届くような場所に降りてきてくれた。
a0071470_19757.jpg
エゾミドリシジミの雄のようだ。
ここは本当にゼフの種類が多い。
アカシジミ、ウラクロシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウスイロオナガシジミ、ミズイロオナガシジミ、ウラミスジシジミ、オオミドリシジミ、エゾミドリシジミ、ジョウザンミドリシジミ、ウラジロミドリシジミ、メスアカミドリシジミ、ハヤシミドリシジミ。
実に12種類を撮影できている。
多分平地と山地の境目なことと、なぜかカシワが豊富に生えているせいだろう。
by kmkurobe | 2009-07-07 19:07 | 生態写真 | Comments(10)
Commented by banyan10 at 2009-07-07 20:28
ハヤシはかなり増えたようですね。
エゾとハヤシの区別は難しいですね。斑紋と尾状突起の長さで総合的に判断するしかないのでしょうか。
ここは夕方の卍飛翔などは見れるのでしょうか。
Commented by kmkurobe at 2009-07-07 20:31
ここは西側がアルプスなので早くに暗くなります。
夕立も多いのでまだ覗いたことがありません。
ウラジロも真っ暗になってからでも飛んでいるので、エゾとあわせると結構おもしろいかもしれませんね。
Commented by ヘムレン at 2009-07-07 22:30 x
どんどん出てきますね(^^)。。カシワ系のゼフも残すはウラジロだけですか!楽しみです。。
あの、ネットはブヨ対策でしたか(^^;)。。カシワポイントはブヨが多そうですね。。夕焼け空の卍・・見てみたいですね。
Commented by fanseab at 2009-07-07 23:14
ハヤシの2枚目、5枚目は♀ですよね?小生の次回のターゲットですが、このポイントは♂とほぼ同時に出ているみたいですね。アジサイにジョウザン、今年も健在な組み合わせでなりよりです。
Commented by 霧島緑 at 2009-07-07 23:58 x
先日は、大勢の仲間が白馬に集結し、楽しまれたようですね。皆さんの記事を羨ましく拝見しておりました。
昨年ご案内いただいたカシワ林、アジサイの葉でテリを張るジョウザン、ほんとに素晴らしいポイントですね。また訪問させていただきます。
Commented by kmkurobe at 2009-07-08 07:41
ヘムレンさん耳の後ろとか手首はブヨのターゲットになります。ネットを被ってしゃがんでフト見るとあまりに沢山のブヨが飛んでいるのでぞっといたしました。朝夕のススキ原は本当にひどいものですね。
Commented by kmkurobe at 2009-07-08 07:44
fanseabさん今年は他の場所のエゾも割合早い時期から雌が出ていました。
遅れた分圧縮されているのかもしれません。
Commented by kmkurobe at 2009-07-08 07:46
霧島緑さんカシワ系はそれなりに飛んでいました。
紫陽花のポイントは過去10年で一番少ないですね。そんなに環境は変わっていないと思うのですが。それなりには楽しめますが、スペースができているので、撮影が大変です。
Commented by chochoensis at 2009-07-08 20:52
kmkurobeさん、カシワ系のゼフ・・圧巻です!すばらしいですね、いつかまたお会いしたいものです・・・。綺麗な写真、ありがとうございます。
Commented by kmkurobe at 2009-07-09 21:04
chochoensisさん今年もゼフの最盛期になりました。
そろそろ終わりかと思うと少し寂しい感じがしますが。
安曇野全種達成まで頑張りますよ。
<< 雨の日でも出撃-ハヤシミドリシジミ ゼフ10号・11号 >>