たまには気合いを入れてみよう。

ブログ仲間の最新のニュースには高山蝶の話題が一杯である。
当方は老犬を抱えているのでなかなか遠出もままならない。
a0071470_19594282.jpg

天気は良くなかったが、なんとか半日で回れる周遊コースを考えてみた。
本日は我ながら頑張ったかいが会ったと思う。初めて見るシーン、綺麗なシーン。

まずは昨日のポイントでウラジロミドリシジミの開翅を狙う・・・・・
好天の明くる朝、しかも寒い・・・・なかなか開いてくれない。
最初に出てきたウラジロミドリシジミは1時間後も同じ態勢で止まっていた・・・・これではだめだ・・・・・
a0071470_1959938.jpg

それでもそれなりの仕上がりで満足。
今日の一番はウラミスジシジミが良いところへ降りてきたことだ。
とにかく綺麗。
a0071470_2011556.jpg

暗いので長いこと粘ってやっとものにできた。翅裏の朱色が本当に美しい。
広角はこの種類では過去一番のでき。これだけで出掛けてきたかいがあったね・・・・
a0071470_2025953.jpg

次に今年未撮影のアイノミドリシジミを撮影するため南下した。
途中オオヒカゲを探しに寄った湿原にはきれいなハッチョウトンボが飛んでいた。
a0071470_2044956.jpg

奥の方に写っているのは雌。個体数はイマイチ少ないようだ。
さてアイノミドリシジミは残念ながら証拠写真のみ・・・・・・テリ位置が高く手も足も出なかった・・・・・
テリを張っている枝下にコヒョウモンモドキが交尾していた。
a0071470_2092967.jpg
これは本当に付いている。初めて観察できたが、随分長い時間が経ってもつながったままであった。
キマダラモドキの発生地では曇り空のせいかオープンスペースへ出てくれた。
a0071470_20103216.jpg

やや破損しているがこんなに綺麗に開翅してくれた。うーんこれも初めて・・・・・
a0071470_20113456.jpg

ミヤマカラスシジミはなかなか個体数が増えてこない。どうも今年は外れなのかな。
a0071470_20133556.jpg
スジボソヤマキチョウもやはり少ないので、食草の成長に関係があるのかもしれない。

さて夕方薄日が射してきたので、朝一番に出掛けたカシワ林を再訪した。
ハヤシ、ウラジロのテリ張りを期待したのだがまったくいない。
あきらめて車に戻ったら直ぐ横の下草に何かゼフが止まっていた・・・・・
と見ている間に開翅・・・・・
最高の位置から撮影することができた。本日は正面からのを1枚。
a0071470_20163395.jpg

うんうんこの色・・・・・良いねえ・・・・・・
本日の撮影12ギガ・・・・うーん・・・・・我ながら・・・・・
by kmkurobe | 2009-07-12 20:17 | 生態写真 | Comments(6)
Commented by chochoensis at 2009-07-12 21:59 x
kmkurobeさん、キマダラモドキの開翅写真・・・はじめて拝見しましたが綺麗ですね・・・。懐かしい=ハッチョウトンボ=お世話になったあのときを思い出しました・・・。
Commented by 蝶狂人 at 2009-07-13 07:30 x
ウラミスジが本当に綺麗に撮れていますね。やはり早起きは三文の得、7時半過ぎでは空振りも止む無いですね。居ると分かっていても簡単に撮れるものでないことを知らされた一日でした。完全に脱帽です。多分、叩き出されて草むらに潜り込んだものだろうと思える個体が3つ目の前から飛び立ち梢に・・・・残念でした。今シーズンはゼフ撮影のチャンスがなさそうなのでブログを拝見し楽しませていただきました。
Commented at 2009-07-13 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2009-07-14 20:00
chochoensisさんどちらの発生地もこ今年も健在でした。そろそろ今年もシーズン末が近づいてきました。もう一息頑張りましょう。
Commented by kmkurobe at 2009-07-14 20:02
蝶狂人さんどうやらゼフはその日によって良い時間が変わるようです。やはり私もあちらこちら動いて、いつでも撮影できる種類で「元」を撮ろうとしがちですが・・・・・・ここ一種に狙いを絞ってお出かけになる方はやはり成果を上げられているようですね。
Commented by kmkurobe at 2009-07-14 20:03
theclaさん今年は4-5日は遅れているので十分だと思いますよ。
私もひょっとしたら、ミヤマシロもいこうかなと思っていたところです。
<< サファイアとウルトラマリン カシワ系ゼフ-ハヤシミドリシジミ開翅 >>