サファイアとウルトラマリン

本日もカシワの林へ・・・・・毎日出かけていると何となく撮影の条件がわかってくる。
雨上がり、気温が低め、雲間から薄く日が差し、そして無風。
アルプス側は晴天。
a0071470_19461474.jpg
東の空は曇り空。昨日は大雨。かなり期待できそうだ。
本日はウラジロミドリシジミの開翅が目標なので、まずは何頭か降りていただくことに・・・・・
6時半頃までに合計7頭のハヤシミドリシジミとウラジロミドリシジミを確保。
a0071470_19473728.jpg
a0071470_19475075.jpg
a0071470_1948156.jpg
a0071470_19484549.jpg
ウラジロの雌はまだ未確認。ウラミスジシジミは本日は欠席だった。
一番いいアングルで止まっていたウラジロミドリシジミに張り付いた。
a0071470_19482851.jpg

6時35分すぎ「スリスリ」を始めた。1脚が絡んで瞬間飛んでしまった・・・・・・
と、それが刺激になったのか着地地点で開翅が「開始!」・・・・・
a0071470_1949648.jpg
準備万端!斜めから木
a0071470_19492821.jpg
漏れ日が当たり光線の具合も最高、しかもうまく斜め前方に回り込む事ができた。
地上高1メートル程。
a0071470_19495370.jpg

今までの撮影機会では曇りの日ばかりだったので、ウラジロミドリシジミの色はハヤシミドリシジミとよく似た緑青色だと思っていた。
「Favonius saphirinus ウラジロミドリシジミ」サファイアの意味がよくわかった。
本当にサファイアブルーに光る。
a0071470_19503941.jpg
画面向かって左斜め後方から薄日が差している。構造色が4/4で観察でき、ピントも平均する最高の位置から撮影することができた。レンズはミノルタ1989年製造100㎜マクロF2.8
a0071470_19505647.jpg

約15分ほど堪能したが、微妙に光り方が変わりとにかく美しい・・・・うーん良い時間を過ごすことができた。
この日はよほど条件が良かったようで、マークした7個体中6個体が開翅。いくつかは飛ばれてしまったが、最初にマークした2頭のハヤシミドリシジミを撮影することができた。
a0071470_19513184.jpg
a0071470_19514155.jpg
こちらもほぼ同じ条件で撮影。
「Favonius ultramarinus ハヤシミドリシジミ」まさにウルトラマリンの色だ。
a0071470_1952221.jpg
ウラジロミドリシジミとの違いがよくわかる。

ゼフを色々と撮影してみて感じたのは、やはり構造色をいかにきれいに表現できるかだが、全く光りが差さない条件では、撮影はしやすいが本来の色は出ないようだ。

この個体は最初に舞い降りたヒメジョオンの上で開翅していた。
a0071470_19522113.jpg
構図は申し分無いのだが、やや高い位置だったので後翅が光らない・・・・・
脚立があれば・・・・・残念。
このころにはすっかり明るくり、カシワ林が青空に生えて美しかった。
a0071470_19524961.jpg

帰り道午前7時20分の定点。
a0071470_1953115.jpg
稲が随分大きくなっている。
by kmkurobe | 2009-07-14 19:53 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by cactuss at 2009-07-14 20:55
見事な開翅写真ですね。すばらしい。
仕事前に両種の開翅写真を撮影できるなんて、白馬はいい所ですね。
サファイヤとウルトラマリンの違いが良くわかりました。
Commented by fanseab at 2009-07-14 21:19
一挙に7頭も着陸できれば有り難いですね。やはり、早朝に肌寒く感じられる気温でないと、着地しないで梢に登ってしまいます。ウラジロは来シーズンにでも是非撮りたいです。
Commented by ダンダラ at 2009-07-15 13:24 x
ほんとにきれいなウラジロの翅表ですね。
昨年撮影したときには、快晴で光線が強かったのかもう少し淡い色しか出ませんでした。
最高の条件で撮影できましたね。
Commented by maeda at 2009-07-15 18:27 x
まだ発生開始して間もないのでしょうか?そんなに傷んでませんね。
まだ十勝で見ていません。どうなっているのやら。
この週末にはいくら何でも何か見られると信じているのですが。
Commented by kmkurobe at 2009-07-15 19:22
cactussさんこの発生地は本当に撮影しやすいので毎日でも出掛けようとはまってしまいます。
それでも広大なカシワの林のごく1部分しかいません。
本当に蝶の発生にはいろいろな条件が必要なのでしょうね・・・・・
Commented by kmkurobe at 2009-07-15 19:23
fanseabさんこの日は今シーズン最高のチャンスでした。
やはり朝霧がかかり、気温が低く間接照明のような光線なかなかこんな条件はありませんね。
Commented by kmkurobe at 2009-07-15 19:25
ダンダラ さんゼフは本当に条件によって結果が違いますね。
止まった位置が悪いだけでまるでクロシジミのように真っ黒になってしまいます・・・・・昨年はなるほど光りが強かった分だけ黒ずんだ写真になってしまいましたね。まだまだ雌は少数。今年はしばらく楽しめそうです。
Commented by kmkurobe at 2009-07-16 03:19 x
maeda さん十勝のゼフはもう少し後だったような気がしましたが、そろそろあのきれいなウラゴがとびはじめるのでは?
自衛隊住宅の近くにあった先輩宅の生け垣に本当に沢山発生していてビックリしたものです。
<< 本日もカシワ系ゼフ他 たまには気合いを入れてみよう。 >>