松本・塩尻方面は昼過ぎに晴れ間有り

毎日雨が続く。梅雨明け宣言以後アルプスがくっきりと見えたのは1日だけ。
日照も短くなかなか撮影にも出られない

この時期は来客が多く、また普段できない家族と共に過ごす時間を持ちたいので、なかなかブログが更新できません。かなりの「亀レス」になってしまい、コメントを頂いた方には。申し訳ない気持ちで一杯です。
8月に入れば少しは余裕が持てるかと思いますので、宜しくお願いしますね。

さて30日の午後少しばかりの時間がとれたので天気予報を一覧。
「松本・塩尻方面は昼過ぎに晴れ間有り」の予報を期待して南下する。
本日は大中小のヒカゲチョウをまとめて撮影しようと目論む。
ますばそろそろ出ているはずのオオヒカゲを求めてハッチョウトンボの湿原に出かけた。

結果はまるでだめ。

今年は6月前後に幼虫期を迎える種類の発生が遅れ、しかも個体数が著しく少ない。
やはり零下、日照不足の影響は大きいようだ。

特に大型のタテハチョウはひどい。
ミドリヒョウモンもメスグロヒョウモンもほとんど見ないで夏眠の時期に入ってしまった。
スジボソヤマキチョウ、オオムラサキも全くの不作。なぜか樹液のでも悪いような気がする・・・・・
そうそうに諦めてさらに南下。11時過ぎには目的地に着いた。

a0071470_20235532.jpg
寒くは無いがガスがかかって見通しが悪い。
幸いにも、いつものヒメヒカゲのポイントではたくさんのきれいな個体が出迎えてくれた。
a0071470_20233118.jpg
a0071470_20203886.jpg

雌雄共に見られ、あちらこちらで求愛行動が観察できた。
a0071470_20194065.jpg
a0071470_2020351.jpg


実はこの日カメラバッグを玄関先に忘れてしまった・・・・・・てなわけでCX-1の一台きりの撮影会・・・・・・しかし随分身軽・・・・・・
蝶の観察の原点はこのスタイルなのかもしれないね。
時々薄日が出る絶好の撮影日和になり、あちらこちらで嬉しいくらいに開翅が始まった。
a0071470_20212082.jpg
a0071470_20213746.jpg
うーん雌雄ともにまだまだ美しい。
a0071470_20225393.jpg


十分に撮影できたので、広い範囲でポイントを捜してみた。
a0071470_20205561.jpg
これはと思った場所ではなんとか確認できたので、今年も健在だったのが嬉しい。

昨年撮影できなかったアカセセリ。
a0071470_2023763.jpg
雄のきれいな個体が撮影できた。さんざん粘って翅表の雄性標を写し込んだ。
a0071470_20244562.jpg
それでも雌は近似種と本当に紛らわしい。
a0071470_20242147.jpg


ヒカゲチョウはこの草原には比較的多く飛んでいる。
a0071470_2022253.jpg
本日は開翅も大サービス。

a0071470_20223032.jpg
ここでもヒョウモン類は少なく、
a0071470_20253811.jpg
ミドリヒョウモン、
a0071470_2025856.jpg
ヒョウモンチョウ、
a0071470_20255752.jpg
ギンボシヒョウモンがアザミやフウロソウに訪花していた。

週間天気も曇りマークばかり。8月はいったいどのように計画したら良いのだろうかね・・・・・・とりあえず車で移動うーん・・・・
そろそろ山ゴマ、ムモンアカなどもいけるはずなんだけど・・・・・・・
何とかヒカゲチョウ大中小をそろえるため、もう一度トライするのもいいかな・・・・・

ネタ落ちにならないうちに23日撮影の夏の蝶。
a0071470_20263317.jpg
a0071470_20264823.jpg
ミヤマカラスシジミは♀の最盛期のようで、雄は擦れた個体が多くなってきた。
これでベニモンカラスシジミ、カラスシジミと合わせて本年は3種をゲット。
a0071470_2027655.jpg
キマダラセセリの山吹色はクサフジの花にほんとうによく似合う。
a0071470_20284047.jpg
ヒメシロチョウは端境期のようだが新しい個体も何頭か飛んでいた。でも止まらないね・・・・・・
カシワ系のゼフはほとんど♀ばかり。
a0071470_2029149.jpg
きれいなウラジロミドリシジミが観察できた。
by kmkurobe | 2009-07-31 20:29 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by 霧島緑 at 2009-08-02 14:27 x
梅雨明けがまだなのか、戻り梅雨なのかはっきりしない天気が続きますね。天気予報を見ては溜息をついてます。
ヒメヒカゲやアカセセリを見に出掛けたいと思っていますが、これではタイミングが掴めません。気前よく開翅してくれたシーンは羨ましいですね。
来週辺りから晴れマークが出ているので、夏休みを取って出掛けてみようと考えています。
Commented by maeda at 2009-08-02 21:08 x
なんだかこの夏は天候がすっきりしませんね、全国的に。
北海道も完全に外れの夏です。今年来られた方々は嫌な思いをしていることが多いと思います。
もう夏も終わりですし、これから何をしたらいいのか悩んでいます。
Commented by chochoensis at 2009-08-04 22:25 x
kmkurobeさん、ヒメヒカゲにアカセセリ・・・素敵ですね・・・両方ともしばらく撮影に行って居ないのでとても眩しく感じます・・・素晴らしいですね・・・。
Commented by kmkurobe at 2009-08-06 23:11
霧島緑さん本当に変な天気ですね。こちら居てもほとんど晴れ間がありません。そうこうしているうちに八方ではベニヒカゲが飛び始めました。
今年の秋は早そうです。
Commented by kmkurobe at 2009-08-06 23:12
maedaさんこちらも近年まれに見る不作の年でした。なんとか晩夏の蝶を撮影したいと計画しているのですが、白馬もベニヒカゲがでてもう最終盤になってしまいました。
Commented by kmkurobe at 2009-08-06 23:13
chochoensisさん今年はやはり例年よりやや遅れた発生のようです。
それでも他の種類のように不作では無かったのでホッとしています。
Commented by clossiana at 2009-08-09 21:10
ヒメヒカゲの求愛は初めて見させてもらいました。翅を開いているのですね。いつも、この蝶を見ると追いかけまわしてばかりいますので、相手も求愛どころではないのだと思います。今度見かけたらもう少し、そっと見守ってみます。
Commented by kmkurobe at 2009-08-21 20:03
clossianaさん超亀レスで申し訳ございません。
本日よりなんとか復帰できると思います。
この日は気温はそこそこで薄日が射して、撮影には最高の条件でした。
この蝶なかなか条件が合わなくてこのように雌雄共に綺麗なシーズンは初めてでした。
<< 本日より復帰いたします。-ひと... ゼフも最終盤-ミドリシジミ (... >>