山ゴマとベニヒカゲ

本当に今年は不安定な天候で7月下旬からはっきりとアルプスが見えたのはお盆までほとんど無かった。
今年は7月31日にまず上がってみた。天気が悪くてゴマシジミの影がちらりと見えた程度。
コヒョウモン、ヒメシジミ、クジャクチョウなどが観察できたが、花の状態を見ていると決して遅れているとは言えない。
6日午後少しだけ晴れ間が覗いたので再挑戦。
a0071470_20321134.jpg

今回は何頭かのゴマシジミを観察することができた。食草のカライトソウは穂が伸びてしまい。止まるのはもっぱらワレモコウばかり。
a0071470_20335849.jpg
a0071470_2034624.jpg

訪花時間が短くてなかなか撮影できない。
きれいなのはほとんどが雌で、雄は擦れた個体が多く数も少なかった。
コメツツジの花もすっかり散っている。
a0071470_20332221.jpg
a0071470_20333317.jpg
ここは従来黒くて小さい個体が多い発生地でそれが「売り」なのだが、今回はやや大きめの雌が多かった。その中でこの雌は青がかなり発現している。
a0071470_20323978.jpg
ここまでの個体は初めてだ。他にも捜してみたが全て真っ黒の従来と同じタイプだった。
この日は同じ場所でベニヒカゲも発生していた。
a0071470_20342474.jpg
なかなか止まってくれなかったがなんとか開翅を。
a0071470_20343945.jpg
モノトーンの蝶は本当にピント合わせが難しい・・・・・・・うーん・・・・・

さて8月15日こんどは定番の発生地へ。ここから見る白馬三山は絶景なのだが天気がイマイチ・・・・・・
雄の時期にはやや遅かったようで個体数は多いが、擦れた個体に惑わされてしまう。
a0071470_20445953.jpg
a0071470_20451376.jpg
ポイント周辺は赤とんぼが一杯。
a0071470_20432944.jpg
もう秋はすごそこだ。
気温が高いせいかあちらこちらで吸水をしていた。
a0071470_20434876.jpg
a0071470_2044536.jpg
a0071470_20442551.jpg

本日もおまけを少々。
久し振りに完品のヤママユが静止していた
a0071470_20453539.jpg
。うーんこれはいつ見ても本当に迫力がある。
a0071470_20455035.jpg
これはカンタンの幼体とか聞いた。美しいといわれている声を一度きいてみたいものだ。

さて次回は平地のゴマシジミ他をメインでご紹介しようかな。
by kmkurobe | 2009-08-26 20:45 | 生態写真 | Comments(14)
Commented by kenken at 2009-08-26 21:49 x
う~む、定番と言われながらも、さすがの絵ですね。
ブルーな山ゴマはしびれる色表現です。
ベニとセットで撮るとは贅沢な・・・(笑)

前出のムモン、えぇもんですね。現在、いろんなムモンの生息地の環境観察にハマっていまして、来シーズンは寄せていただこうと思っております。
Commented by 霧島緑 at 2009-08-27 00:07 x
夏の終わりを告げるゴマやベニヒカゲが登場すると寂しい感じがしますね。ギフの頃に一度訪問させていただいただけで、もっと行きたかったなと思っています。
黒ゴマの中で、唯一青鱗ののる個体の翅表をしっかり撮影され、資料としても貴重ですね。こちらは、ゴマの開翅にはまったく縁がなくて、その点でも羨ましいです。
Commented by fanseab at 2009-08-27 07:10
コメツツジに訪花するシーン、このような灌木?での吸蜜は独特でいかにも山ゴマの雰囲気たっぷりで素晴らしいです。
Commented by maeda at 2009-08-27 20:59 x
ヤマゴマは今年も健在のようで良かったです。
小型の黒ゴマ、何時か撮りたいですが、何時になるやら。
Commented by 蝶山人 at 2009-08-28 20:45 x
カライトソウの山ゴマ
撮ったこと無いので課題です。
来年あたり御一緒させて頂けたら幸いです。
Commented by clossiana at 2009-08-28 21:33
ベニヒカゲのように頭が黒い蝶は目を綺麗に撮るのが難しいと思っています。その点さすがですね。特に12枚目は凄いと思いました。
Commented by thecla at 2009-08-29 23:46 x
青鱗ののった山ゴマ、何とも言えずいい雰囲気ですね。今年もタイミングが合わず、撮りはぐったので来年こそ。
しかし、今年の夏は結局稜線まで上がれずじまいでした。こんな年もあるからまたおもしろいのでしょうが。
Commented by kmkurobe at 2009-09-01 19:48
kenken さんレス遅くなりました・・・・・
ここはベニヒカゲと同居していますが、谷を隔てた某所ではアサマ、クモベニなどと同居している場所がありました。1972年・・・・・
もう一度行ってみたいけど・・・・・どうなっているのでしとよう・・・・・
Commented by kmkurobe at 2009-09-01 19:50
霧島緑さんゴマの開翅はほんとうに条件によって違いがありますね。
ここは気温が低く霧がでていることが多いので開いてくれる日は結構ありますよ。
Commented by kmkurobe at 2009-09-01 19:51
fanseabさんここ特有の地形です。灌木混じりの湿地にワレモコウやカライトソウの群落があります。やや窪地が発生地になっているような気がします。アリとの関係もあるのでしょうね。
Commented by kmkurobe at 2009-09-01 19:52
maedaさんここは特別保護区なので採集圧はありません。
機会があったら是非ごいっしょしましょう。
Commented by kmkurobe at 2009-09-01 19:53
蝶山人さんどうもです。この時期は他にもいろいろと対象があります。来年は是非ご一緒いたしましょう。
Commented by kmkurobe at 2009-09-01 19:55
clossianaさん過分にご評価いただき有り難うございます。
確かにモノトーンの蝶は撮影するのが大変ですね。
なるべくバックに緑を入れたいのですが・・・・・
このときは光線が優しかったのでうまく撮影することができました。
Commented by kmkurobe at 2009-09-01 19:57
theclaさんほんとうになかなかこの蝶にご縁がありませんね・・・・・来年はぜひご一緒いたしましょう。私もラストチャンスで稜線に上がろうか思っています。体力付けなくては・・・・・
<< 40年ぶりのゴマシジミ モンアカシジミ >>