またまた久々の再会-ヤマキチョウ

さて9月6日は好天が期待できたので、色々と思案した結果ヤマキチョウ&キベリタテハの撮影に出掛けることにした。
ともにデジ一眼では未撮影種。とくにヤマキチヨウは何十年もまともに見たこともない・・・・・
情報を集めてみるとスジボソヤマキチョウに比べると激減しているようで、今や長野県では確実に観察できる場所は少ないようだ。

今回はまたまたお助けマン「ペンションファーブル」オーナーの山本勝之氏にご意見を伺い、信州は北の端から東の端まで車を飛ばした。

発生地は防火帯と思われる伐採地跡。
a0071470_1954163.jpg
ススキが一面に生え、所々にアザミやフウロソウが咲いていた。
ドキドキしながら近寄ったがこれはスジボソヤマキチョウ・・・・・・

天気がはきっきりしないため活性が悪く、ススキに隠れてなかなか姿が見つからない・・・・・

散々捜したあげくやっと見付けることができた。
a0071470_19544959.jpg


前出のスジボソヤマキチョウと比べると明らかに違う。(左がヤマキチョウ)
a0071470_19552379.jpg
うれしいこれも1972年以来かもしれない。
80年代には長野県ではどこへ行っても観察することができたのはずなのだが・・・・・
記録を見ても安曇野各地で観察されているのに・・・・・
a0071470_1957665.jpg
a0071470_19572377.jpg
a0071470_19573151.jpg

ひとしきりアザミやフウロソウで吸蜜すると、どうやら「お休みタイム」のようで適当なねぐらを捜して落ち着かない・・・・・
a0071470_1958882.jpg
a0071470_19582673.jpg
a0071470_19584862.jpg
a0071470_19585946.jpg

それにしてもまるでナナフシの擬態のようだ・・・・葉裏の色彩と一致して目を切った多分見つからないだろう・・・・・
さすがにススキでは・・・・
a0071470_1959205.jpg
a0071470_19593715.jpg


結局観察できたのはこの1個体のみ。しかし十分堪能することができた。雄の撮影は来年の課題としよう・・・・・

もう一つの目標種キベリタテハは結局撮影できず・・・・
気温がさがり雲がかかったためなかなか落ち着かない。結局数個体の目的にとどまる。

林道のちょっとした空間で待っていたら木漏れ日の中をゴイシシジミがテリを張っていた。
a0071470_20014100.jpg
a0071470_2004696.jpg

なかなか綺麗だ。まともな写真を撮ったことがなかったのでうれしい副産物である。

この林の林床にはトリカブトの花があちらこちらに咲いていた。
a0071470_20115.jpg
なるほどここは標高1000メートルを越えている。

久々に晴れた本日の定点はこんな感じ。
a0071470_2011384.jpg
いよいよ秋本番である。
by kmkurobe | 2009-09-07 20:01 | 生態写真 | Comments(14)
Commented by ikedanochohcho at 2009-09-07 20:19 x
スジボソヤマキチョウ、今年は極端に少ないです、例年の今頃だと「スジボソはもういいや」というくらい居たのですが、・・・・・・・・
越冬明けを見つけたのが2月14日、多分産卵後急な冷え込みと雪で、卵が育たなかったのでは、と思います。
Commented by ヘムレン at 2009-09-07 20:26 x
ヤマキチョウ!お見事です。(^^)。。
今では、信州のヤマキチョウは貴重ですよね。
素晴らしい姿を見せていただき、もう一度、挑戦したくなりました。
スジボソヤマキも少ないですね。
今年は、多くの蝶について、不順な年ですね。
すっかり安曇野も秋の装い・・・紅葉ももうすぐですね(^^;)
Commented by 奄美イトトンボ at 2009-09-08 00:14 x
奄美大島に住んでいますと大変あこがれるチョウですね!
Commented by maeda at 2009-09-08 05:58 x
ヤマキチョウ、大変好きな蝶で(スジボソも同じです)、しかも未撮影種です。昔の記録を見ると、八ヶ岳周辺で大集団吸水など見られたとか。
いろいろな蝶がだんだん少なくなっていますね。
Commented by chochoensis at 2009-09-08 08:26 x
kmkurobeさん、今年も=ヤマキチョウ=を長野県に探しに出かけましたが、撮影できなかった蝶です・・・とても、羨ましく拝見しました・・・。素晴らしい写真にため息をついています・・・。
Commented by 蝶狂人 at 2009-09-08 20:41 x
紛れもないヤマキ、綺麗ですね。
同じ頃、八ヶ岳をはさんで東西に居たということですか。東より西の方が確実性は高かったようですね。
Commented by clossiana at 2009-09-08 20:43
chochoensisさんと一緒です。私も今年は何度もフラれています。見かけても飛びまわっているばかりなのです。ですからこういう写真が撮影可能であるとは信じ難いです。ねぐらでの様子も初めてですが想像通りスジボソヤマキと同じですね。勉強になりました。
Commented by kmkurobe at 2009-09-10 20:09
ikedanochohchoさんこちらも春先あんなにいたのに、お盆過ぎには1頭しか見付けられませんでした。
Commented by kmkurobe at 2009-09-10 20:10
ヘムレンさん30年前は長野県ならどこにも居たような感じでしたが・・・・・こんなにさがさないと見つからないとは・・・・・・
そういえば、コヒョウモンモドキもあちらこちらに居ました。
Commented by kmkurobe at 2009-09-10 20:11
奄美イトトンボ さん初めまして。こめんと有り難うございます。そちらにもツマベニチョウはじめ魅力的な蝶がたくさん居ますよ。アカボシはやっぱり奄美ですよ・・・・・・・・・
Commented by kmkurobe at 2009-09-10 20:15
maeda さんほんとうにいろいろな蝶が少なくなりましたね。
それにしても今年の天候不順は随分発生に影響を与えたようですね。
Commented by kmkurobe at 2009-09-10 20:16
chochoensisさん有り難うございます。ヤマキチョウやはり八ヶ岳周辺が現在では長野県で一番確率が高いようですね。今年木曽でも挑戦しましたが空振りでした。
Commented by kmkurobe at 2009-09-10 20:17
蝶狂人さんこの蝶かなり活動に条件があるようで天気が良くてもすぐに隠れてしまうようで、なかなか見付けられませんでした。ここはホシチャもいそうな場所でした。
Commented by kmkurobe at 2009-09-10 20:19
clossianaさん本当にこの蝶はシビアーですねこんなに苦労して捜さないといけないとは思いませんでした。昔は松本周辺でもいくらでもいたのですがね・・・・まだまだ数が残っているスジボソとはどこが違うんでしょうね。
<< アサギマダラがシーズン・イン アサギマダラ >>