またまた「ン十年振りシリーズ」-ツマグロキチョウ

連休は久々に帰省したのだが、なかなか時間がとれない・・・・・
この日のために同郷の虫友Se氏に情報をお聞きしていたのだが・・・・・・
ナガサキアゲハ、クマソは夢と消えてしまった・・・・・うーんなんで天気悪いの・・・・・
しかしかし70年代以来のツマグロキチョウに出会うことができた。
当時でもなかなか見ることができなかったのだ・・・・・・
沢山飛んでいた??なんとカワラケツメイではなくて、外来植物-アレチケツメイが食草となっているようだ。
アレチケツメイ(荒地決明) マメ科 カワラケツメイ属

ここは大都市周辺の丘陵地帯。何と言うこともない運動公園である。
何でもこの辺りの造成地にはアレチケツメイが増殖して、ツマグロキチョウが見られるという。

駐車場に車を置くとなんと足下にツマグロキチョウが飛んでいた。
a0071470_22343298.jpg

実に40年ぶりの再会だ。
なるほど日当たりの良い造成地のあちらこちらに「アレツケツメイ」が群落を作っていた。
a0071470_22345539.jpg
なんと複数のカップルが求愛、交尾!!
短い時間しか無かったので必死で撮影。
まずは吸蜜。
a0071470_22351721.jpg
なかなか止まってくれない。
a0071470_22354172.jpg
背景は野球場のバックネット。うーんもうちょっとなんとかね・・・・
この個体はやや羽化不全のようだ。
a0071470_22362457.jpg
野芝の上で休止するのだがイマイチ絵にならないね・・・・・
a0071470_22365052.jpg
a0071470_223714100.jpg
a0071470_22373940.jpg
求愛写真。300ミリでも写っていた。
a0071470_2238175.jpg
a0071470_22381121.jpg
a0071470_22382246.jpg
時間がなかったのが本当に残念・・・・・交尾は2組のカップルを色々と。

a0071470_22385487.jpg
a0071470_2239480.jpg
a0071470_22393287.jpg
やはりシロチョウは透過光に透けるのがいいね。
a0071470_2239483.jpg


ウラナミシジミが本当にたくさんいた。
a0071470_22401842.jpg
現住地の長野県ではまだまだたどり着いてはいないようだが、ここでは本当に沢山の新鮮な個体が飛び回っていた。
a0071470_22421791.jpg


最後に貴重な情報をいただいたSe氏に深く感謝いたします。われわれの故郷も随分と変化しましたが、まだたま゛すてたもんではないですね。
by kmkurobe | 2009-09-23 22:40 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by maeda at 2009-09-24 06:10 x
外来種を食草として復活するとは、自然はなかなか強い物ですね。
捨てた物ではありません。
個体数も少なくなさそうで、身近な蝶が増えてますます楽しみですね。
Commented by ヘムレン at 2009-09-24 07:12 x
アレチケツメイですか・・・初めて聞きました。外来種なんですね。
外来種があまり増えると、刈られてしまいそうで心配ですね。
2頭でのショット!・・素晴らしいです(^^)。。
Commented by ダンダラ at 2009-09-24 11:07 x
アレチケツメイという外来種を食草にするとはツマグロキチョウも生命力が強いですね。
カワラケツメイよりは好まれないようですが、ここではアレチケツメイだけで繁殖を繰り返しているのでしょうか。
興味深いです。
Commented by ちょうきち at 2009-09-24 11:59 x
はじめまして、ツマグロキチョウの写真を見ますと、秋型の♂と夏型の♀が交尾している様子、これから産卵して、10月中頃の羽化でしょうか?
自然界ではあることなのかな?
Commented by kmkurobe at 2009-09-24 19:35
maedaさんどうもです。ツマグロキチョウこんなにたくさん健在とは。
カワラケツメイとは微妙に繁茂している場所がちがうようですね。
Commented by kmkurobe at 2009-09-24 19:37
ヘムレンさんこいつは随分強そうです。それでも群落は局地的なのでなにか条件があるのでしょうね。
まあ高温・乾燥は絶対条件のようです。
Commented by kmkurobe at 2009-09-24 19:39
ダンダラ さん近くにはカワラケツメイの群落もあるようですが、ここはこれしか見つからないようです。
また近くにいるキチョウとは発生地がはっきりと別れているのは興味深かったですね。
Commented by kmkurobe at 2009-09-24 19:41
ちょうきちさん初めまして。こちらは初めて訪れたのですでよくわかりません。GW頃から連続して発生しているので色々のタイプが混在するのかもしれませんね。
Commented by kenken at 2009-09-24 20:18 x
そう、この辺り、結構ツマグロ増えているようですね。
こんな荒地的な環境が多いような。
こちらでも、カワラケツメイやアレチケツメイを見かけると、ツマグロ探してしまいますが、まだ見たことはありません。
人工物背景、生息環境がよく分かります。
Commented by kmkurobe at 2009-09-24 22:37
kenkenさんどうもです。この辺りも随分変わりました。
しかししかし我が故郷まだ捨てたもんではありませんでした。
Commented by thecla at 2009-09-24 22:42 x
ツマグロは、私にとって蝶撮影を本格再開した際に、「蝶が減った」ことを実感させられた蝶のひとつなのですが、場所によってはアレチケツメイで復活しつつあるとはうれしい話です。
「運動公園」意外とあなどれませんね。
Commented at 2010-02-24 09:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 秋晴れ! 秋晴れ-クロツバメシジミ第4化 >>