2007年 06月 29日 ( 1 )

「安曇野撮影周遊記」の第2弾。

久々の豪雨である、河川が増水して遠く流れの音が聞こえてくる。
これで一気に夏の蝶たちが羽化してきそうだ。
今日は昨日の「安曇野撮影周遊記」の第2弾。
「丘」での撮影も一段落したので、ハッチョウトンボの池から20分ほどの標高1000㍍の高原に上がってみた。
そろそろ山地性のゼフでも出ていないかと思っていたのだが意外なことにコモドキが羽化直後でフラフラと飛んでいる。
a0071470_18552137.jpg
a0071470_18553316.jpg
a0071470_18554618.jpg
a0071470_18555896.jpg
a0071470_18561120.jpg

6月の発生は初めて経験するのだが、お目当てのゼフはアカシジミが飛んでいるだけであった。
しばらくして日差しが強くなると、道路上を飛び回りなかなか止まってくれない。
やっと止まってくれたと思ったら、なんとこんなところで吸汁を始めた・・・・・
a0071470_18563320.jpg

オオミスジ
a0071470_18564835.jpg

これは前回キマダラモドキを撮影したすぐ近くに多数飛んでいた。ちいさな果樹園があるのでそこで発生しているのだろう。
昨年はここでたくさんのミヤマカラスシジミが発生していた。
陰になった部分でスジボソヤマキチョウが求愛飛行をしていた。色違いのペアなので行動がよくわかって良い・・・・・
a0071470_1857441.jpg
a0071470_18571372.jpg
a0071470_18572371.jpg
a0071470_18573220.jpg


最後にこれは西日が傾きかけた頃、みそら野で撮影。
a0071470_18575641.jpg
a0071470_1858750.jpg

アカシジミがコナラの小枝の周りを何度も周回しているので何となく見ていたら産卵していた。
まだまだ新鮮できれいな個体である。

天気予報では明日は雨は上がるようだが、白馬は晴れマークは出ていない。
時間があったら交尾の写真を撮影にまた「丘」に上ってみようかな・・・・・
そろそろジョウザンミドリも発生を始める頃かもしれないが・・・・・
by kmkurobe | 2007-06-29 18:58 | 安曇野 | Comments(16)