2016年 08月 23日 ( 1 )

ムモンアカシジミもそろそろお終い。

a0071470_10164798.jpg

2016年はとにかくチョウの発生が不作で種類によってはほとんど姿が見られなかった。
ことにタテハ類は極端に不作で、シシウドに群がるはずだったヒヨウモン類やクジャクチョウ、キベリタテハなどはほとんど見ることができなかった、例外はサカハチチョウとエルタテハだ。同じ食草なのにそこそこ見られるのはなぜだろう・・・・・
ヒョウモン類でも食草が違うコヒョウモンだけはなぜか多かった。
a0071470_10173821.jpg

ゼフィルスは過去10年間で飛び抜けて不作。
安曇野で観察できるゼフイルスは20種類。フジミドリとクロミドリはまあ局地的な分布なのだが、例年ならかなり観察できるはずのエゾミドリ、ウラミスジ、ハヤシミドリは発生がきわめて少なく、ジョウザンミドリでなかなか撮影チャンスが無かった・・・・・来年に期待したい・・・・
a0071470_1018514.jpg

ムモンアカシジミも今まで5年以上キープしてきた発生地が軒並みレベルダウン・・・・・やはりアリに依存しているチョウは環境の変化がもろに影響するようだ。
共通して言えることは間伐や下草刈りで発生地が明るくなってくると、とたんに減少してくように感じられる。やはり下草を含めた環境が維持できないと湿度と日照などがアリの活動に負荷をかけているのだろうか。
今年の発生は7月20日前後からとやや早めだが、他の種類の発生から考えるとそれほどでもないようだ。
a0071470_10184322.jpg
a0071470_1019256.jpg

吸蜜はやはり白い花が好きなようだ。
a0071470_10194487.jpg
a0071470_10195695.jpg
a0071470_10202437.jpg

ムモンアカシジミはゼフイルスの中で交尾がもっとも観察しやすい種類だと思う。
a0071470_10353018.jpg


交尾中に2♂がからんで4P状態・・・・
a0071470_10214421.jpg

新しく見つけた発生地
a0071470_102447100.jpg

大きなクヌギが発生木かな?アリがたくさん。
表へ回るとストッキングを着けた羽化直が。
a0071470_10271919.jpg
a0071470_10273547.jpg

a0071470_1028557.jpg

このチョウはやっぱり人里とつかず離れずがいいのだろう・・・・

でもこのチョウを撮影してみるとシーズンの終焉を感じてしまって、なぜかもの悲しい・・・・・
a0071470_10305575.jpg

by kmkurobe | 2016-08-23 10:30 | 生態写真 | Comments(0)