カテゴリ:生態写真( 418 )

嗚呼!春なんだね!

a0071470_6552785.jpg

18日のあさは氷点下の放射冷却の日。いつもの散歩道には薄氷が張っていた。
a0071470_6554318.jpg

それでも雪解け水はほとばしり、今年初めてキクザキイチゲの蕾を観察できた。
a0071470_656169.jpg
ウンウン、春なんだね・・・・・よく見ると定点のコブシも蕾が膨らみ始めていた。
a0071470_6563823.jpg

今年初めての撮影ランチに小山を登る。
強い南風の中、初見のヒメギフチョウ達に再会。
平年より約1週間遅れ。多分積雪のせいも関係したんだろうね。
a0071470_65721100.jpg

強い南風にあおられてすぐに着陸してしまい、日光浴、スミレ吸蜜を繰り返していた。
a0071470_6581538.jpg
a0071470_6585120.jpg
a0071470_659481.jpg
a0071470_6582795.jpg

吉田拓郎をふと思い出した「ああ、春なんだね!」
by kmkurobe | 2015-04-19 06:59 | 生態写真 | Comments(4)

4度北へ Part.2

a0071470_15172216.jpg

午後になり東部の丘陵地帯へ移動。このあたりにはギフチョウが広く分布していて個体数も多い。
ただ3月半ばから発生しているところもあり、場所を選ばないと雌もスレばかりになっている。

3月22日に初撮りをした場所は、ウメから桜そして今はズミの花が満開になっていた。
さすがに棚田周囲のカタクリは花は無くなっている。
a0071470_15174958.jpg

とりあえず前回残雪が多かった場所へ入ってみた。
雪は溶けたばかりのようで、やっと目覚めたばかりスミレの小さな株で吸蜜していた。
a0071470_15181663.jpg

それでもいくつかの食草には産卵されていた。
a0071470_6274568.jpg


杉林の影になっていた休耕田にはカタクリがまだ残っていたが、痛みが激しい・・・・・・
a0071470_15184985.jpg

気温が高くなったせいかほとんどとまってくれない。
a0071470_15191710.jpg
a0071470_1525433.jpg

たまに休止するくらいで、まるで絵にならないが綺麗な雌が多い。
a0071470_15194249.jpg

やや標高の高い場所へ移動するも、期待していたスミレは花が全くない。今年は残雪の影響が随分あるようだ。
a0071470_15212564.jpg

これではね・・・・・でも紫のスミレには違いないが・・・・・
あちらこちらをうろうろしていたが、成果はほとんど無く、「閉店セール」の吸蜜タイムを期待してカタクリの群落へ戻る。
a0071470_1521910.jpg

入り口のズミの花に雌が吸蜜していた。この花では初めての撮影でうれしい。
a0071470_15223463.jpg

午後2時半ころからうれしい「閉店セール」が始まった。
カタクリで吸蜜→休止の繰り返しで休む暇もない。
a0071470_1522585.jpg

残念ながら綺麗なカタクリにはほとんど止まらず。なぜか傷んだ花ばかりだ・・・・・・
a0071470_15231468.jpg
a0071470_15232840.jpg
a0071470_15234272.jpg
a0071470_15235779.jpg
a0071470_15241533.jpg
a0071470_15243373.jpg
a0071470_15244528.jpg

3時半頃になり段々と樹上に消えていき「閉店」
いやご苦労様。また来年もよろしくですね・・・・・
a0071470_1525214.jpg

by kmkurobe | 2015-04-18 15:16 | 生態写真 | Comments(2)

4度北へ

a0071470_1593488.jpg

先週は天候不順でやむなく南へ、日曜日は仕事で姫川最下流止まり・・・・・
桜はもう限界かもと思いながらも、4度目のあの山の向こう側へ出発5時12分。
夜半からすさまじい強風が吹き荒れた・・・・・すごかった・・・・・
北アルプスには寒気の雲が残っているようで、稜線は見えない。
6時過ぎ県境のサービスエリアで休憩。桜は散り始め。
a0071470_1595813.jpg

富山平野は晴れてはいたが、春霞に覆われて剣岳はまったく見えなかった。
残念・・・・・・
風景撮影はできず、予定より早く発生地へ直行する。
午前中は平野の東側、午後は南部の丘陵地帯を経由して、西側へ移動することにした。
a0071470_15104281.jpg

全開梅が満開だった谷間もすでにソメイヨシノは散り始めて、オオヤマザクラが満開近くなっていた。7時20分ころから梢付近を旋回し始めて、訪花・吸蜜を繰り返していた。
a0071470_1510591.jpg
a0071470_15111497.jpg
a0071470_15114015.jpg
a0071470_1511566.jpg

そこそこ綺麗に見えたが撮影してみると雄はかなりスレて、雌もかなり混じっているようだ。林床になかなか降りてこないので尾根筋に移動する。
a0071470_15122840.jpg

気温が上がり始めると、林道上を行き交い日光浴する個体が多い。
a0071470_15124120.jpg

ここは満開間近で、羽化直後と思われる綺麗な個体がショウジョウバカマで吸蜜していた。
a0071470_1515051.jpg

身体についた花粉が日光で輝いている。
a0071470_15151853.jpg

ここの食草はスペード型。
a0071470_15155467.jpg

9時近く担ったので移動途中で新地開拓。
ちょっと恐ろしくなるほど切り立った発生地を覗いてみる。
a0071470_15153796.jpg

林内のちょっとした空間や用水沿いに幾つも飛んで居る。
綺麗な花があちらこちらで咲いていてなかなか良い感じ。
a0071470_15161416.jpg
(ミヤマカタバミ?かな)
ここも食草が多くて、いろいろなタイプの葉型をしていた。
a0071470_15163067.jpg

羽化したばかりでまだあまり飛べない。かなり地色黄色が強く華麗に見える。
a0071470_15164928.jpg

雄が来るのを長いこと待って居たのだが、大願成就はならずお昼休みとした。
a0071470_1517680.jpg


後半は次回
by kmkurobe | 2015-04-17 15:17 | 生態写真 | Comments(2)

本日は北へ

今朝方はずいぶんと冷え込み、放射冷却で霧深い朝となった。
a0071470_22432832.jpg
a0071470_22435652.jpg

久しぶりの休日の晴れ間。いつもならわくわくして眠れないよるを過ごすはず・・・・・・・
間が悪いことに午前中仕事。
結局何することもなく、ただの留守番になってしまった。
なんとも悔しい限り・・・・・・・
a0071470_2244843.jpg


正午となりお役御免。地元の散策にでも出かけようとしたのだが、高曇りとなってきて気温も下がってきてしまった・・・・
ため元で姫川を下る。そろそろ桜も見頃なはずである。
a0071470_2247267.jpg

このユーニークなペパーミント・グリーンの建物は学校。
周りをぐるりと桜に囲まれたグラウンドはみごとに満開。
a0071470_2249154.jpg

肌寒いような気温だったが、寄り道をしてみるとうれしいことにギフチョウの姿が見られた。
a0071470_22513470.jpg
a0071470_22515359.jpg
a0071470_2252132.jpg

やや日差しが強くなるとスミレで吸蜜し始めた。
a0071470_2253978.jpg
a0071470_22532642.jpg

つかの間ではあったけど、ロケハンのつもりが・・・・・いやいやうれしい・・・・・・
前回は太平洋、今回は日本海まですぐ。南北200キロを越える。

帰り道前回ロケハンしてあった「撮り鉄」
a0071470_22554927.jpg

曇り空ではあったけど頸城の山がきれいだった。
左、駒ヶ岳 右、雨飾山。
a0071470_2257730.jpg


地元に帰るとなんとか天気は持ちこたえたようだ。
代掻き前の田んぼにアルプスが写っていた。
a0071470_22585863.jpg

a0071470_22591549.jpg

しばらく天気が不安定な予報が出ている。次の晴れ間にこそ春がやって来るのだろう。
a0071470_2303268.jpg

by kmkurobe | 2015-04-12 23:00 | 生態写真 | Comments(2)

お花見と黒いダンダラ

a0071470_22465179.jpg
この数日とにかく寒暖の差が激しい。20度を超えた翌日か゛氷点下・・・・・
寒気が入るととにかく山沿いは天候が不安定で、なかなか撮影ができない。

本当は先週に続いて日本海方面へ出かけたかったのだけど・・・・・最高気温が10度では・・・・・・

久しぶりのお休みをどうしようかと思っていたら、夕方のニュースで信州南部の桜の名所を紹介していた。
まあ蝶はだめでもお花見でもいいかと南下した。
a0071470_22475810.jpg

松本付近になると満開が近い桜があちこちで美しい。
今年は善光寺のご開帳の年。長野は大変な人並みのようだ。
a0071470_22482111.jpg

どうやらあちらこちらに「支店」があるようで、ここの境内にある「舞台桜」が有名だそうだ。
a0071470_22493474.jpg

a0071470_22484348.jpg
a0071470_22485067.jpg
a0071470_2249316.jpg

今年一年の健康と幸運を祈願してお線香¥100。
a0071470_22491710.jpg

桜並木の中を歩いて行くとなるほど立派な桜が。
a0071470_22513320.jpg

「舞台桜」なかなかの名木ですね。
a0071470_2351653.jpg

さてこの付近のギフチヨウは「日本一黒い」と言われている。
贅沢は言わないのでなんとか証拠写真でもと、なんとか気温も12-3℃になってきたので、発生地へ移動。

綺麗な里山では桜が満開。
a0071470_22551093.jpg

川沿いの発生地はほとんど花がない・・・・・・
a0071470_22562178.jpg

それでも枯れたススキの上で日光浴をしている。
a0071470_2257499.jpg
a0071470_22572093.jpg
a0071470_22573236.jpg

なんとかカキオドシとショウジヨウバカマに訪花。
a0071470_22583541.jpg
a0071470_22585580.jpg

a0071470_2311565.jpg
a0071470_2322282.jpg

うーんやはり「黒いような」気がする・・・・・かな・・・・・・
by kmkurobe | 2015-04-09 23:04 | 生態写真 | Comments(6)

霧の彼方のそのまた彼方。

a0071470_2314815.jpg

6時半になっても薄暗い、外へ出てみるとアルプスは霧の彼方。本日もさらにその彼方へ出かけてみた。県境を越すと雲が切れて、能登半島も見えるようになってきた。
9時過ぎ現地到着。
a0071470_2321247.jpg
今日も剣岳が本当に美しい。
この用水沿いのカタクリやタチツボスミレで吸蜜する。
a0071470_2323721.jpg

結局アルプスバックの広角は本日も撮れなかった・・・・・・
カタクリに数頭が訪花するも、気温が高くてほとんど止まってくれない・・・・・・
a0071470_2325996.jpg
a0071470_23101385.jpg

なんとか数カットだけものにでき。ここの発生地はコナラの林の中。
a0071470_2314418.jpg

続いていつもの里山へ移動。
a0071470_2343422.jpg

花が少なくてここも止まってくれない・・・・・
a0071470_23135611.jpg
]
積雪が多いせいか、最盛期にはまだまだかな・・・・
お昼近くになったので、帰路につく。
a0071470_23115213.jpg
途中に寄った林道では少ないながらショウジヨウバカマに集まっていた。
最後に訪れた発生地はまだ梅が満開。
a0071470_23121213.jpg
午後2時を過ぎて高いところを飛ぶようになってしまった。
何とか証拠写真のみ・・・・・
a0071470_23105588.jpg

糸魚川から見る頸城の山々゛綺麗に輝いていた。
ここは撮り鉄してみたい場所だね。
a0071470_23103889.jpg

左、頸城駒ヶ岳 右、雨飾山

帰宅すると午後5時を回っていた。いやいやシーズン初めは疲れるね・・・・・
by kmkurobe | 2015-04-02 23:12 | 生態写真 | Comments(4)

いきなりの本番

a0071470_2313271.jpg

天気予報が良い方にずれ、今日一日は暖かかった。
定点ではすでに黄砂のせいか、やや霞んでいる。
久しぶりにロケハンをかねて、アルプスの裏側へドライブした。
姫川を下ると思いの外融雪が進んでいる。
もしやとの期待を胸に越後から越中へと入った。
a0071470_23165120.jpg

いつもの里山は例年よりも積雪が少ない。ただこの数日で急速に溶けたようで、いつもは咲き誇っている花たちも数えるほどしか咲いていない。カタクリはやっと蕾が上がり始めたばかりのようだ。
キクザキイチゲがチラホラと咲いていた。
a0071470_23214171.jpg

残念ながら蝶の姿はまったく見られない・・・・・・
付近の日あたりの良い斜面に移動。
ここは例年剣岳が大変美しく見える場所なのだか、黄砂に霞んで全く見えない・・・・・
a0071470_23392882.jpg

花もあちらこちらに咲き始めていて、越冬タテハやルリシジミ、スジボソヤマキチョウなどの姿が見えた。
a0071470_23255392.jpg

a0071470_23272033.jpg
a0071470_2327686.jpg
a0071470_23264522.jpg

しばらく散策していると足下から羽化下ばかりのギフチョウが飛び出した。
見失ってさんざん探してほぼあきらめた頃、ススキの根元で発見。
a0071470_23304370.jpg
a0071470_23305655.jpg

実はこれ突然長玉をつけていたα-77がフリーズ・・・・・
やむなくスナップ用のα6000、16-50㎜で撮影・・・・・・・

皆さんシーズン初めのカメラのメンテナンスにはくれぐれも注意しましょう。

でもかえって怪我の功名だったかも・・・・・
a0071470_23361354.jpg

by kmkurobe | 2015-03-22 23:36 | 生態写真 | Comments(12)

活動開始

a0071470_17372728.jpg

あっという間にお彼岸・・・・・
今年の冬は本当に厳しかった・・・・・・
ここに住んで最大の積雪で、毎日雪かきに追われて、体もガタガタになってしまった。
今年は18年ぶりに犬のいない冬・・・・・槍が降っても毎日欠かさなかった散歩がなくなり、体のリズムもすつかり狂ってしまったようだ・・・・・
ここ数日の好天と大雨で融雪が進み、すっかり明るくなってきた。
a0071470_17545032.jpg

連休は好天のようなので、とりあえず近くでウォーミングアップしてみる。
a0071470_17435584.jpg

二股からの不帰キレット。今月から解禁だが・・・・・まだまだだね・・・・・
a0071470_17455887.jpg

松川ではルアーマンが数名。釣れてないね・・・・・・
a0071470_17475726.jpg

ザゼンソウが咲き始めていた。いよいよ春だ・・・・・
a0071470_17491591.jpg
a0071470_17493710.jpg

正午近くになっても雲一つない。
a0071470_17504960.jpg

午後になっても暖かいので、小山に登ってみる。
a0071470_17515775.jpg

残雪が多くて苦労したが何とかゲット。
今シーズン初蝶はヒオドシチョウ。
越冬明け直後はまだまだ綺麗。
さて明日も晴れの予報。フライング覚悟でどこか出かけてみよう。
a0071470_1754207.jpg

by kmkurobe | 2015-03-21 17:54 | 生態写真 | Comments(4)

初冬の異変

初めに。
拙ブログの読者諸兄より多くのお見舞いの言葉をいただきました事、本当にありがとうございました。
当地は大変な被害がでましたが、当方の自宅も仕事場も今のところ無事を確認できましたことを、まずはご報告いたします。

さてブログを更新してない間に秋も過ぎゆき、今月初めには標高1000㍍あたりまで雪が降りてきました。
a0071470_21181871.jpg

11月22日の定点。
ここ数年は11月10日過ぎには、上部の滑走可能。12月初めには平地も積雪というパターンでしたが。
a0071470_2119141.jpg
a0071470_21282933.jpg
a0071470_2130374.jpg

今年は暖かいとまではいきませんが(もちろん最低気温は氷点下が多い。)普通の季節進行と思ってました。
ところが我が家の周囲には異変が・・・・・・
a0071470_21203760.jpg

大きな地震の前に生物に異変が見られると聞いたことがありますが、今回は不思議な経験をしました。

なんと本来いないはずのコイツが庭の周囲を結構な数飛び回るようになりました・・・・・
他にも黄色いのや黒い同族もたくさん。
20年間この季節にはとうに「解散」しているはずなのですが・・・・・・・・

先週震度1でありましたが、いやな感じの地震が3連発。ひょっとしたら前触れだったかもしれませんね。
a0071470_21202629.jpg

氷が張り、霜が降りている横で大きいのがカシワの樹液に何頭も・・・・・・
危険というだけではなく、ずいぶん異常なものを感じておりました・・・・・
黄色いのや黒いのはペットボトルのトラップにぎっしり入ってくれるのですがね・・・・・・コイツは悠々・・・・・
今年はあれだけマイマイガが発生していたのに、蜂の巣はほとんど見かけることがありませんでした。
なのにこの季節にこんなにたくさん集まるとは・・・・・
越冬は女王様だけと思っていたのですがね・・・・・・

さて毎日観察しているの見慣れない飼い猫が、ハンティングに。
a0071470_21202853.jpg

オイオイと思っていたら突撃!!!
a0071470_21205874.jpg

しかし危険を感じたのか寸前で着地。
a0071470_21211497.jpg
うーん猫の気持ちはよーわかりません。
a0071470_21212522.jpg


当日の晩、お隣のカウンターでワインを店主ご夫妻と楽しんでおりました。
10時を過ぎてそろそろ看板いう時、いきなりドッカーン!!!
いや驚きました。頭上にはワイングラスがいっぱい。
思わず飛び下がりましたが、横揺れがほとんどなかったせいか全く破損することはありませんでした。

自宅も幸い無事。しかしか次々とけっこうな余震が・・・・・・
夜中というのに上空からは多数のヘリの音が一晩中聞こえてきました。

さて当初予定していた用で長野方面へ出かけようと思ったのですが、肝心の通行路が一番被害がひどかったところでした。
a0071470_21214452.jpg

この集落の左から右に向けて県道が通っています。

あきらめて姫川沿いに下り、仕事場の様子を見に行くことにしましてた。
このような段差が定規で引いたように南北に点々と続いていました。
a0071470_2122179.jpg

ここはいつもミドリシジミやザゼンソウを観察している低湿地。
a0071470_21223836.jpg
ここから先は通行不能でした。

ここはJR大糸線から数百㍍東。国道148号を挟んで数百㍍西の仕事場はほとんど被害無しでした。
液状化や活断層を暗示させる状況があちらこちらに見かけられました。
a0071470_21252472.jpg
a0071470_2123559.jpg

私は運がよかったようです。お顔を知っている多くの方が被災されたのには本当にこころが痛みます。
明日は仕事場の設備の総点検です。なんともなければいいのですがね。
a0071470_21224730.jpg
a0071470_21225828.jpg
a0071470_21232451.jpg
a0071470_21233332.jpg
a0071470_21235686.jpg

by kmkurobe | 2014-11-23 21:24 | 生態写真 | Comments(9)

2014年信州蟻の巣小灰蝶(番外編)

9月も10日過ぎてやっと山が見えた・・・・・ほぼ一月ぶりだ・・・・・
a0071470_19333682.jpg

9月になってもうっとうしい天気が続いている。湿度がやたらと高く、日照時間が短いせいか、夏枯れしなかつた下草が青々としている。
a0071470_1934833.jpg

それでも秋の気配はあちらこちらに感じられるようになり、蕎麦の花が朝霧に霞んで美しい。

このまま閉幕では寂しいので色々考えた末、プチ遠征をしてみた。
たしか2009年に少しの時間だけ訪問したことがあったが、その時は40年ぶりの再会を果たしたことに大喜びするばかりで、ろくろく探索しなかったことをずっと後悔していた。

今にも消え入りそうな環境をなんとか記録しておきたいことが、ここ何年かの懸案事項になっていた。

もっともさすがにこの季節では、とても綺麗な個体は望み薄で、生息が確認できれば十分と思っていた。

朝からかなりの雨が降っていたが、一時間ほど走ると日が射し始めた。
道すがら満開のひまわりに秋の日差しがまばゆいばかりだ。
a0071470_19344582.jpg

現地に近くなるとなんと雨が・・・・・・それでもラッキーなことに約束した場所に着くなり雨は上がってくれた。
駐車スペースにはにこやかに笑っている虫林さんが・・・・・いよっ晴れ男!!
やっぱり最強の助っ人だね。

ここのゴマシジミはバラエティーに富んだ形質を持っているようで、黒い個体が多いがかなり青いものも混じっている。
またかなり小さいものから、最大級のサイズまでとても同じ種類とは思えない違いがある。
今回も40年前とほぼ同様だったので、やはりこの場所の特色のような気がする。

今年は長雨が続いていたせいか、発生が遅れたようで綺麗な個体が多かったのもうれしい誤算だった。
a0071470_19353629.jpg
a0071470_19393717.jpg

まさかこの時期に交尾を観察できるとはね・・・・・
a0071470_19362169.jpg
a0071470_19361217.jpg
a0071470_1936051.jpg

開翅する個体も時々観察できたのだが、残念ながら黒い個体ばかり、かなり青いのも居たのだが結局ノーチャンス・・・・
a0071470_19373350.jpg
a0071470_19372291.jpg
a0071470_1937837.jpg
a0071470_19365477.jpg
a0071470_19364374.jpg

それでもミゾハギやワレモコウでの吸蜜。産卵をじっくり観察できたので本当に楽しい一日になった。
a0071470_19382313.jpg
a0071470_19381294.jpg
a0071470_19375648.jpg
a0071470_19374727.jpg

秋晴れの里山で虫友とのんびりと過ごすなんて本当に幸せを感じる瞬間。
いやいや楽しかった。
a0071470_19383992.jpg

シーズンはまだまだ。もうひと頑張りしてみようかな。

a0071470_19342290.jpg

by kmkurobe | 2014-09-10 19:39 | 生態写真 | Comments(8)