カテゴリ:安曇野( 164 )

今日のリスはちょっといいかも・・・・・

この10日ほどリスウォツチングを続けていると読みが深くなり、それなりの写真が撮れるようになってきた。

a0071470_17262975.jpg

例によって明け方から2頭がかわるがわるやってきた。ただ「ショボリス」は警戒心が深くちょつとカーテンが動いても逃げていってしまう。
a0071470_1727398.jpg


リンゴを置くようになって4-5日が経ち、ヒヨドリの訪問が増えてきた。しかしだんだんとずーずーしくなり、コガラやシジュウカラを蹴散らしている。
午後になってアオゲラが久しぶりにやってきたが撮影できず残念・・・・・
春先になれば機会も増えるだろう。しかし今日の個体は大きな雄でなかなか見応えがあった。
a0071470_17273422.jpg

a0071470_17275982.jpg

以下構図、光線ともいい感じにとれたリス。多分「デブリス」・・・・
尻尾に光線がうまく当たってくれた。
a0071470_17281772.jpg

a0071470_17283195.jpg

a0071470_17284758.jpg

a0071470_17291812.jpg

a0071470_17293954.jpg

a0071470_1730011.jpg

a0071470_17301856.jpg


今日は10時過ぎまで来て合計2リットルのヒマワリの種を食べたようだ・

a0071470_17304544.jpg


最後にお口直しにわが家の庭でのギフチョウの産卵写真再掲します。
a0071470_17345810.jpg

by kmkurobe | 2007-01-18 17:35 | 安曇野 | Comments(6)

久しぶりの雪~白馬の冬

久しぶりに雪の朝となりました。しかし気温は高くとても積もりそうにありません。
今日もリスの定期便がやって来たようで、6時前後から犬たちが吠えていました。

a0071470_17322311.jpg

a0071470_17325220.jpg

a0071470_17331319.jpg

ふと見ると、餌場にさしてあったリンゴにヒヨドリが来ていました。
なかなか良いところに止まってくれました。ただ今日はとても暗いのでISO400でもぶれてしまいます。
a0071470_18102293.jpg


アップにしてみると結構きれいな体色をしています。満足、満足・・・・・

a0071470_17295335.jpg


a0071470_17302453.jpg

雪が強くなってきたのでバックに降りしきる雪を写し込み、身体にも雪を積もらせた「冬のリス」に挑戦しました。
a0071470_17305932.jpg

a0071470_17312316.jpg

a0071470_1731415.jpg

a0071470_17315761.jpg


かなりの枚数撮ったのですができはいまいち・・・・・
さしもの手ぶれ防止も被写体が動いてはどうにもなりません。
次回の雪の朝に期待です。

こうなってくると明るい300㎜などが欲しくなってきます。いやいや物欲に限りはありません。

定期便ばかりではおもしろくないので、白馬の冬をご紹介します。これは昨年の12月20日、放射冷却でやたら寒い朝でした。
しかし一昨年は毎日-20度が続いたので、今年の冬はまるで違ったものに感じられます。

a0071470_17334456.jpg

a0071470_1734330.jpg

デジイチにしたらこのような霧氷も結構良い感じに写りますね。

a0071470_17343125.jpg

a0071470_1734597.jpg

これは五龍岳の遠望、通年で撮影しているポイントですが、ギフチョウのシーズンには近景のコブシが咲いて良い感じになります。
ここは毎日のように出かける河原、八方尾根から唐松岳が写っていますが、通常の年なら完全結氷してます。
a0071470_17351690.jpg

定番白馬三山りっぱな柏の林で多分ウラジロミドリもいることでしよう。かってはこの山沿いにギフチョウがたくさん飛んでいたのですが、いまでは見る影もありません。

a0071470_17354727.jpg

by kmkurobe | 2007-01-17 17:37 | 安曇野 | Comments(4)

本日のリス

わが家はギフチョウの発生地のど真ん中にあり、もともと河川の氾濫源だったようで、庭いじりをしてちょっと地面を掘ると一抱えもあるような大石がごろごろしていて表土はほとんどない。そのわりには山桜や柏の古木がそこここにある。

a0071470_20234746.jpg


この「ご神木」は山桜でわが家のすぐ南側にあり、ギフチョウの雌の最盛期に花をつけている。

写真の右の枝上方にはアオゲラが何度も巣を作りかけた穴があるが結局定着はしなかった。

ずぼらバードウォツチング゜のためごらんのように各種の食物がしかけてある。

向かって左側に当たる居間からは、ほんの2メートルほどなので300㎜でも結構アップの撮影ができる。

冬場はすきま風が寒いし、夏場はヤブ蚊がうるさいが、屋外に比べたらなんということはない。

リスは夜明けとともにやってくるようで、飼い犬の吠え声でわかるので、こちらもそろそろと準備にかかる。

a0071470_20242782.jpg

a0071470_202593.jpg



この界隈には3-4頭のホンドリスが住み着いているが、今日はもっとも勢力が強い通称「デブリス」と、もっとも貧相で喧嘩にまけてばかりいる「ショボリス-妻が名付けた」がやってきた。

なんと餌場で鉢合わせである。
a0071470_20255229.jpg

戦いは一瞬のうちに終わり、デブリスはえさ箱を抱え込むようにむさぼり食べている。

a0071470_20263258.jpg


敗れたショボリスは本日も危険を冒して地上に降りておこぼれを漁っていた。
いかにももの悲しい風情である。

a0071470_2027078.jpg


これを同時に写したのが以下の写真、地表では何時猫に襲われるかわからないので危険だ。

a0071470_20272558.jpg


以下本日のお気に入りの写真。飛び入りのヒヨドリはミカンをついばんでいた。

a0071470_20274891.jpg


a0071470_20281490.jpg


a0071470_202847100.jpg

by kmkurobe | 2007-01-16 19:28 | 安曇野 | Comments(11)

あけましておめでとうございます!

長らくさぼっておりました・・・・・
「安曇野の蝶と自然」の蝶のシーズンが終わったとたんに気が抜けてしまい、
「自然」のなにがしかを撮影はしたもののなかなかアップするような写真が撮れませんでした。

さすがにリンクしていただいている諸兄はネタが豊富で、オフシーズンもみなさん精力的にアップされておりますなあー・・・・・

気まぐれでヒマワリの種をまいておいたところ、リスが毎日訪問するようになり、毎日撮影しているうちにこれが結構楽しいのです。
野鳥共々ぼちぼちとご紹介しようかと思っております。
a0071470_19103636.jpg

最初のカットはギフチョウのポイントに近い吹きさらしの原野です。
本来ならば今の時期マイナス20度、積雪2メートルになります。
しかし今年はまるで寒くなくて、50センチも積雪がありません。
スキー観光に依存している当村としてはそろそろ笑ってはいられない状況になってきました。

なにせ元旦にこのすぐ近くで熊の足跡に出逢い、びっくりして逃げ帰ってきました。やはり暖冬傾向は間違いないようです。
a0071470_19113857.jpg


リス(ホンドリス)は引っ越してきた10数年前から時々見かけたのですが、野良猫の餌付けをしている家が複数あったためなかなか近づいてはくれませんでした。彼らはここ数年生態系を破壊していた祟りか、なぜかばたばたと引っ越してしまい、すっかり平和になった林の中で、リスもキジも自由に闊歩するようになりました。


a0071470_19202191.jpg

居間の窓をそっと開けて、ファンヒーターにあたりながらのずぼらな撮影ですが、デジカメは1.5倍相当になるため


α-7DEGITALに古い300-100ミリのレンズでもそれなりに写るのです。

すっかり味をしめて毎朝犬の散歩もそこそこにして撮影することになりました。

a0071470_20374415.jpg

この写真は仕事場に貼ったところすこぶる人気があり、希望者殺到でなかなか落ち着く暇がありません。

a0071470_20381297.jpg


どうも蝶のアップは一般人の居間を飾る絵にはしてもらえないような気がします。
by kmkurobe | 2007-01-15 19:26 | 安曇野 | Comments(8)