カテゴリ:安曇野( 164 )

安曇野秋ジャコウ???

a0071470_23174458.jpg

以前から注目している安曇野産ジャコウアゲハ。草刈りや農薬散布などを乗り越えて、今年も5月中旬の第1化。
a0071470_23195836.jpg

7月中旬には第2化と安定して発生している。
とにかくかなりレアであることは間違いない。
どこからやってきたのかわからないが、近くにこれだけの安定した発生地は聞いたことがない。
アルプスを見渡す棚田の一角に奇跡のようにウマノスズクサが群生して、個体数もかなりなものだ。
てっきり年2回の発生だと思っていたのだが、知人のブログには夜間に群れをなして休息している雄が撮影されていた。
たまたま出張前に時間ができたので訪ねてみた。
市街地の外れに車を止め、結構きつい勾配を登っていく。
棚田の稲穂も色づいてきて、クズの花が咲き始めていた。
確かに何頭かのジャコウアゲハが飛んでいた、かなり綺麗な個体が多い。
a0071470_23183378.jpg

この雄などはほとんど無傷でこれが撮影できただけでもうれしい。
a0071470_23191620.jpg
a0071470_23203712.jpg

雌も発生を始めていて、あちらこちらで産卵行動が見受けられた。
a0071470_23205751.jpg
a0071470_23211133.jpg
a0071470_23212613.jpg

びっくりしたのはすべてのステージが観察できたことだ。
a0071470_23232187.jpg

卵はあちらこちらに産卵されていたが、若齢幼虫は見つからなかった。
終齢幼虫があちらこちらを歩き回っていた
a0071470_23234372.jpg
。ジャコウアゲハの場合、蛹化の場所を探して数十㍍移動することもまれではないらしい。
a0071470_2324197.jpg
a0071470_23241445.jpg

前蛹もあちらこちらで見られた。
蛹はまだ柔らかいものから、しっかりしたものまで観察できた。
a0071470_23243944.jpg

a0071470_232502.jpg

 
 だいたい50日弱で1サイクルと考えると、まあ年3化もあり得ないことかもしれないが・・・・・・
a0071470_23262875.jpg

成長が遅れた第2世代の第2陣がまとまって発生したとも考えられるのではないかな・・・・・・・

a0071470_23251989.jpg

by kmkurobe | 2015-08-28 23:26 | 安曇野 | Comments(6)

盛夏の安曇野周遊

a0071470_13395361.jpg

7月になってほとんど晴れ間がない。
また「マイマイガ対策」の薬剤散布はかなり深刻な影響を与えているようだ。来年への影響が心配だが、全く姿が見えなかったわけではないので、それらの生命力の強さに期待しよう。
a0071470_13402346.jpg

いつもの年なら月末まであちらこちらでゼフの撮影を続けているのだが、あまりにも効率が悪いので地元をやや離れてみることにした。
この時期は激レアな「独りよがりかもしれないが・・・・」安曇野産夏ジャコウの乱舞を見たい。
a0071470_1340583.jpg

北アルプスを背景に、青々とした棚田の上を群飛。またラベンダーにビックリするほどたくさんの雌雄が集まったり。夢よもう一度と期待は膨らむ。
車を離れると瞬間に汗が噴き出る。
とにかく暑い坂を登っていく。姿の見えるのはほんの近くへ来てから。あまり繁殖地からは離れないようだ。
最初目に付くのは雄ばかりだったが、次第に雨が上がってくると、どこからか雌も出てきて、食草を捜しているのか、地表すれすれを低くゆっくりと飛んでいた。
a0071470_13495724.jpg

とにかくなかなか止まってくれないし傷んだ個体が多い。
a0071470_13501359.jpg

そのうち何とかそこそこの雄が休止。
a0071470_13412266.jpg
多少のスレはあるがまずまずの安曇野産「夏ジャコウ」だ。
a0071470_13413643.jpg

不意に足下から這い出してきたのはかなり綺麗な雌。
a0071470_13421431.jpg
まだあまり飛び回らないので、羽化してからそれほど時間が経っていないのだろう。
更に温度が上がると、2-3頭の雌があちらこちらで産卵を始めた。
a0071470_1343949.jpg
やはりあちこち傷んでいるのはしょうがないね・・・・・
棚田の法面にはウマノスズクサが一杯。
a0071470_13434840.jpg

ブッシュの中に潜り込むのでポジションが取りづらい。
a0071470_1348581.jpg

草むらにカメラを突っ込んで何とか撮影。
帰り際によったラベンダーの庭には今回は4-5頭しか集まっていなかったが、雌が良い感じで吸蜜。
a0071470_13444154.jpg

帰路オオムラサキを撮影するつもりで立ち寄った林で初めてオオヒカゲに出会った。
a0071470_1345039.jpg

これはうれしい「オオチガイ」だね。
a0071470_1410226.jpg

ミヤマシジミ、クロツバメシジミ第2化はそろそろ終了かな・・・・・
a0071470_13453150.jpg
a0071470_13454660.jpg
今年はコマツナギの株がイマイチなのであまりいい絵が撮れなかったのは残念。
a0071470_13461333.jpg

ヒョウモン類は相変わらず少ない。これはオオウラギンスジヒョウモンかな。
a0071470_14111330.jpg

さて7月も残すところあと1週間ほど。何とか残りのお休みには梅雨明けの好天を期待したいものだね。
さて何処へ行こうかな・・・・・
a0071470_13481881.jpg

by kmkurobe | 2015-07-24 13:48 | 安曇野 | Comments(4)

賀正

明けましておめでとうございます。
a0071470_23423419.jpg

本年もよろしくお願いします。
a0071470_23432711.jpg

by kmkurobe | 2014-12-31 23:44 | 安曇野 | Comments(13)

神城断層地震と命名される

a0071470_21405594.jpg

旧ガクモヶ原と思われる湿原から遠く被災地を望む
(遠景の山際が今回の激震地)2009年3月

地震から3日目いまも余震が続いている。
今回地震被害が激しかった場所は長い間通っている場所である。
ここは湿原と里山の境目で豊かなハンノキの林が続いている。

さて自分なりに今回の震災を考えてみた。
a0071470_21483984.jpg

白馬盆地の北部は北城平(平川より北)北アルプスからの扇状地が松川、平川を中心に白馬駅付近まで押し出している。

JR大糸線より西は北アルプスからの土砂が堆積した複合扇状地を形成している。
このため姫川は盆地の東側の段丘下へ押しやられている。

平川より南は神城平と呼ばれていて、特にJR大糸線より東側と東山までの間は、70年代まで広大な湿地を形成していた。
その頃は飯森駅の前から対岸まで春は一面のザゼンソウ。広大なハンノキの林にはすごい数のミドリシジミが飛び回っていた。
80年代には土地改良事業が進み現在は村内有数の水田地帯になっている。

ここはガクモ原と呼ばれていて、一部は姫川源流付近に残っている。


「白馬の自然 信濃毎日新聞刊」によれば、5000年ほど前までは湖だったらしい。
泥炭層の厚みは7㍍に達して、その下には80㍍に及ぶ泥質の湖沼性堆積物が分布するとのこと。
ただ西側はやはりアルプスからの土砂で形成された大規模な崖錐が発達しているとのこと。

姫川は源流からこのガクモが原のほぼ中央を北に流れて、東から数本の小河川と合流している。

神城断層は白馬盆地の東側をほぼ姫川に沿って走っている。

今回被害が特にひどく、マスコミで何度も取り上げられているのはまさにこの旧湖と断層に合致している。
地図を見てみると小河川との合流点でもあり、不幸にも悪条件が重なってしまったのだろう。

白馬駅付近では東へ数百㍍の場所ではライフライン寸断だが、駅周周辺より西は物品の落下で大変だったと聞いているが停電も数分で収まったようだ。
私が知る限りJR大糸線より西側では被害は少なく、ライフラインもずっと確保されている。
我が家は標高でアルプス側に70㍍ほど上がった地点ではあるが、ご近所に聞いても棚の上のものもまるで落下はしていないようだ。
ましてスキー場はさらに上部の岩盤の上にあるのだから、影響は全くないと思われる。

白馬村はそろそろスキー・シーズンが始まろうとしている。
あたかも全村が壊滅的な被害を受けたように感じている方が多いようで、ここ数日とにかくお見舞いの電話、メールが引きも切らない。
誠にありがたい事ではあるが、観光立村としては「風評被害」が心配だ。
年末年始の予約が本格的な時期でもあり、
ここはマスコミも初期報道から科学的な検証をメインとした落ち着いた報道に是非にも切り替えてほしいものだ。

写真Aは今回で来た断層と認定されたようです。
a0071470_21433982.jpg

写真Bはマスコミでなんども取り上げられている集落。長野方面に向かう県道沿いにある。
a0071470_2145488.jpg

写真Cはオリンピック道路沿いの地割れ
a0071470_2146868.jpg

写真Dは避難指示が出た集落付近の崖崩れと思われる場所
a0071470_2146116.jpg

すべて23日に撮影
by kmkurobe | 2014-11-24 21:48 | 安曇野 | Comments(2)

安曇野の巡り会い

a0071470_21122635.jpg

天気予報は午後は下り坂とか。
いろいろ考えて、まずはアイノミドリシジミを目指して高原へ。
平地では雲の切れ間から薄日が差している。残念ながら山頂に張り付いた霧がなかなか撮れない。
それではとオオヒカゲの発生地へ転身もこちらもだめ。
それではと○イチモンジを覗きに行くも気配もない・・・・・
貴重な午前中はこうして過ぎていった・・・・・・
未練がましく帰路、高原への道をたどっていた。
ふと、春に訪れたジャコウアゲハの発生地に寄ってみた。
車を置いて棚田へと続く道を上っていった。
発生地の脇に咲いていたレッドクローバーに、黒いアゲハチョウが何頭も訪花している。
見るだけでもなかなか機会がない、激レア(自分的には・・・・・)安曇野産ジャコウアゲハだ。
a0071470_21124818.jpg

雌も数頭観察できたが、多くは雄、それもかなり綺麗な個体が多い。
曇りがちの光線と棚田の緑もぴったりしていい感じに撮影することができた。
a0071470_2113328.jpg

ただ暗いので1/1600を切るためにはISO800でも苦しい。
a0071470_21133935.jpg
a0071470_21133254.jpg
a0071470_21132466.jpg
a0071470_21131633.jpg

雨が当たってきたので、そのまま棚田を突っ切るように高原への道をとった。

しばらく走ってとある民家の庭にこんもりとラベンダーが綺麗に咲いていた。
たくさんの蝶が集まっている。
a0071470_21135251.jpg

車を止めてみると、すくなくとも20頭以上のジヤコウアゲハがジャノメチョウやスジグロシロチョウと吸蜜していた。
a0071470_211496.jpg
a0071470_2114363.jpg

狭い道なので撮影時間がとれなかったのが残念・・・・・
これは近いうちにもう一度行かなくっちゃね。
by kmkurobe | 2014-07-18 21:14 | 安曇野 | Comments(6)

今日も寒い!

a0071470_16561128.jpg

放射冷却の朝。1月前に戻ったかのように凍り付いている。
α-6000を色々と試してみた。

まず驚いたのは、驚異の秒11枚の連射!!
あまりにもトリッガーが軽く暴発してしまう。
通常はLoの設定が良さそうだね。いや凄かった・・・・・

パワーズームの16-50㎜はなかなか使いやすい。
まるでコンデジを使っているような感じである。
a0071470_16563741.jpg

凍り付いたフキノトウを16㎜(24㎜相当)
a0071470_16565582.jpg

こちらは50㎜(75㎜相当)
すべてフルオートで撮影してみたが、思ったよりも意図した場所にピントが来てくれる。
a0071470_16571674.jpg
a0071470_16572750.jpg


16㎜で撮影した白馬三山。
a0071470_16574345.jpg
撮って出しだが、今までのソニーとはひと味違って、カチッとした仕上がりに感じられる。

a0071470_1658213.jpg
お昼休みにダンダラを狙ったが、さすがに10度そこそこでは飛ばず、ヒオドシチョウも反応が鈍い。
a0071470_1658203.jpg

a0071470_16583530.jpg

広角でもちゃんと蝶にピントが合っているのには驚いた。

週間予報ではまたしても週の後半は下り坂。

当分はお昼休みの出会いに期待するしかないかな・・・・・
by kmkurobe | 2014-04-07 16:58 | 安曇野 | Comments(0)

ゲートイン

a0071470_2304144.jpg

ふと気がつくともう3月もおしまい。
気合いを入れるためにもアップ。
この1週間であっという間に融雪が進んだ。
ふきのとうが食べ頃に。
a0071470_2312795.jpg

a0071470_231447.jpg

通勤路も開通。
a0071470_2321393.jpg

もうすぐ始まるね。いよいよ。
a0071470_233135.jpg

by kmkurobe | 2014-03-31 23:02 | 安曇野 | Comments(8)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
a0071470_14132535.jpg

2013年撮影のギフチョウ。
上の個体は何度見直しても不思議な「ハイブリッド」?雌

下は昨年一番意図した表現ができた、日本一黒いといわれる地域の雌。
by kmkurobe | 2014-01-01 00:00 | 安曇野 | Comments(25)

アルプス初冠雪

a0071470_15273163.jpg

三連休の初日北アルプスは初冠雪。
紅葉はまだまだだが、稜線は7-8㎝の積雪だったようだ。
まだまだ地表の温度は高く、早い時間から雲が出てしまい、撮影にはいまいちの日になった。
a0071470_15281214.jpg
a0071470_1528279.jpg

懐かしい渓間も例年より紅葉が遅れているようで、まだまだ青々としていた。
a0071470_15285483.jpg

直ぐに暖かくなって次の日に訪れた、鹿島槍や五龍岳を望む高原もまだまだ青くて、ベニシジミやモンキチョウが飛び回っていた。
a0071470_15291552.jpg


台風26号が抜けると気温が一気に下がり本格的な寒気が入ってきたようだ。
a0071470_1530417.jpg
a0071470_15294174.jpg
1500メートルあたりのガレ場の灌木がいよいよ色づいてきた。
a0071470_15302395.jpg
a0071470_153046100.jpg
さていよいよ今年の撮影も一段落。
a0071470_1531171.jpg
a0071470_15311893.jpg

雪が降りてくるまでゆっくりと秋を楽しもう。
a0071470_15315285.jpg

by kmkurobe | 2013-10-19 15:32 | 安曇野 | Comments(2)

もうすぐ新蕎麦の季節に

a0071470_16135876.jpg
9月に入るとあちらこちらで蕎麦の花が咲き始める。
真っ青な秋空と北アルプス、そして白い蕎麦の花の撮影は毎年この季節の楽しみだね
a0071470_16142796.jpg

9/7にはかなり一面に咲きそろってきた。
ヒョウモン類やイチミンジセセリ、そしてクジャクチョウやシータテハなどが甘い香りの中にぎやかに飛びかっている。
a0071470_1615969.jpg
a0071470_16153514.jpg
a0071470_16155273.jpg
時間によっては秋の光を浴びて金色に輝く。
a0071470_16164350.jpg
a0071470_1617482.jpg
9/17秋晴れの中最盛期の蕎麦畑が北アルプスに映えて美しい。
a0071470_1618250.jpg

9/27蕎麦の茎が赤く色づいてきた。
実も随分と大きくなっている。段々と訪れる蝶たちも少なくなってきた。この日寒気が入って強い北風の中、黄金色に輝く蕎麦畑。
新蕎麦ももうすぐ楽しめるかな。待ち遠しいね。
a0071470_1619291.jpg

by kmkurobe | 2013-10-09 16:19 | 安曇野 | Comments(3)