カテゴリ:PCとカメラ( 23 )

冬に戻ってしまったような冷え込み・・・・・

冬に戻ってしまったような冷え込みで、お昼になっても5度くらいにしかならない。
これでは、本格的な発生が始まったヒメギフチョウの撮影は中止・・・・・

さて今期はメイン機にソニー製α-55を使っている。

以前に導入したα-350は、バリアングルモニター機ではあったが、連射機能とAFがあまりにも遅くて、結局旧式α-700に頼らざるを得なかった。

メーカーの紹介にも「高速オートフォーカス&高速連写」が売りになっている。先月ギフチョウ撮影のロケハンで出かけた富山での試し打ちから。
当日はできればトキの飛翔を撮影したかったのだけれど、あいにくとマイポイントには最近は月に数日しか現れないようだった。
a0071470_15164560.jpg

なんと言うこともないセグロカモメで試してみた。
a0071470_1517323.jpg
a0071470_15171164.jpg
a0071470_15173086.jpg
a0071470_15175592.jpg
a0071470_1518279.jpg

直線的に動く被写体ならばびっくりするほどピントが合っている。これがチョウでも撮影できるのならばよいのだけれど、コントラストがはっきりしない被写体ではどうかな・・・・・
a0071470_1518201.jpg

α-55と70-300mm F4.5-5.6 G SSMの組み合わせは、ボディが驚くほど小さく軽くなったので、随分持ち運ぶのには楽になった。
a0071470_15183696.jpg

となりのα-700と比べると二回りは大きさが違うし、とにかく軽い。

またバリアングルモニターは明るいところでもかなり見やすくなった。

カメラ一振りでパノラマ写真が撮れるという「スイングパノラマ」も手持ちで撮影しても継ぎ目がほとんど目立たない。

これで環境を写し込んだカタクリ吸蜜などが撮影できれば最高なんだけどね。
写真は上市町からり剣岳と立山連峰。
a0071470_1519168.jpg

この日は強烈な日差しで早月尾根のアップは本当に迫力があった。
a0071470_15191952.jpg
a0071470_15192926.jpg

明日の予報はどうやらよい方に進んでいるようだ。せっかくロケハンしたのだからもう一度剣岳とギフチョウを見てこよう。
by kmkurobe | 2011-04-20 15:19 | PCとカメラ | Comments(6)

さて久々の”IT”ネタ

3月にはいってどんどん雪が解けてきた。
a0071470_15165034.jpg

先日下見に行ったヒメギフチョウの発生地は昨年、一昨年に比べて残雪が多い。ただし今年はふかふかの雪で地表が覆われているので、蛹たちにはきっとポカポカのベッドとなっていることだろう。
a0071470_1517141.jpg

昨年は3月はじめに雪が解けてしまい、そのあと強烈な寒波が来襲したので、少なからず影響があったと思われたが。
今年はできれば動画も撮影してみたいので、IT環境の強化をはかり、より効率的に撮影、編集できるようにあれこれと考えていた。

さて久々の”IT”ネタでいきます。

「TS抜き」という言葉が、あちらこちらで聞かれるようになってからずいぶんになるが、当地も地デジ化が完了してやっと一月。
宝の持ち腐れとなっていたテレビもやっと日の目を見ることになったね。

当家にはデジタルのレコーダーはないので、録画のためにまずは録画用にキャプチャーカードIODATAG製V-MVP/XSWを導入。
地デジ、衛星、それぞれ同時録画できる優れものだが、いわゆるガードがかかっているため編集ができない・・・・・

いろいろな方法を試してみたが、手間暇がかかってしょうがないので、以前から注目していた「神チューナー」PT2を導入することにした。
昨年まではプレミアムがついて随分高い値段がついていたのだが、いいタイミングで再販されたのでほぼ定価で手に入った。
こいつはマニュアルもなく、またソフトもまったく付属していない。とにかく情報はネットだけが頼りの代物である。
しかしながら妙に「電子日曜大工」的な心をくすぐるのである。めざせ4局同時録画!!何でも4枚差しで16局同時という猛者もいらっしゃるようだが・・・・・
a0071470_15174876.jpg




さて以下のようなレシピで組み上げてみた。実費約2万円ほどである。・・・・・実働24時間゜・・・・・

OS:Windows 7 Professional 64bit
------------
ハードウェア
------------
・PT2本体(Rev.B):アースソフト
・NTT-Com SCR3310-NTTCom:Windows7 x64で安定した動作報告あり
・B-CASカード
------------
ソフトウェア
------------
ファイル等(ダウンロードしどこかにまとめておく)
1)BonDriver
2)TvRock
3)TVTest
4)RecTest
5)TvRockOnTVTest

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x32)

パソコンに組み込んでみると、4本の同軸ケーブルが物々しい。V-MVP/XSWの2本を加えると6本。それでもまだ余裕で10本は分配できるほど出力はあるようだ。
a0071470_15181494.jpg
a0071470_15185294.jpg

現在、操作一般を古いNEC製のサブモニターで、映像を見るときだけHDMIでつないだテレビをダブルモニターの設定で使っている。
a0071470_15191179.jpg

ようやくセットアップが終わりTvRock上に予約画面が現れた。うーん疲れた・・・・・・
メインのテレビではこんな感じ。
a0071470_15193089.jpg
ハイビジョンはほんとうにきれいに見えるね。
朝7時に4局同時に録画できるように設定。わくわくしながら就寝。
さて10分前からテレビの前で待っていると・・・・・・ジャーン・・・・やったね。
a0071470_15194499.jpg
a0071470_15195544.jpg

左上BS-hi。左下BS-1。右上NHK教育。右下NHK地デジ。
いったい何が生活のプラスになったのかわからないが、何とはなしに安堵の気持ちでいっぱいになって出勤。
同居犬たちもさぞやあきれたことでありましょう。
現在強烈な雪。明日はやっとフリーな休日なのにね・・・・・・
by kmkurobe | 2011-03-09 15:19 | PCとカメラ | Comments(8)

本日も引き続いての快晴。

本日も引き続いての快晴。しかもお休みだ。スキーに出かけたかったのだが、地域の地デジケーブル施設工事で半日潰れてしまった。
しかし遅ればせながらではあるが当家もやっとデジタルライフとやらの仲間入りができることになった。
やっぱり綺麗だねほんと・・・・・・

さてほとんど使ったことがなかった、ソニー独自の「スイングパノラマ」機能とやらを使ってみた。
お蔵入りしてからどれくらい経つのだろうね?

なんでも取説によれば「撮りたい景色に向かってカメラをひとふりするだけで、人間の視野を超える最大295度のパノラマ写真が撮影できます。カメラを振る間に最大100枚の静止画を高速連写し、約1秒間で各画像をつなぎ合わせて1枚のパノラマ写真に合成。スイング時に発生する手ブレ、合成時に起こる画像間のズレも高精度に補正し、パノラマ写真に仕上げます。サッと振るだけの手軽さで、アッとおどろくパノラマ写真に。」
うーんとにかくやってみよう。
まずは通常の撮影で定点から五龍岳。
a0071470_1652446.jpg
今日もほんとうによく晴れている。一昨日の最高気温が-5度。本日買い物に南下したとき県道沿いの温度表示は+12度・・・・・このギャップは本当にこたえるね・・・・・
a0071470_166266.jpg

スイングしてみたらこんな感じになった。ファインダーと上下の感覚がつかめなくてやや切れてしまったがなかなかいいね。295度か・・・・・

さて午後は地デジ配線のモロモロを買い出しに南下した。途中の橋の上から後立山連峰を撮影。
a0071470_1662454.jpg

左から爺ヶ岳、鹿島槍、五龍岳。雲一つ無い・・・・・
a0071470_1664584.jpg


帰路、青木湖が一部結氷していた。
a0071470_167994.jpg
a0071470_1673013.jpg


仕事場の東の丘に上がってみたが、すでに太陽が回ってしまって、もろにアゲインスト・・・・・
a0071470_1675282.jpg

ここからはちょうどピッタリのサイズに収まった。
a0071470_1681394.jpg

うーん「スイングパノラマ」機能なかなかいいね。さすがにこれは蝶には応用できないような・・・・・
それにしてもデジカメの進歩は本当にすさまじいものだね。
by kmkurobe | 2011-02-03 16:08 | PCとカメラ | Comments(10)

GXR使い倒し-アサマシジミ

a0071470_1633283.jpg

危惧していたように、タテハ各種の個体数が少ない。本来なら最盛期のはずのフタスジチョウは未だに、たった1頭しか確認できなかった。
昨年の5-6月にかけての天候不順の影響は大きいようだ。
ギフチョウもクモマツマキチョウもまったくの不作でシーズンが終わってしまった。
不思議なことに、昨年も今年もブルー系のシジミチョウはそれほど変化を感じさせない。
朝方小やみの状態になったので、今日もアサマシジミの発生地の一つを訪ねてみた。
a0071470_164035.jpg
a0071470_1641261.jpg
ゼフのシーズンまでに、GXRをなんとかうまく使いこなしてみたいので、アサマシジミはトレーニングには最適の被写体だ。
ヒメシジミもまだまだ綺麗だ。
a0071470_1645255.jpg

ここ数日使ってみて、G11に比べると、高感度適正はやはり落ちるようだ。もちろんAPS-Cの一眼とは比べものにならない。感度を上げられないので、どうしてもシャッタースピードは遅くなってしまう。
それともう一点。GX-100、CX-1とリコーを使っているのだが、300ミリ相当になったせいか、手ぶれ防止機構の効きが、以前の機種に比べて、とくに1/100以下だと急に悪くなるような気がする。
このあたりも、αのボディ内手ぶれ防止機構とはまるでちがう。やはり生態写真撮影のメインカメラとはいかないかも・・・・・
今日は一脚を使用してみたが、やはり随分違う感じがする。
本日ヒメキマダラセセリ初見。
a0071470_1651760.jpg
ハラビロトンボも増えてきた。本来ならウラギンヒョウモンが多数飛んでいるはずなのだが・・・・・・うーん心配だね。

ただシジミチョウのように、下草の中に手をつっこんで撮影するような場合は、コンデジの独壇場だ
a0071470_165582.jpg


今日の発生地は数年前の草刈りで壊滅したと思っていた。見渡したところエビラフジも全くない。
たくさんのヒメシジミに混じって2頭アサマシジミが飛んでいた。やはり近隣の発生地から供給されたのかもしれない。
ススキの中に潜り込んだので覗いてみると、エビラフジで吸蜜していた。
a0071470_1654048.jpg
うーんうれしいね。
お昼にもう一度訪れると、雌も羽化していた。
a0071470_1664633.jpg
多少擦れているので数日は経っているのだろう。
アサマシジミの雌は後翅裏面外側の赤い帯が連続して本当に美しい。
a0071470_1662121.jpg
この角度だと前翅の卵形の斑点でヒメシジミとはく判別できる。

GRXはほぼフルマニュアルで、5連射ができる。シャッター優先1/1600、ISO400にして飛翔撮影に挑戦してみた。まずは雄。
a0071470_1671938.jpg
a0071470_1673489.jpg

何とか雌も
a0071470_1675556.jpg

a0071470_168129.jpg

最後のはヒメシジミ雄。

暗いところではノイズがひどくてイマイチだけど、条件によってはそこそこ楽しめることがわかった。しばらくは遊べそうだね。
by kmkurobe | 2010-06-22 16:02 | PCとカメラ | Comments(9)

新兵器導入-リコー GXR レンズキット GXR+P10 KIT

a0071470_15401643.jpg

ミノルタ~SONYユーザーの小生には今月発売のNEXシリーズには大変期待するものがあった。
小型で動画も撮影でき、αマウントが使え、しかもハ゛リアングル仕様とか。

残念ながらαマウントはアタッチメントを使ってもAFは使用できず、現在発売されているレンズは最短焦点距離が25㎝とのこと。これでは広角での撮影には無理がある。

そこで、リコー GXR レンズキット GXR+P10 KIT登場! 6月4日発売。レンズユニット交換式というパイオニアではあるが、かなりの際物でもあるね・・・・・

先日クモマツマキチョウの撮影に行ったとき、同行されたUプロカメラマンもシャクガパパ共に導入され、しかもかなり点数の高い評価をされていた。

もともとGX-100、CX-1とコンデジはリコーを使用していたのでついついその気になってしまった。

テレマクロで27㎝、広角では1㎝まで寄れ、35㎜換算で28-300㎜相当の10倍を越えるズーム。
マニュアル設定がほぼすべてできるので、飛翔にも十分対応し、撮影されているのを拝見するとRAWで秒5枚の連射は迫力があった。もっとも5枚をすぎると書き込みのためしばらく間が開いてしまうが・・・・・

結局使ってない望遠レンズ2本を下取りに出して、そこそこの出費でゲットできた。
本日到着。CX-1と比べてみるとなるほど一回り大きい。
正面
a0071470_15263254.jpg

上面
a0071470_1526529.jpg

もちろん一回り大きいが、グリップがほどよく効き、かえって扱いやすい感じがする。
液晶はかなり明るくなった感じだ。
a0071470_15282219.jpg


以下すべてオートで撮影。
小雨が降ってはいたが、我慢しきれずお昼休みに一回りしてみた。風が強くて条件が悪い。
まずヒメシジミが求愛していた。
a0071470_1529493.jpg

テレマクロ300㎜はさすがに楽だね。

同じ位置から開翅を撮影してみたまずは28㎜で。
a0071470_15311411.jpg

ぐぐっとズームしてテレマクロ。
a0071470_15314636.jpg

ここまでズームが効くと一瞬被写体を見失ってしまう・・・・・・ありゃりゃ・・・・・

a0071470_15332792.jpg

上はカメラ現像のJPEGオリジナル。やはり青みとコントラストがきついね。
RAWで現像してみるとイメージに近い感じでなかなかいい。
a0071470_15352531.jpg

明日はつかの間の晴れ間がくるとか。地元は端境なので少しだけ出かけてみようかな。
頑張ってマニュアル読まなきゃね・・・・・・
by kmkurobe | 2010-06-16 15:37 | PCとカメラ | Comments(6)

CANON「G11」

雪国にはなかなか春がやってこない。
ツクシの子ではないが、春と共に湧き上がってくる物欲をこらえきれず・・・・・新規コンデジを購入。
a0071470_2162336.jpg

以前から使っていたGX-100が動作不安定になり、修理見積りも、サポートのオニイチャン曰く「買った方が安いですね」・・・・・

そんなわけで一冬かけて色々と検討していた。
必要な機能としては。

1.ROW保存。
2.24㎜相当の広角。できれば5倍ズーム。
3.1㎝によれるマクロ機能。
4.手ぶれ防止機構。
5.1000万画素以上。

GX-100はほぼこれらを満たしていたが新規にGX-200を導入するのも・・・・・

そして意外にこの条件を満たしている物が無い・・・・・

結果購入したのがCANONの「G11」

これは広角側28㎜相当なの以外はほぼ条件を満たしている。
他には現在使っているα-350やE-3のように液晶が可動式のため、ローアングルに強い。

コンデジとしてはやや重いのと大きい点がマイナスポイントではあるが・・・・

お散歩カメラとしてはCX-3のように28-300ミリ相当のズームがあれば言うこと無しなのだが・・・・・

実際フィールドで使ってみるとどうなんだろうね?
やはりポケットに入らない大きさというのは結構な負担になるようだ。

購入してからわかったのだが・・・・・現在使用しているROW現像用のソフト「SILKYPIX Developer Studio 3.0」ではサポートが終了とのこと・・・・・・うーん4.0へのアップグレード費用は計算していなかった・・・・・・痛いね・・・・・

前面からのルックスはいかにもカメラらしくて気に入った。質感も昭和人間の小生には安心感を抱かせる。
a0071470_2172934.jpg


上面から液晶を90度回転させてみた。
a0071470_2165646.jpg
地面での吸水撮影などもこれならいけそうだね。

さて22日の連休最終日、思いの他の好天に恵まれたので、今年最後のチャンスかとスキーにでかけた。
もっとも行きつけのレストランで、お昼を食べるだけに行ったとも言えるが・・・・・

1800㍍地点からの白馬三山。
a0071470_217524.jpg
これはJPEG無修正画像。CANONのカメラは銀塩時代を含めてまったく初めて使うのだが、青の発色が実に綺麗に感じられる。NDフィルター機能というのも内蔵しているので、こんなシーンを撮影するにはなかなかのすぐれものである。

本日頂いたオードブルと背景の戸隠方面を写し込んでみた。
a0071470_2181275.jpg
フルオートでの撮影だがこれならばそこそこ使えるのではないかな。いつもながらこのレストランピラールからの眺めは素晴らしい。
a0071470_2183359.jpg
昨日の強風のせいだろうか、つららが不規則な形に曲がっていた。

この連休ではブログ仲間の方々も何名かギフチョウの本年初撮影に成功されたようである。うーん今年はどうも発生が遅れそうだ。たまには実家に帰ってみようかな・・・・・・小生の実家は岐阜市内。
by kmkurobe | 2010-03-23 21:08 | PCとカメラ | Comments(14)

すっかり春-リスや鳥達も元気

なかなか更新できずにはいたが、毎日訪れてくれる鳥やリス達を撮影していた。
ふと気が付いたら春が来てしまっていた。
今朝は豪雨と生暖かい強風が吹き荒れ、家の周囲はまるで1月以上先の、4月初めの景色になってしまった。
a0071470_1849434.jpg

これは12日少しだけ雪が降った朝。五龍岳が霞んで、まるで春のようだ。水路の流れがきらきらと光っていた。
何でも今年は記録にないほど早く五龍岳に「」武田菱」の雪形が見え始めたとのこと・・・・・・
今朝の新聞に戸隠のスキー場で、季節はずれのエルタテハが飛んでいたとの記事が載っていた。
さて今年の春はいつ頃始まるのだろう。桜の開花予想は早く。これでは本当に3月にヒメギフが飛びそうである・・・・・

新規導入したHSM仕様の70-300㎜ズームはまことにすばらしい。スピードはもちろん、解像度がこれほど向上するとは思っても見なかった。
a0071470_1923189.jpg
そんなわけで毎日窓際に張り付いて、あれやこれやと撮影に励んでいる。

そんな中で撮れた一番のお気に入り。裏の林のブナの枝に、リスがちょこんと座っていた。
木漏れ日がスポットライトのようで、体毛が金色に光って真に美しい。
a0071470_1850586.jpg
まずこれは70㎜。
そしてこれは300㎜でトリミング。
a0071470_18505245.jpg
推定500㎜程度のはずだ。
背景も全景もきれいにぼけ。しかもピントはしっかりリスに合っていた。

飛翔ならぬ「疾走写真」も挑戦してみた。
a0071470_18512442.jpg
a0071470_18515013.jpg
雪の上なのでコントラストが強すぎるが・・・・・・止まってくれた・・・・・・

全て手持ちで撮影している。春が来るのが本当に待ち遠しい・・・・・
ところでリスの眼は超魚眼レンズ?かな。
リスの眼に写っていた景色をドアップしてみた。
a0071470_1853444.jpg
a0071470_1853146.jpg

わが家の全景が写っている。いずれにしてもこのレンズの解像度は凄い・・・・・

リスはとにかくたくさん来るようになった。気に入ったところを何枚か。
a0071470_18542270.jpg
a0071470_18544786.jpg
a0071470_18552860.jpg

ポリポリしているときは、犬と変わらないね・・・・・
a0071470_18554589.jpg

鳥は定番のカラの類しか来ないので、ちょっと雰囲気を変えて撮影してみた。
まずはヒガラ。
a0071470_18564875.jpg

コガラ。
a0071470_18572076.jpg

今年はコガラ、ヒガラが多く。ヤマガラが例年よりも少なく感じられる。
アカゲラは敏感でなかなか撮影させてくれない。
a0071470_1931791.jpg
a0071470_1932818.jpg

このアオゲラのオスはよほど味をしめたのか、毎日何回もご来訪になる。
a0071470_1858232.jpg

午後の光の中だと、体毛の緑色が本当にきれいに見える。
a0071470_18582457.jpg
a0071470_18584258.jpg

最近は地上に降りてリンゴを突いている。
a0071470_1915180.jpg

安曇野南部ではこの陽気ではそろそろ越冬タテハやスジボソヤマキチョウが飛び始めるかもしれない・・・・・
春は近い。春よ来い・・・・・はーやく来い・・・・・
by kmkurobe | 2009-02-14 19:05 | PCとカメラ | Comments(10)

新兵器携えて出撃も・・・・・・低温でルリシジミ1ペアのみ

ワクワクする思いを押さえつけて、眠りが浅い夜が明けた。
前夜の予報どおり白馬は曇り・低温。糸魚川が5度高いということなので、またしても姫川を下った。
a0071470_17413562.jpg

北小谷を過ぎた辺りから薄日が差し始め、気温も11度。
これなら行けるかもしれない。平地にでると桜は今が満開である。
いつものポイント到着は9時少し前。気温は11度。薄日が射している。
早速新兵器をセット。チョウの止まっていない花をいろいろと撮影してみた。
このタイプしか撮影できないアングルでいろいろと試してみる。まずはフルオートで撮影。ここのイカリソウは白花ばかりだ。
a0071470_17302453.jpg

ショウジヨウバカマには朝露が光っていた。
a0071470_17315133.jpg

キブシもこんな角度で。
a0071470_17321978.jpg

普通はこんな感じになる。(α-700・300ミリで撮影)
a0071470_17324671.jpg

さて1時間・・・・・2時間・・・・ヒオドシチョウ1頭現れない。気温は16度。
やはり日照が弱いため地表の温度が上がらないようだ・・・・・・クロヒメカンアオイの新芽が出ていたが、産卵されてはいなかった。
a0071470_17422771.jpg

それにしても木・日と本当に天気バイオリズムが悪い・・・・・・・

仕方がないので次回のために姫川流域の発生地をロケハンすることにした。
まずは支流の谷を遡って見た。桜があちらこちらで咲いている。
a0071470_17361757.jpg
a0071470_17362965.jpg

頭の上に持ち上げて撮影。春霞の向こうは頚城駒ヶ岳
a0071470_17375370.jpg

イマイチと思ったのは液晶の明るさ。屋外ではMAXにしてもやや見にくく感じる。

この支流の一番奥にある滝の周りはまだ雪が残っていた。キクザキイチゲが枯れ葉の中から顔を出している。
a0071470_17401247.jpg

いい感じ。これが本日一番好きな写真だ。
カタクリも雪が溶けた斜面には一杯咲いていた。
a0071470_17411622.jpg

そうこうしているうちに、どんどんと薄暗くなってきた。向かい側に見える雨飾山もぼやけていた。
a0071470_17434555.jpg

さて今回の新兵器最大の武器はライブビューである。
a0071470_17454440.jpg
実際使ってみると高級コンデジという感じで。連写が遅いことを覗けば、ライブ・ヴューでのAFもスムースに効いて、なかなか具合がいい。
a0071470_1746052.jpg

実際にはルリシジミしか撮影できなかったが、それなりの感触が感じられた。
以下の2枚は地面すれすれに止まっているルリシジミを広角端17㎜とマクロ端70㎜で撮影してみた。
a0071470_17475327.jpg
a0071470_1748370.jpg

次の晴れ間にはぜひヒメギフでトライしてみたいものだ。
テルテルポウズ作らなくては・・・・・・
by kmkurobe | 2008-04-13 17:58 | PCとカメラ | Comments(14)

オールド・ミノルタ50㎜F1.4

古いカメラボックスをひっくり返したら20年も前のレンズが何本か出てきた。
すべてAFなので30年前ということはないだろう・・・・・・
早速α-7デジタルに装着してみた。しかしへたな写真だなあ・・・・これISO3200。
a0071470_213229.jpg

いわゆる開放のボケ味を試してみたくて早速テストしてみた。
意外にもAFはスムースに動く。
テーブルの上のコーヒーカップを撮影してみた。
一枚目が開放F1.4
a0071470_2153140.jpg

2枚目がF2.8で
a0071470_21651.jpg

3枚目がF5.6
a0071470_2163181.jpg

後ろに置いてあるクッションのガラを比べるとボケの程度がよくわかる。
よりはっきりさせるためにモノクロで現像してみた。
a0071470_2175332.jpg

40㎝近くまで寄れるのでこれはなかなかいい感じである。
ただ蝶を撮影するのはどうだろうかな・・・・・・・

屋外でも撮影してみた。いつものコブシを。うーん曇りなのでよーわからん・・・・・
a0071470_2194246.jpg

幼稚園入り口の道祖神を撮影。
a0071470_2110392.jpg

うんうん。背景が綺麗にぼけている。

デジカメのおかげで35㎜換算で75㎜F1.4というすばらしいレンズが手に入った・・・・・
こうなったら人間を一度撮影してみたくなったな・・・・・・・

うーん古い物もいいもんだ・・・・・・捨てなくて良かった・・・・・・・
今度の休みの楽しみがまたまた増えた・・・・・
by kmkurobe | 2008-03-14 21:14 | PCとカメラ | Comments(6)

厳冬の白馬大雪渓が見えた-岩岳スキー場

これは五竜遠見スキー場へでかける1週間前に撮影した。
シニアの半日券2100円はお値打ちだ・・・・・
まず出発前に第2定点から白馬三山。
a0071470_15171744.jpg

ゴンドラ終点から西側に廻るとブナ林の切れ目にアルプスが見えてくる。
a0071470_15184874.jpg

ここは初心者でも大丈夫な林間コースで夏場はゼフが多い。
a0071470_15194035.jpg

曲がりくねったコースを滑り降りていく。正面は不帰岳。
a0071470_15204560.jpg

ここから正面に猿倉から大雪渓が見える。白馬の村内からはここしかよく見えない。
a0071470_15213677.jpg

せっかくなのでいろいろと張っちゃいましょう・・・・・・すべてGX-100で撮影。
a0071470_15222826.jpg
a0071470_15224236.jpg
a0071470_15225595.jpg

つぎはとい面の八方尾根スキー場と五龍岳。
a0071470_15235066.jpg

南アルプス、八ヶ岳方面は。
a0071470_1524345.jpg

最後に北向きに1枚。左端が雨飾山。右はしが焼山の連山。
a0071470_15285676.jpg

この日うちに帰る頃にはすっかり日が傾いていた。逆光に強いα-700で日没。
a0071470_15264338.jpg

うーん疲れたスキーは今年はいつまで滑ることができるのだろう?
by kmkurobe | 2008-03-05 15:14 | PCとカメラ | Comments(0)