<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

初見日。ホシミスジ&オオミドリシジミ

白馬はやっぱり例年より季節が遅れている。
ところがうれしいことにここ何年間かあまり姿が見られなかったウラクロシジミが夕方そこここで見られる。

なんとか撮影しようと早起きして近くの林を廻ってみたが、残念ながら姿は見られなかった。

ホシミスジは私の大好きな蝶のひとつで、やっぱり裏面のホシが写り込まないと・・・・・
さんざん粘って撮れました。
a0071470_19351942.jpg

オオミドリシジミも初見。-多分-違っていたらご指摘ください。
a0071470_1937953.jpg


アサマシジミはかなり個体数が増えてきた。今日はできるだけ多数の個体が入るアングルを考えてみた。でも難しいですね・・・・・

a0071470_19391992.jpg

a0071470_19394494.jpg


メスグロヒョウモンも出始めた。珍しく交尾中に表面を見せてくれた。
ただブッシュの中が交尾の場所になることが多いので、ゴチャゴチャしてしまう。

a0071470_19421652.jpg
a0071470_19423865.jpg


白馬は午後から雨。これからは一気に季節が進むような予感がする。

でももう7月なのに、スジボソヤマキもヒオドシも発生していない。7月のねらい目はクモマベニと高地性のゴマとアサマというところかな・・・・・
by kmkurobe | 2006-06-30 19:45 | | Comments(7)

暑い!!!

とにかく暑い!
快晴の休日。平地性のゼフ、オオムラサキを求めて近場を約150キロ周回する。
結果とにかく強い風と高温のため対象には出会うことができたが、あまりにも活発に活動ししかも風で揺れるためまともな撮影ができなかった。残念。

本日の目撃、エゾミドリ、ウラクロ、アカ、ウラナミアカ、オオムラサキ、テングチョウ、ウラギン、メスク゜ロ、ミドリ、クモガタの各ヒョウモン、他に数種のセセリ。

まずはヒメシジミの交尾。レッドクローバーに止まっていたのを撮影。
a0071470_22341163.jpg

しばらくするとなぜか肘に止まった。撮影しにくいので指先に移動していただいた。
a0071470_22352126.jpg

同じ場所でアサマシジミはかなり発生していた。
a0071470_2236784.jpg


ヘムリンさんと私がご推奨する安曇野のゼフィルスポイントへ移動。
ちょっと時期的に早かったが一頭雄がやっと撮影できる小枝に止まっていた。
a0071470_2238296.jpg


これ何か?どなたかわかる方いらっしゃいますか?

他には初見日のミドリヒョウモンとアカシジミ

a0071470_22394429.jpg

a0071470_22421816.jpg


そしてハチだかハエだかアブだかわからない不思議な虫。
ただ写真として気に入っています。
これはなんですかね?

a0071470_22412133.jpg


収穫いまいちでしたが、久しぶりに夏の日差しを浴びたいい一日ではありました。
by kmkurobe | 2006-06-29 22:45 | | Comments(5)

正体不明の幼虫のその後+過去のネタ+またまた正体不明

これなんだ?
a0071470_19275811.jpg

サナギになりました。
a0071470_1929393.jpg

垂蛹です。多分タテハチョウ。ご指摘のようにヒオドシチョウかな?
a0071470_19324716.jpg

アサマシジミの終齢幼虫
a0071470_1934538.jpg

ナンテンハギの葉裏でサナギになっていました。

さて本日の過去のネタ
a0071470_1937977.jpg

今日は夕暮れ時のクロツバメシジミを選んでみました。
このチョウは西日が山陰に入ろうとしても活発に活動し、吸蜜、求愛行動をします。
a0071470_19392898.jpg

a0071470_19401729.jpg

今年はまだ姿が見られません。安曇野の北の方は松本市あたりに比べると、最初の発生はずいぶん少なく、お盆過ぎになり数が増えてくるようです。

これを発信した後、わが家の庭で発生しているギフチョウに餌をあげていた。

・・・・・庭で採卵して終齢にしてまたもとの場所に放している。

ミヤマアオイを食べている幼虫の中にどっかで見たのがいる。でもこのあたりにはいない。
ウスバサイシンもほとんどない。一番近い発生地まで4キロ。
兄弟には体側のスポットはない。これって自然雑交なのかな?

a0071470_2028587.jpg


この個体は来年まで面倒見てやろう。
by kmkurobe | 2006-06-26 19:43 | | Comments(6)

アサマシジミ初見日。本日一得一失。

朝の散歩なんとかクモガタヒョウモンが撮れないかと河原へ。

フト見ると羽化直後の個体が羽を広げて止まっていた。
そっと近づいてスイッチオン。なんと「カードが入っていません」の赤い文字が。
今年の最大目標の一つだったのでもうがっかり。

仕方がないのでカードを家に取りに帰ってアサマでもでていないかと、近くのスキー場まで出かけた。

ヒメシジミばかりでとうにあきらめていたら、一頭のアサマの羽化直後の個体がススキに止まっていた。まだよく飛べないようだ。
a0071470_14354185.jpg

a0071470_14362423.jpg

何枚か撮影していたら、こんどはすぐ近くに雄が羽を全開にして止まっていた。
a0071470_14374283.jpg

これで本日はいい日になったなと思い、カメラが止まっているところに軽くふれた。

ここからか゛びっくり。

飛び上がった雄は数メートル離れた、先ほどの雌の上まで来ると急に交尾行動を始めた。
a0071470_14404214.jpg

これは雄が雌に迫っているところ。
a0071470_14413266.jpg

交尾成功。
a0071470_14422554.jpg

安定した状態に。

以下広角でも目一杯アップでもなかなかいい感じで撮れました。
a0071470_14435099.jpg

a0071470_1444927.jpg

やはり薄曇りで風のない日が撮影には一番ですね。しかも雌雄共に羽化直後。

朝もしもカメラにカードが入っていたら、大満足してアサマシジミの交尾行動の観察はできなかったと思うので、一失一得いやそれ以上の日になったかと思いましたね。
by kmkurobe | 2006-06-25 14:49 | | Comments(7)

白馬は晴れ

梅雨の晴れ間。
日差しが強い。
ウラギンヒョウモンが羽化し始めた。やっと夏が始まった。
a0071470_21492187.jpg

ヒメシジミは個体数が増え交尾している個体も見られる。

この個体は珍しく雄が羽を広げてくれた。
a0071470_2157088.jpg



こんなのも飛んでました。

a0071470_21535559.jpg

by kmkurobe | 2006-06-24 21:57 | | Comments(4)

今日はどうかな? 追加白馬の恐怖!

みなさんにいろいろとご意見をいただき、今日も出かけてきました。
まあそうあまいものではありませんね。

100頭くらい片端から見てもまったく普通のばっかり・・・・

一頭レッドクローバーで吸蜜している雄がいました。蟻がたかっています。
てっきり蟻に襲われたあわれなヒメシジミだと思いました。
a0071470_17235259.jpg


しばらく観察していると、悠々と蜜を吸っています。蟻は蝶にまとわりつき、体毛を囓っているのもいました。蟻とシジミは関係の多いことは知っていましたが、こんなこともあるのですね。

以下まあまあの写真
a0071470_17265670.jpg
a0071470_17271985.jpg


薄日が射してきたので長野市まで出かけて平地性のゼフを捜してみました。今年はやはり少し遅れているようで、ウラナミアカとミズイロオナガがちらほら程度やっと撮った写真がこれ。
a0071470_1730496.jpg

もう少し考えてとまってくれればいいのに。

以下追加 白馬の恐怖!

a0071470_19254932.jpg


これなんだと思います。なんとマダニの仲間。
ヒメシジミを撮影してきたときにうちの犬が拾ったみたい・・・・・

こんなでかいのに食いつかれたら人間はどうなるんでありましょう?

はるか昔、オサムシ採りをしたあと十勝川温泉でわが二の腕に食いついた奴はゴマぐらいだったんだけど。

白馬のは怖いよ。

お見苦しいモノをお見せしてごめんなさいね。なぜかドキドキして追加してしまいました。
by kmkurobe | 2006-06-22 17:31 | | Comments(5)

大当たり!

カメラ持ってきてよかった・・・・
朝のお散歩の時かなり薄暗くて、どうせストロボたかなきゃ撮れないとも思ったが、なんとなく小脇に抱えた。

いつもの河原はヒメシジミがあちらこちらに止まっている。

おもしろいもので、居心地のいい場所は有るようで100メートル位なにもいないところと、一枚のススキの葉に数頭と混み合っているところもある。

ふとみるとなんか変な模様のが一頭いた。

a0071470_13151796.jpg


これは異常型だと思ったが薄暗い。なんとか風もないのでスローで撮ったり、軽くストロボを炊いてみた。

いいでしょこれ・・・・モニターでみると感激しちゃいました。

よく見ると雄で表面が少し見えるカットも撮れました。

a0071470_13173197.jpg
a0071470_1318495.jpg


近くにいた個体もいくつかアップしてみました。

a0071470_1319179.jpg

a0071470_13194574.jpg


ヒメシジミとはいえチャンスはあるものですね。
by kmkurobe | 2006-06-21 13:21 | | Comments(8)

この幼虫なんだろう?

白馬は薄日がさす朝を迎えた。犬たちのお散歩に昨日からクモガタヒョウモンが気になっていたので、カメラを持って出かけた。

と河原に見慣れないヒョウモンの類と思われる終齢の幼虫がいた。
ここにはクモガタ、ウラギン、メスグロ、ミドリがシーズンには沢山見られるが、去年からツマグロが発生していたので気になっていた。
ひょっとしてこれそうかな?
a0071470_19555136.jpg


てなわけで拙宅までご同行いただきました。まあ20日もすれば身元はわかるでしょう。

ヒメシジミはかなりの数が発生を始めました。
a0071470_19572928.jpg
a0071470_1957524.jpg
a0071470_19581564.jpg


ちょっと脚を伸ばしてミヤマシジミの発生地まで川を下る。
割合きれいな雌がいた。ただ秋口に比べると春はずいぶんと個体数が少ない。

a0071470_200673.jpg

by kmkurobe | 2006-06-20 20:00 | | Comments(9)

雨の日の一枚 Ⅱ

18日は午後から晴れ間が出たので、長野市あたりをうろうろしたがまったく成果なし。
栗の花がまだ咲いていないので、このあたりの平地性のゼフの発生はやはり遅れているのかな?

さて雨の日の一枚 Ⅱではウラジロミドリシジミをアップしてみました。長野県では発生地がかなり狭く白馬の記録もはっきりしなかったようです。
ただみそら野地区では集落の周辺にナラガシワが多く、最初はハヤシミドリかと思っていました。
ある日わが家の庭に見慣れない小型ののゼフが飛んでいました。近くに寄ってみると生まれて始めて見るウラジロミドリシジミでした。

それからカメラを持って近くの林をさんざん歩き廻ったが再発見できず、数年後たまたまギンイチモンジセセリを撮影していたら羽化したばかりの雄が目の前にとまっていました。
a0071470_0262669.jpg

何カットか撮ったあとなんとか表面を写したくてそっと息を吹きかけると、あら不思議・・・・
祈りが通じて羽を広げてくれました。
a0071470_028513.jpg

2001年7月3日にみそら野にて早朝撮影

ついでにそのころはまだまだあちらこちらに見られたギンイチモンジセセリ
a0071470_0311496.jpg


どちらも最近とんと出会うことができません。
まだ健在なんだろうか?
by kmkurobe | 2006-06-19 00:22 | | Comments(8)

雨の日の一枚 Ⅰ

こんな日は思い入れのある写真を一枚。

とにかくいままでで一番好きな写真です。
でも雌も吸水するのですね。
この写真は2001/7/2にアサマシジミの撮影に村内のスキー場に出かけたときに出会いました。

a0071470_0173958.jpg

メスグロヒョウモンはとにかく大好きな蝶。
ふと気が付くとわが家の庭でも繁殖していました。
何度も失敗して初めて成功した交尾の写真がこれ。
やっぱりメスグロはこれしかないですね。
この写真は2005/7/3に毎朝の犬のお散歩コースで撮影。
寄ってくる犬たちを追い払うのに大変でした。
a0071470_025689.jpg

もう一枚おまけこれはわが家で繁殖したと思われる、出たばかりの雌。2005/7/21これもいいでしょ?
a0071470_19385797.jpg

by kmkurobe | 2006-06-18 00:25 | 生態写真 | Comments(7)