<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

山ゴマ

白馬にもようやく夏が来た。とにかく暑い。
リンク先の諸氏もかなりの成果を上げられているようである。

昨日上高地周辺から白馬方面に転進された、ダンダラさんから電話をいただいた。
近くに来ているので是非「山ゴマ」を見てみたいとのこと。

私も幸い休日だったので朝方登山路の入り口で待ち合わせることにした。

少し時間が合ったのですぐ近くの枝道に入ってみた。ここは標高1300メートル。強風と積雪のためコナラやミズナラがブッシュ状になっていて、条件がいいといろいろなゼフが集まってくる。

今年はシーズンインが遅かったのでまだまだ新鮮な個体が飛んでいる。

a0071470_18251861.jpg

ほとんどオオミドリとジョウザンのようだ。ヒメキマダラヒカゲはまだまだ新鮮である。
a0071470_1830452.jpg


すると日差しがややかげったら小型の銀色のゼフが飛び出した。久しぶりに見るウラクロシジミだった。なんとか証拠写真をゲットした。
a0071470_18254139.jpg

今年は別荘地でも結構飛んでいたので、ボロではあるが、なんとか撮影できてラッキーだ。

しばらくして湯ノ丸以来のご夫妻にお会いできた。目的のポイントは300メートルほど登ったところである。

今年は残雪が多かったせいかことのほか高山植物がキレイである。コヒョウモンはじめ各種のヒョウモン、エルタテハ、クジャクチョウなどが出迎えてくれた。
a0071470_18261729.jpg

目的のポイントについてしばらくすると雌のゴマが現れた、ツツジの仲間で吸蜜したりカライトソウに産卵したりしている。狭いポイントなのでさすがに個体数は少ないがそれなりに撮影することができた。

a0071470_18264597.jpg

a0071470_1827876.jpg

a0071470_18273595.jpg

a0071470_18275715.jpg

a0071470_18282169.jpg

そこそこの時間になったのでこんどはクモマベニヒカゲを探しに、さらに400メートルほど登った。

登山道のそこここにカライトソウやワレモコウが咲いているので、ここにもいるかもしれないとはなしていたら、雪渓が見える1800メートルでも何頭か飛んでいた。
a0071470_18285045.jpg

本当にきれいな花を眺めながら目的地に近づくとクモマベニヒカゲが飛んでいる。
お二人と結構粘っては見た柵の近くにはなかなか止まってはくれなかった。

来週末にはベニヒカゲの季節になるのでまた登ってみようかと思う。

帰路もう一度ゴマのポイントに寄ってみるとやはり少ないながら飛んでいた。しかしちょっとした条件の変化で姿を隠してしまう。結構シビアーな種類かな。

a0071470_18291683.jpg

a0071470_18293247.jpg

これは獣糞に集まるヒメシジミ、コヒョウモンは結構個体数が多い。
a0071470_18295299.jpg

最後に。

ダンダラさんご夫妻今日は本当に楽しい一日を過ごせました。どうもありがとうございました。これに懲りず白馬にぜひまたおいでください。
by kmkurobe | 2006-08-03 18:38 | | Comments(20)