<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

曇り、後雨、後みぞれ・・・・・

曇り、後雨、後みぞれ・・・・・
天気予報では晴れマークが久しぶりに付いた。前夜からそわそわの「子供の遠足状態」である。
多分ここで晴れ間が出れば、白馬のギフチョウもどっと出始めるはずだった・・・・・・
数日前に連絡があり、BANYANさんとmtanaさんが遠征されるとのことである。前回の遠征組以上の成果をなんとか持ち帰って欲しかったのだが・・・・・・
早くに眼がさめてしまったので、ご神木を撮影。桜もだいぶ開いてきた。
アカゲラはこのところ毎日来るようになった。
a0071470_17111011.jpg
a0071470_17112712.jpg
a0071470_17114963.jpg
a0071470_1712797.jpg
a0071470_17122119.jpg

a0071470_17143527.jpg

無情の寒気はは朝方から白馬周辺に流れ込み、明け方は晴れ間も会ったのに、お二人が到着される頃は無情の雨となってしまった。一縷の望みを託してなるべく寒気の影響が少ないと思われる、大町の湿原になんかしてみた。ここはなぜか季節がやや遅れているようで、スミレの花もまだまだである。
結局本日唯一撮影できたのがこれ・・・・・・
a0071470_17134297.jpg


お二人ともお疲れさまでした。これに懲りず是非再挑戦してくださいね。ギフチョウは6月まで飛んでいます。
by kmkurobe | 2007-04-26 17:14 | 安曇野 | Comments(10)

桜の舞台

桜の舞台は整い、後は主役を待つばかりだが・・・・・
とにかくここのところ天気が悪い。上空は晴れてアルプスも見えているのだが、低い雲が張り付いてなかなか日差しがはっきりとしてはくれない。
お昼休みの出動態勢は万端なのだが、肝心の初ギフはまだ現れてくれない。
そうこうしているうちに、わが家の花舞台が整ってきた。
今年何度もすばらしい出会いを提供してくれたご神木-オオヤマザクラ-のつぼみが膨らんできたのである。
a0071470_18534025.jpg

真冬はこんな感じ。この小枝がアクセントである。
a0071470_18552792.jpg

冬の間から、何時鳥たちに囓られてしまうかと思った花芽が、ごらんの通り膨らんできた。
本日はまだまだリハの段階だが、幾種類かがカメラテストをしてくれた。
a0071470_185673.jpg
a0071470_18563689.jpg

a0071470_18584555.jpg

できればリスもここに登場して欲しいのだが、本日はこんな感じで参加してくれた。
a0071470_18571427.jpg
a0071470_18573960.jpg
a0071470_185839.jpg

今日は久しぶりに2頭でやって来た。子育てはどうしているのだろう?
このつぼみが満開になったらさぞかし・・・・・・と思う。ウーム楽しみである。
昨日、今日となかなかの雄のアオゲラがご来訪。頭部の赤紋はかなかなで、まさに「赤上がり」の個体である。
a0071470_18591987.jpg
a0071470_18593597.jpg
a0071470_1859509.jpg
久しぶりにアップが撮れた。しばらくファインダー越しに、にらめっこ状態・・・・・
a0071470_191551.jpg

こいつはどんな形で花舞台に登場してくれるのだろう。
by kmkurobe | 2007-04-24 19:02 | 野鳥とリス | Comments(7)

昼食のお相手はヒメギフチョウ

朝から暖かな日差しが溢れて、おもわずわくわくしてしまう朝になった。
犬の散歩に近くの河原に行っても、光が満ちあふれている。
ただ気温はやはり低いので、越冬タテハも飛んでいない。
ひょっとして初ギフチョウと昨日下見をした、カタクリが一杯のポイントにでかける。
a0071470_195124.jpg
a0071470_1952920.jpg

本当に良い感じなのだが、やはり寒そうなのでお昼に期待して出勤した。
待ちに待ったお昼頃には、気温も上昇し風もほとんどない。
おにぎりを持って待つこと十数分。カタクリは本当に美しいが全く何も飛んでこない。
早々に見切りをつけ、二番目に早いヒメギフのポイントに出かけてみた。
a0071470_1955218.jpg

スミレの株も大きくなり、ススキの間からいつのまにか白花のアズマイチゲが咲き始めた。
数分してヒメギフが飛んできた、すごい早さだが、前回のポイントと違ってここは平地なので追いかけることができる。
さんざん苦労して撮ったのが以下の写真。なんと左の前翅が欠けている。
a0071470_1962336.jpg
a0071470_1963285.jpg
a0071470_1964561.jpg
a0071470_1965517.jpg
a0071470_197488.jpg

どうやら発生後かなり経過した個体のようだ。そろそろヒメギフも雌が飛び始める時期になったようだ。
週末の天気は心配だがいよいよシーズン突入。忙しくなりそうだ・・・・・・
by kmkurobe | 2007-04-20 19:07 | | Comments(15)

やっと3カット。しかし寒い・・・・・

今週はとにかく寒い。火・水と雪が降り、1500メートル位から上は積もったようだ。
天気予報とにらめっこをしていたが、昨日の天気予報を見て狂喜した。
曰く19日の白馬は正午頃より晴れ、糸魚川は朝から晴れ。
急遽日本海へのツアーを決定・・・・気温が上がらないはずなのでゆっくりと白馬を出発。
小谷村中部を過ぎると日差しが強くなった。
まず糸魚川のギフチョウポイントへ行き、順次南下するつもりであった。
悪魔のささやきがあるトンネルを過ぎると聞こえてきた。

a0071470_20162573.jpg
a0071470_20164466.jpg

先週訪れたときは3分咲きだった桜が満開である。ついつい途中下車してしまった・・・・・
これならまずは小谷村北部でヒメギフ数枚をゲットして、ゆっくりと糸魚川で時間がとれると。
ひょっとして産卵シーンかも・・・・・・
とりあえずポイントに着き、カメラを用意している間にヒメギフが飛び出してきた・・・・・・
これはいけると思っている間に、日が陰ってくる・・・・・・・
時間と共に回復という天気予報にもかかわらずどんどんと曇ってしまった。
粘りに粘ったけれど結局オクチョウジザクラの撮影会になってしまった。
しかし本当に綺麗だつたからまいっか・・・・・・
a0071470_2017198.jpg
a0071470_20174793.jpg
a0071470_2018866.jpg

11時も過ぎて北の方が明るいので糸魚川に行ってみた。
先週のポイントではいきなりギフチョウがお出迎えしかも3頭もである。
まずはチゴユリに止まったのを撮影。結局これだけ・・・・・
a0071470_20185055.jpg

ここも次第に暗くなり何頭か見かけたが、しばらくすると全くチョウの姿が見えなくなってしまった。
ただここでも花は綺麗である・・・・・・まいっか・・・・・・
a0071470_20224843.jpg
a0071470_2023531.jpg


がっくりとして白馬に帰ると、ごご2時を過ぎ例のポイントでは飛び回るばかりであった。

本日は120㎞走って撮影10秒・3枚のみ・・・・・・・
あーー疲れた。

a0071470_20213848.jpg

by kmkurobe | 2007-04-19 20:23 | 生態写真 | Comments(12)

困ったときのリスネタ

冷たい雨が降り始めた。桜の芽が伸び始めてきたので、もうじき桜をバックにリスや鳥の写真が撮れそうだ。
まずは本日のリス2枚。最近は朝5時頃から一頭のハグレの雄が毎日やってくる。
夫婦はどうやら営巣中なのかな・・・・・・
a0071470_20175343.jpg
a0071470_2018943.jpg

これは初めて見るポーズである。10秒ほどだが、あの有名なレッサーパンダのポーズをとってくれた。
a0071470_20182295.jpg

このところコゲラはなかなかいい写真が撮れる。これが本日のお気に入りである。
a0071470_20184275.jpg

最後にわが家の「窓からバードウォッチング」にメジロに続いて新しいメンバーが加わった。
a0071470_20185778.jpg

カワラヒワだと思うが、暖かくなったのでメジロ同様、里から上がってきたらしい。
それにしても寒い。今度のお休みの天気はどうなんだろう。
by kmkurobe | 2007-04-16 20:26 | 野鳥とリス | Comments(2)

小谷村北部のヒメギフチョウ羽化

蝶と里山の浪漫紀行のFさんから昨晩電話があり急遽同行していただくことになった。
9時半に白馬駅でFさんをひろって村内のポイントに出かけた。
しかし温度がなかなか上がらない。天気予報では姫川下流は午後は崩れるとのことだったので
ヒメギフの姿は見かけたが、とても撮影できる状態では無かったので、そうそうに姫川を下ることになった。
まずは先週カタクリの花のみしか撮影できなかった、小谷村北部のポイントへ入った。
桜がなかなかに美しい。
a0071470_1833190.jpg

カタクリの群落を越えて集落の奥に入ってみた。私が一番お気に入りの場所で、雨飾山が美しい。
まだ早いかなと思われたが、数頭の雄が林のへりを飛んでいた。
a0071470_18344728.jpg
a0071470_18345813.jpg
a0071470_1835815.jpg
a0071470_1835554.jpg

a0071470_18371650.jpg

少しだけ咲いていたスミレに何回か降りてくれたが、300㎜で撮ったのでピントが浅くなってしまった。やはり無精せずに予備のカメラに100㎜マクロ F2.8を用意すべきだったかな・・・・
二人で何カットか撮影できたので、カタクリの群落の方に移動した。なかなかキレイに咲いてはいるが、チョウは何も飛んでいない。まあここの方が雪解けが遅かったのであろう。
a0071470_18374690.jpg

この白いスミレ風の花が美しい群落を作っていた。何回も通った場所なのに気が付かなかったのかな・・・・・これなんて言う花なんでしょうかね???

ヒメギフが撮影できたので姫川下流でギフチョウを狙って移動したが、小滝を過ぎると空模様が怪しくなった。
とても持ちそうになかったので、急遽Uターンして、こんどは小谷村南部のヒメギフのポイントに向かった。
a0071470_18381319.jpg

やはりまだ少し早いようだ。カタクリはチラホラ咲いてはいるがヒメギフの姿は見えない・・・・・・
スギルリが少数ながら吸水していた。
a0071470_18383680.jpg

沢沿いのキブシになにやら止まっている。どきっとしながらカメラを覗くと越冬のタテハ2種。
このほかテングチョウも飛んでいた。
a0071470_18385292.jpg
a0071470_1839568.jpg


帰り道道ばたの枝先に立派な猛禽がペアでとまっていた。カメラの用意をしている間に飛び去ってしまった・・・・・
証拠写真に飛翔を撮ってみた。多分オオタカではないかと思うのだが・・・・・・
a0071470_18393074.jpg

村内の各所を廻っては見たが、雪は溶けているがまだまだのようだ。しかしそろそろギフチョウの走りも次回の晴れ間には出るような気がする。

Fさんお疲れさまでした。今度はバンドの撮影がんばりましょう。
by kmkurobe | 2007-04-15 18:40 | | Comments(22)

最高のギフ日和-各地転戦-惨敗!

天気予報によれば本日は晴天。鳥の声に目が覚めると一面の霧である。
かなり冷え込んで-2℃だった。
白馬にいても10時過ぎまではなにも飛ばないので、糸魚川まで下ってまずは一枚と思って、先日の山を登った。
ここも気温がなかなか上がらない。ヒオドシも飛ばない状態なので、麓のポイントへ移動。

一頭目撃できたが高所を飛んでいるので手がでない・・・・・

そろそろいいかと元のポイントに戻ると、なんと熊*ナンバーの軽自動車が・・・・・
彼方にはなにやら青いものが・・・・・・
こんな超マイナーな場所にも採集者が・・・・と愕然として、ポイントはごく狭いので次の場所に移動した。

姫川を少し遡り山際の有名産地に寄ってみた。桜はチラホラ咲いていい感じである。前方に大好きな駒ヶ岳が雄大に見えている。
a0071470_1882260.jpg

あちらこちらにカタクリは咲いているのだがチョウの姿は全く見えなかった。
次にまた一駅遡ってこんどは先ほどの対岸の山に登ってみた。
a0071470_1885922.jpg

ここもカタクリはいい感じだがヒオドシのみ。まあ15年ぶりに寄ってみたが環境はなかなかいい。次回に期待しよう。

またまた一駅遡って前回訪れた混生地の近くに寄ってみた。ここはヒメギフの頃にはスギルリも飛んでいるので期待したが、またもカタクリは咲いているのに空振り・・・・・
a0071470_1892950.jpg

気温は15℃近くあるのに・・・・・・まあ例年より一週早い訪問ではあるが・・・・
結局ギフの止まっていないカタクリの写真ばかりで転戦終了。

あまり悔しいので、いつもの小山も覗いてみた。いくつか飛んでいるが午後2時を過ぎているので、とても止まってはくれない。最後の最後まで惨敗だった。
a0071470_1895413.jpg

車の近くにコイツが止まっていた。本年白馬では初シジミである。
当分天気が悪い予報なので次回の晴れ間にどっと発生することにしよう・・・・・
本日はやけ酒・・・・・・・
根知の酒「男山」本醸造。
家に帰って庭を覗いていたら、結構鳥がやってくる久々のアオゲラもやってきた。
a0071470_18112551.jpg

そのほかはこんな感じ。
a0071470_18114872.jpg
a0071470_18115940.jpg
a0071470_18121584.jpg

大好きなコゲラがそこそこ撮れたのでよしとしよう・・・・・・
a0071470_18123397.jpg

by kmkurobe | 2007-04-12 18:12 | 生態写真 | Comments(14)

ヒメギフ再戦勝利なる。強風の中、羽化直ゲット!

昨晩の冷たい雨は上がり天気予報も晴れ。懲りずにまたいつもの小山に出かけることにした。
朝方はあまりにも気温が低いので撮影は断念。
仕事前に、この後発生するであろうヒメギフ産卵ポイント、カタクリ吸蜜ポイントを下見に出かけた。
どうも平年並みに近いようでカタクリの葉もまだまだペッタンコのままだ。
まあ長い間楽しめるということだろう。
a0071470_19115488.jpg

しかしアズマイチゲがそこここに咲き始めたので、春はゆつくりとでも進んでいるようだ。
さて昼休みになり仕事場を出るとかなりの強風が吹いている。
やめようかと思ったが、朝方コンビニの弁当も買ってあったので、ピクニック気分で出かけた。
すごい風でヒオドシもテリを張れないようだ。
林道を上がっていくといきなり羽化直後のヒメギフがフラフラと出てきた。
まだあまり飛べないらしく、シャッターチャンスは多いのだが、ブッシュにもぐったりしてなかなかポーズをとってくれない。
a0071470_19125283.jpg

最初に撮れたのがこのポーズ。
短靴を泥だらけにしたかいがあり一瞬風がやんだ。
a0071470_19142110.jpg

a0071470_19175447.jpg

シャッターは切れるがイマイチのポーズ・・・・・
ついに来たねこれドアップ祝杯ものである。
a0071470_19145567.jpg
a0071470_19151365.jpg

これは何かの蔓にとまった。これもお気に入り。
a0071470_19153217.jpg

最後にコンデジで広角に挑戦・・・・・・・
a0071470_19155525.jpg

S4なかなか写るではないですか・・・・・・
ではこれより祝杯といたします。まずは「白馬錦」純米吟醸いきます・・・・・
by kmkurobe | 2007-04-10 19:16 | | Comments(16)

お昼休みの出撃・・・・敗退

朝方は雨そして11時過ぎから日差しが強くなってきた・・・・・・
仕事場に長靴で出勤したかいがあったというものである。
後続部隊の羽化を期待して、いつもの小山に出かけた。
桜のつぼみはまだまだ堅く、どう考えても本隊の羽化はまだまだのようである。
舞姫は本日は一頭のみ、やはり風に乗って止まってはくれない。
さんざん頑張ったが昼食をとるために帰宅。残念・・・・・・
てなわけで本日のネタはヒメギフ撮影日にご来訪になったコゲラ。
そして先週から登場していまや多数派のメジロです。

まずはコゲラ
a0071470_21171867.jpg
a0071470_21173152.jpg

いいでしょなかなか。とにかくぬいぐるみそのままですね。こいつらは。
つづいてメジロ。
いろいろなポーズをとってくれるので、トレーニングにはピッタリです。
a0071470_21191793.jpg
a0071470_21192657.jpg
a0071470_21193720.jpg
a0071470_21195323.jpg
a0071470_2120831.jpg
a0071470_21202034.jpg
a0071470_21203379.jpg

次のお休みまでヒメギフは休戦かな・・・・・・
でも明日晴れたらまたでかけるかも・・・・・・
by kmkurobe | 2007-04-09 21:21 | 安曇野 | Comments(2)

糸魚川奇跡の逆転ギフ!ヒメギフ2回戦は敗退!

天気予報ではおおむね晴天とのこと。昨日の興奮で「子供の遠足状態」である。
5時に目が覚めてしまった。コンデジを持って朝焼けの撮影に出た。もちろん2週間後の下見を兼ねてである。
a0071470_20221080.jpg

五龍岳がピンクに染まって美しい。ここぞというところにはミヤマアオイがあるこれはいけそうだ。
てなわけで9時には意欲満々で出発した。
色々考えてみたが、まずは昨日のポイントで2-3枚吸蜜シーンをゲットすることにした。
ポイントについて晴れてはいるのだが、気温がなかなか上がってくれない。待つこと一時間、結局チョウの姿を見ることなく、先週下見をしておいた糸魚川のポイントへR148を北上した。
まずは前回の真東に当たる林に入ってみた。
シロバナイカリソウ、ショウジョウバカマ、タチツボスミレが咲き乱れている。
a0071470_20224277.jpg

a0071470_2023339.jpg
a0071470_20231713.jpg

しかしシロチョウ一頭出てこない。
このころから雲行きが怪しくなったので、尾根続きの稜線まで林道を登ってみた。ちょうど糸魚川市街地を左右に分けるような位置にあり、北には日本海が見えている。
a0071470_20235173.jpg

林床にはタチスボスミレが咲き、まるでサトイモ科の観葉植物のように立派な葉をしたカンアオイが群落を作っていた。まことにいい感じである。
a0071470_20241547.jpg

ただ空模様はさらに悪化して日差しも心細いばかりになった。
すると足下から一頭の雄が飛び立った・・・・・
実に15年ぶりの新潟ギフである。
都合3回姿を見たが止まりそうになると、じゃまっけなヒオドシチョウに追われて飛び去ってしまった。
a0071470_20244555.jpg

雨がポツリと当たったので車へ引き返そうとしたとき、足下から飛び出して数メートル先に羽をひろげた。
すぐに飛び立ってしまったが、地面にへばりついた構図のみではあるが、なんとか3枚だけ撮影できた。
a0071470_202558.jpg

なかなかいいでしょ・・・・・
完全に雨降りとなったので再戦を期して撤退する。

帰途では小谷はずっと雨の中だったが、白馬村が近くなると薄日が射してきた。
朝方のポイントは光にあふれていい感じになっている。
昨日と同じように2頭の雄とおぼしきヒメギフが飛んでいた。
しかし風に乗って少しも止まってくれない。
とにかくタンポポとフキノトウ以外花がほとんど無いのでヒメギフも大変そうだ。
a0071470_20253528.jpg

結局帰りがけに枯れススキに潜り込んで吸蜜していた一瞬だけチャンスがあったが。
できあがりはご覧のように無様なデキとなった。
a0071470_20255835.jpg

しかし人間の眼にわからない、隠れたスミレの花に潜り込む能力はスゴイ・・・・・

どうもこの2頭は何かの拍子にフライングで発生してしまった気がしてならない。
まあこれからは晴れている限りは、仕事前にお昼休みにと頑張ってみよう。
by kmkurobe | 2007-04-08 20:26 | | Comments(24)