<   2008年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オナガシジミに満足-ムモンアカシジミの産卵。

昨年もそうだったがこの時期家族・や親戚が滞在するので<8月はなかなか更新ができないと思う。今年も同様の可能性が高いのでブログ仲間の諸氏にはよろしくお願いいたします・・・・
さて本日はお休み。朝方ミドリシジミとオナガシジミの撮影に出掛けてみた。
まずはミドリシジミ
a0071470_21223277.jpg

この池の奥がミドリシジミポイントである。
随分夏めいてガマの穂が大きくなってきた。
まずは叩きだしてみた。数頭の個体が降りてきた。
a0071470_21241220.jpg
a0071470_21242666.jpg

しばらくして戻ってくると、雄とA型の雌が開翅していた。
a0071470_21252868.jpg
a0071470_21254632.jpg
a0071470_21263655.jpg

さて直ぐ近くのオナガシジミのポイントに出掛けてみた。
a0071470_21292769.jpg

ミドリシジミのポイントからオナガシジミのポイントを望んでいる。正面が白馬三山。左手の五竜岳の下にオナガシジミのポイントが見えている。
a0071470_21311916.jpg

このポイントからは五龍岳が本当によく見える。このクルミでは確実に観察できるが個体数は極めて少ない。こんな感じでオニグルミに止まっている。
a0071470_21323142.jpg

本日はマクロも広角もいい感じで撮影できた。気に入ったところを続けて・・・・・
a0071470_21342996.jpg
a0071470_21344395.jpg

このカットは隠れたシルエットがオニグルミの覇に写っていた。
a0071470_21353072.jpg

本日一番きにいったのはこのマクロかな・・・・・
a0071470_21361213.jpg

うーん早朝からいい気持ちで撮影できた。うれしいな・・・・・
帰り道久しぶりの定点で撮影。心なしか秋の色が写っていた。
a0071470_21373666.jpg

午後少しだけ時間があったので外出時寄り道してムモンアカシジミのポイントに寄ってみた。やはりなかなか降りてきてくれなかった。ほんの数回だけチャンスが会った。今季ゼフ17号はムモンアカシジミ。
a0071470_21391367.jpg

2-3枚撮影しただけで舞い上がってしまった。
しばらく歩いていたら、発生木と思われるクヌギにムモンアカが止まっていた。
a0071470_21403645.jpg

しばらく見ていると腹端を曲げて産卵しているようだ。
a0071470_2141202.jpg
a0071470_21471825.jpg

写真としてはいまいちだが産卵を初めて観察できたので大満足の一日となった。
うーんこれは朝からでかけていろいろな生態を観察したい物である。
短い時間の滞在だったが、あちらこちらでオオムラサキが見送ってくれた。
a0071470_21433194.jpg
てなわけでしばらく更新できないかもしれないので、ブログ仲間の諸氏にはよろしくお願いいたしますね。
by kmkurobe | 2008-07-31 21:45 | | Comments(12)

昼休みの奇跡-オナガシジミ開翅

昨日からとにかくものすごい雷雨で、家が振動し映画館なみに重低音が腹に響く。
しかもアルプスにこだまするので、こりゃもうどうしようもない。
わが家の周囲でも落雷のためかなりの電気器具などの被害が出た。

そんな天気も昼頃には落ち着いた。しかしこんどは肌寒いほどの陽気である。
ほんの少しだけ時間があったので、昨日シソの茂みに潜り込まれた、オナガシジミのポイントに寄ってみた。

昨日のシソを見るが当然いない・・・・・
さてシバキ棒一撃・・・・・なんとまたまたオナガシジミが飛び出し下枝に止まった!
a0071470_1916582.jpg

うーん念願がかなった・・・・・と・・・・開き始めた・・・・・・
なんと半開翅だ。
a0071470_19175881.jpg

あらら・・・・・全開翅してしまったよ・・・・・
a0071470_19183753.jpg

なるほど尾状突起が長いんだ・・・・角度をかえるとまるでスティルス戦闘機のようだ。
a0071470_19194113.jpg

こうなったら撮りまくりである。
裏面が写る角度で。
a0071470_19202718.jpg

飛び上がり直ぐ上のコナラに止まった。
a0071470_19212622.jpg

この縦位置も裏面がいかにもオナガシジミという感じで満足の一枚となった。
ここでは綺麗なミヤマカラスシジミも観察できた。
a0071470_19232792.jpg


さて昨日の朝ミドリシジミの開翅を撮影に行った。
a0071470_19242859.jpg
a0071470_19244359.jpg
まずは数頭の叩きだしに成功。ねらいは綺麗な雄とAB型の開翅だ。
しばらく待っていたら雄が開翅を始めた。朝日の角度を考えて移動しながら撮影して構造色の変化を試してみた。
a0071470_192691.jpg
a0071470_19262098.jpg
a0071470_19263652.jpg

ファボのような色からだんだん緑が濃くなってきた。
a0071470_19271291.jpg

この角度の光線が一番ミドリシジミらしい色だと思う。右前翅にキズがあるのが残念ではあるがいい感じ。
この角度で広角で撮影してみた。
朝日を一杯浴びた下草に止まるミドリシジミは本当に美しい・・・・これはもう大満足。
a0071470_19294020.jpg

えー付録といっては何ですが、昨日と本日撮影できた吸水を2枚。
これはオオヒカゲの吸水。
a0071470_19305121.jpg
始めてみました。
ゼフは叩きだした直後良く吸汁するシーンを今年は体験したが、本日オナガシジミでも観察できた。
a0071470_1932338.jpg

うーん昨日今日と大満足である。昨日雷のためせっかく沢山飛び出したムモンアカシジミが撮影できなかったのが残念だったか、これは素晴らしい週末・開けだった。
うーん最終盤もがんばりましょう・・・・・
さて最後に昨日ハッチョウトンボの湿原で撮影した交尾中のイトトンボ。
a0071470_1937565.jpg
これおわかりになる方教えてください・・・・
明日は天気が回復するようだ。かなり成果が出たのでフジミドリでも覗いてみようかな・・・・・
明日天気になーれ・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-28 19:35 | | Comments(18)

山ゴマの季節-付ゼフ16号はオナガシジミ

ついに7月も後わずか・・・・・ハイシーズンもついに終わりになろうとしている。
締めくくりと言ってはなんだが、恒例の1600メートルのゴマシジミを撮影に行った。
a0071470_22274696.jpg

イマイチの天気だったがスケジュールも押しているので山を登った。
a0071470_2229569.jpg

こんな環境に発生している。
ここでは2種類の産卵植物が見られる。
a0071470_2230693.jpg

まだ花穂が小さいかな・・・・
こちらはそろそろかも・・・・
a0071470_2230582.jpg

ところでここのゴマシジミは全国でも有数の小型の個体である。
雌は産卵他撮影しやすいのだが・・・・・雄はなかなか撮影できなかった。
本日は雄のちっちゃくて、真っ黒な個体を撮影できた。
a0071470_22325198.jpg
a0071470_2233349.jpg
a0071470_22332357.jpg

ニガナと比べるとその小ささがわかると思うが・・・・・こりゃ小さい・・・・・
a0071470_22343128.jpg

雌も出ていた。古びた個体もいるのでどうも今年の発生は読めないな・・・・・
a0071470_22352928.jpg

本日一番好きな写真はこれ。
a0071470_2236829.jpg

いい感じで訪花が撮影できた。
ベニヒカゲも観察できたので、今年の夏は短いかも・・・・・・
さて本日念願の白馬産オナガシジミを撮影できた。
a0071470_22373821.jpg

ミドリシジミポイントの近くのお墓のクルミの木で発生していた。
ここは家庭菜園でもあり、ご覧のようにシソの株に潜り込んでしまった・・・・
うーんでもこれで16種だ・・・・・
何とかムモンアカも撮影したいな・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-27 22:39 | | Comments(10)

安曇野南下-ヒメヒカゲ

梅雨明け直後から猛暑である。道路脇では34とか35とか信じられない数字が並んでいる。
多少時間があったので、久々に安曇野の南の端まで行ってみた。
この時期に発生が始まるヒメヒカゲとムモンアカシジミがねらいである。
白馬は曇り空だったが、大町を越えると日が射してきた。
安曇野市まで来ると30度をはるかに越えてきた・・・・・・
それでも1680メートルの高原には涼しい風が吹いていた。
a0071470_21201273.jpg

昨年は発生が遅れて空振りに終わったので久しぶりの再会である。
車を止めてしばらく歩くと懐かしい姿があちらこちらに見られた。
a0071470_21215268.jpg

ちょうど最盛期のようで擦れた雄にまじって綺麗な雌が飛んでいる。
a0071470_2123515.jpg
a0071470_21231952.jpg

開翅を狙ったのだが気温が高くやっとこの程度。
a0071470_21235989.jpg

マクロ、広角と撮影したがどうもデキはイマイチだ・・・・・
a0071470_21245255.jpg

a0071470_21254115.jpg

この縦位置が本日一番のお気に入り。
a0071470_21262610.jpg

ここではアカセセリも発生していた。コキマダラセセリかなと?
a0071470_2127985.jpg

これはスジグロチャバネセセリ?かな。
a0071470_21482152.jpg
ムモンアカシジミのポイントまで30㎞ほど北上・・・・
ややフライングだったようで1頭だけ綺麗な赤が見えたのだが降りてきてはくれなかった・・・・
うーん1周早かったかな・・・・・
安曇野の北の端を西に向かい、オオムラサキのポイントへ。
今日こそ綺麗な雌を撮影したいものだ。
しかしとにかく暑い。ご神木には多数のオオムラサキが集まっているのだが、風通しの良い4-5メートル上の枝に集まって降りてこない。
仕方がないので周りを散歩してみた。
ルリ玉アザミが咲いていた。
a0071470_2133022.jpg

先週はまるで色づいてなかったが・・・・夏だ・・・・・
戻ってみると雌が来ていた。
a0071470_21411840.jpg

オオスズメバチが樹上に上がっていたので広角でも。
a0071470_21422135.jpg

本当に今年の暑い。

(おまけ)
さて夕方例の場所へ。三度いました。
a0071470_21442710.jpg
a0071470_21443785.jpg

うーんこれ病みつきになりそうだ。いつも同じ場所にいるのは、何かあるのかな。
飛び去るときのきらめきは本当に美しい。これのために**F1が欲しくなってしまう・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-24 21:46 | 生態写真 | Comments(22)

ヤッパリ綺麗!-ルリボシカミキリ再び

AB型の開翅ねらいで叩きだしはしたが、全く開いてくれなかった・・・・・
やはり気温、湿度、光線なかなか色々な要素があるようだ・・・・・
新地開拓で以前より目を付けていたハンノキの林に移動した。
ここはうまくすると背景に北アルプスが入る。
ものすごくがっんばったのだが、それらしいのは1頭出ただけ・・・・・
やはりハンノキがただ多いだけではダメのようだ・・・・・
さて昼休み。時間が少しあったので、カミキリが良く集まる場所を覗いた。
a0071470_19522062.jpg

よく見ると丸印の部分になにやら青い物が・・・・・・・・・
早々のルリボシカミキリとの再会だ。
a0071470_19534769.jpg
a0071470_19535964.jpg

今日はなかなかじっとしてくれなかったが、なんとかアップでも撮影。
a0071470_19543966.jpg

ここではきれいなヘリグロチャバネセセリが羽化していた。
a0071470_19552162.jpg

うーんしかし暑い。明日はすこし標高の高いところも見てみたいが・・・・

さて連休中に撮影したミドリシジミ以外の色々。
a0071470_19564451.jpg

ウラギンスジヒョウモンは白馬では一番出会う機会が少なかった。うれしい・・・・・
さて21日にハッチョウトンボの発生地を訪れた。
a0071470_19582578.jpg

真上から撮影してみたが、綺麗にリングボケが入った。

a0071470_2055582.jpg
このトンボ綺麗だったので撮影してみた。これなんでしょうかね?

オオヒカゲも数が増えて、ちょっとだけ開翅してくれた。
a0071470_19593387.jpg

青空バックではどうしても真っ黒になるので内蔵フラッシュを使用。
a0071470_2003067.jpg

このエルタテハは羽化直後で羽が柔らかだった。
さて最後にオオムラサキの雌を観察に出掛けた。
暑いので雄がパラパラ吸蜜しているだけだった。
帰りがけに割合新鮮な雌にアタックしている雄が・・・・
うまく撮影できたつもりだったのだが・・・・・やはり暗くてぶれてしまった・・・・・
a0071470_2025477.jpg

最後にちょっとだけ明るいところへ出てきたが・・・・・これでは・・・・・・・・・
a0071470_2033556.jpg

明日はお休みだ。なんとか天気も良さそうなので、少しだけ遠出してみようかと思っているが・・・・もっとも昼過ぎには戻らないと・・・・・・

しかし暑い。これでは何のためここに住んでいるのか・・・・・暑い・・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-23 20:05 | | Comments(10)

ミドリシジミはヤッパリ綺麗-雌もやっぱりいいね・・・・・・

昨日遠征で大戦果を上げられた、 フィールドノートのtheclaさんと大変おいしく・楽しいお酒をご一緒できた。またまた蝶ネタを持ち寄っての一杯は最高の味・・・・・
あの写真の掲載されること、楽しみに待ってますよ。

さてこの連休も近場のポイントをのぞきに行った。
ミドリシジミの個体数も増加してきたので、いろいろと考えて撮影できるようになってきた。
さてまずは雄の開翅から。
a0071470_194123.jpg

7時近くなって低い所に降りてきて日光浴を始めた。うーんやはり前上方からが一番光る。
この色はちょっと違う感じがするが・・・・・
アップでも。
a0071470_194249100.jpg

後方から撮ると黒ずんでしまうが、この色のほうがミドリシジミらしい気がする。
a0071470_1944478.jpg
a0071470_19442267.jpg

雌もあちらこちらで開翅してくれた。
a0071470_1945576.jpg

ぱっと見O型に見えるが、ここまでアップにしてみるとA斑もB斑もかすかに見える。
後翅の下部外縁にこんなに綺麗に青い鱗粉が乗っているとは思わなかった。
雌もやはり綺麗だ。広角でも縦横撮影してみた。
a0071470_1948329.jpg
a0071470_19481492.jpg

今度の個体は綺麗にB斑がでていた。これやはり綺麗・・・・・・
a0071470_19501740.jpg

アップで。
a0071470_19505191.jpg

この位置からの撮影狙っていた。本日一番好きな1枚を。
a0071470_19513162.jpg

他にもあちこちでミドリシジミがポーズをとってくれた。本当に楽しい朝になった。
a0071470_19524153.jpg
a0071470_1953158.jpg

いつもながら吸汁している個体が多い。
a0071470_19533792.jpg

他のも一挙掲載。
a0071470_19545146.jpg
a0071470_19551246.jpg
a0071470_19553495.jpg

当日撮影した他のゼフは以下の2種。まずはハヤシミドリシジミ
a0071470_19562062.jpg

雌はまだまだ新鮮だ。
ウラジロミドリシジミは雌が多くなってきた。まだまだ綺麗。
a0071470_19571636.jpg

うーん結構沢山撮影したもんだ・・・・・綺麗なAB型を狙って明日も行ってみよう・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-22 19:58 | | Comments(8)

15番目のゼフも最盛期-白馬のミドリシジミ

天気予報通り薄雲がかかっているとはいえ、まあまあの天気になった。
気温18度、湿度が本当に高い。
さてミドリシジミのポイントへついてビーティング開始。
次々と飛び出してくるが、なかなかいいところに降りてくれない。
a0071470_2034533.jpg
a0071470_20415.jpg

地表に近い草に止まるが、開翅する気配はまるでない・・・・・
a0071470_20535100.jpg
a0071470_206876.jpg

日差しが出てきたら高いところで雄が開翅を始めた。この位置では絵にならない・・・・・
a0071470_209383.jpg

同じ位置でもポジションを変えて300ミリで半開翅・・・・・・・・・
a0071470_20101626.jpg
なぜかファボの色になってしまった。構造色はほんとうに微妙で面白い。
そのうち最初に降りてきた2頭か゜次々と開翅を始めた。
きれいなO型。
a0071470_2011963.jpg

そしてこれはA型。
a0071470_20113679.jpg

飛び回っている個体にB斑の青が見える個体がかなり混じっていたが、残念ながら本日は撮影できなかった。明日も天気は良さそうだ。なんとかBとAB型の開翅を者にしたい・・・・
もちろん雄も前上方からの絵をゲットしたいな・・・・・・
a0071470_20142646.jpg

最後の広角での撮影では朝日がまぶしく当たっていた。ミドリシジミの翅裏面は本当に赤いんだ・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-19 20:25 | | Comments(4)

ハンノキの林の贈り物-ルリホシカミキリ

ルリボシカミキリ。虫が好きな人なら名前はともかくその姿は知っているはずだ。
けっして希少種ではないが、一度は間近で見たい種類である。
以前にも書いたが私はかって「カミキリ屋」であった。

デジタル写真を撮影するようになって、なんとか綺麗な写真を撮影したかったのだが、かなわず8年が過ぎた・・・・・

今朝はこの梅雨一番というひどい豪雨で、さすがに朝は出掛けられなかった・・・・・
昼前には雨もやんだので、直ぐ近くのハンノキの林に寄ってみた。

気温が高いのでミドリシジミは降りてきてはくれない・・・・・・
あきらめて林を離れようとしたら、今年初見のミヤマカラスシジミが1頭だけいた。
a0071470_20165228.jpg
ほぼ例年通りの発生である。
a0071470_2017746.jpg


ベニシジミもいて何度もどきっとさせられた。夏型を1枚。
a0071470_20175087.jpg

さて車を止めてあるところに薪が積んであった。昔の習性でこんな時はついつい周囲を1周してしまう。

なんと青いカミキリが図鑑のように止まっていた。
a0071470_20193396.jpg

それからは興奮して撮影しまくった。
a0071470_20201112.jpg
本当に美しい。
a0071470_21244775.jpg
a0071470_20205835.jpg

本日の一番好きなのはこれ・・・・・・
a0071470_20213031.jpg

GX-100の広角端で思い切り近づいた。
やはりマクロより深度が深いので立体的な甲虫にはいいような気がする。
ミドリシジミは撮影できなかったが、本当にすばらしい昼休みになった。
しばらくはやみつきになりそうだ・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-18 20:23 | 生態写真 | Comments(14)

今年15番目のゼフが発生-ミドリシジミ

とにかく暑い暑い。
a0071470_20165846.jpg
比較的標高の高い所を覗いてみたが、ヒョウモンばっかりだった。
やはりゼフは沢筋がポイントな気がする。
さて気になっていたミドリシジミのポイントを覗いてみた。
昨年ブログ仲間と覗いた場所だ。暑いのでまるで開翅してくれなかったが、雌を含めて沢山の個体が今朝羽化したようだ。
唯一の雄の開翅。
a0071470_2013477.jpg

100㎜ではこれが一杯・・・・・
雌があちこちに降りてきていたが、開いてくれない・・・・・
a0071470_2016145.jpg
a0071470_20161558.jpg

この蝶が出始めるとシーズンは終わり・・・・・・なにかもの悲しい感じがする。
そろそろオオヒカゲが出ていそうなので南下した。
途中の林道でアイノミドリシジミがテリを張っていた。
a0071470_2018399.jpg

たった1週間で擦れた個体が多くなった。それでも今年は随分ポイントが開拓できた。来年が楽しみである。
さてオオヒカゲの発生している高層湿原を覗くと。いつもの所に、いつものように飛んでいた。やはり「ちーっとも」止まってくれない。
a0071470_20201629.jpg
a0071470_2020281.jpg

しかし本当に撮影しにくい。300ミリを使えば良かった・・・・・
a0071470_2021551.jpg

羽化したばかりのようで綺麗な個体だ。
やっと1枚だけらしい写真が撮影できた。
a0071470_20215970.jpg

気温はどんどん上がりゼフの撮影は望めないのでキマダラモドキを撮影することにした。
今回は単独行動なので、広角でジックリ狙うつもりだった・・・・・・
個体数はそこそこいるので、なるべくきれいな個体を探す。
まずはマクロで。
a0071470_20245198.jpg
a0071470_2025958.jpg

思い切り近づいてみた。
a0071470_20254017.jpg

広角はやはり一脚を使った。この個体は本当にいいモデルになってくれた。こんなに近づいても大丈夫。
お気に入りの1枚。
a0071470_20265854.jpg

縦位置でもいけました。
a0071470_20273352.jpg

うーん満足。
さて最後にもう一つの目標である。オオムラサキの雌を撮影に。
しかしとにかく30度越えてまるで元気がない。
樹液に来るのは擦れた雄ばかりだった・・・・・・
a0071470_20292956.jpg

カブトの雌アオカナブンとほんとうににぎやかだ。
a0071470_20352066.jpg
夏のクヌギ林は楽しい。子供の頃のワクワク感がよみがえった気がする・・・・・・
こんなカミキリもいてうれしくなってしまった。
a0071470_20311447.jpg

キボシカミキリ。私の実家の近くではイチジクに多かったがここではなにを食樹にしてるのだろうね・・・・・・・
明日も暑いようだ。ミドリシジミの開翅に会いたい・・・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-17 20:32 | | Comments(12)

本日も・・・・・ゼフ

家の周囲ははや夏枯れの様相・・・・・暑い・・・・
目が覚めたので、またまたビーティングに出掛けた。
毎朝トレーニングのつもりで歩いたら、かなり減量できた。膝のリハビリのつもりなのだが、上半身の強化にもなったようで、なんと五十肩がほぼ完治した・・・・・うれしい・・・・・・
さていつものカシワの林についた。もうお目当ての木はわかっているので余裕をもって一撃・・・・・
ヤッパリでました。ウラジロミドリシジミ
a0071470_20592348.jpg

カシワのひこばえで吸汁。
a0071470_2101170.jpg

落ちてきた直後でもなぜかストローをのばすのは不思議だ・・・・・
広角で雰囲気を出してみた。
a0071470_211315.jpg

雌が開翅してくれた。綺麗な個体なのだがややキズがある。
a0071470_2115647.jpg

毎日みていたらエゾとハヤシの区別ができるようになった。
エゾの雄は明らかに小さくて、尾状突起が短い。
a0071470_2131645.jpg

やはりハヤシが個体数は一番多いようだ。
a0071470_2134575.jpg

a0071470_2135845.jpg

明日は天気も良さそうだ。少し高いところに登ってみたいが・・・・暑いだろうな・・・・・・
by kmkurobe | 2008-07-16 21:06 | | Comments(6)