<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんなのがでてきました・・・・初記録白馬のムラサキシジミ

じつは先日データの一部が飛んでしまった・・・・・・
しかも自分自身で間違えて消してしまったらしい・・・・・
2008年の1-3月。季節がらチョウのデータはないが、貴重なキツネの元データが無くなってしまった・・・・・うーん・・・・・ましかたないか・・・・・
てなわけでバックアップの重要性を再認識しました。
復旧を模索して「ファイナル・データ」なんぞをいじくり、いろいろなドライブを探索していたら、コンデジ時代の映像がでてきた。
ピンボケで手ぶれしていたので、どこかにうっちゃってしまっていたのだが・・・・・
a0071470_20302394.jpg

これどうしようもない写真だけど、ウラミスジジミ?の開翅。ムラサキシジミは分布していないはずなので、擦れたウラミスジだと思うのだけど。どちらにしても本当に珍しいと思うのだが・・・・・
今の機材だったらきっといい写真になっていたと思う・・・・・唯一この1カットとった後には飛んでいってしまった。
-ダンダラさんご指摘のようにムラサキシジミのようです。ただ食草のカシの類は全くないので、極めて珍しいと思います。ウラミスジはここではあちこちで姿が見られます。ほぼミズナラの純林です。
2005年7月17日。場所は何度もブログに載せた「紫陽花とジョウザンミドリシジミ」の近くだった。うーんもう一度再会したいものだ・・・・・
さてコンデジ時代に撮った写真に何枚か未掲載のものを。

このヒメシジミの斑紋異常個体。ススキの 葉に止まっているのはブログ何回も紹介したことがある。
牧草の穂に止まっているもので、そこそこピントが来ているのがあった。
a0071470_20381674.jpg

これは2006年6月21日となっている。
雨がかなり降っていて暗く、風も吹いていてほとんどぶれた写真ばかりだった。

前回のブログで山羊に破壊されたと紹介したポイントでのアサマシジミの交尾。
a0071470_20405340.jpg

このときは交尾終了までずっと観察できた。
その後、雄が開翅している。
a0071470_20415265.jpg

コンデジ500万画素だが綺麗に表現できたと思う。
この個体はブルーの乗りが広めで、ほんとうに綺麗な開翅をしてくれた。強く印象に残っている1棟だ。
同日撮影した雌は随分赤紋が強い個体がいた。
a0071470_20435535.jpg

昨年もなんとか細々と発生はしていたが・・・・今年も是非なんとか再会したいものだ。
山羊君たちよろしくおねがいしますよ・・・・

さて本日もSONY70-300Gでリスを。
a0071470_20462097.jpg
a0071470_20463473.jpg
a0071470_20465310.jpg

曇りの日陰での階調表現もいい感じ。うーん春が待ち遠しいな。
明日は久々の積雪の予報。なんとか降って欲しいものだ。来週は当地でのインターハイだなんとか成功してほしいと思うのだが・・・・・
by kmkurobe | 2009-01-31 20:50 | 生態写真 | Comments(8)

2008年回顧はブルー御三家。そして久々のカメラネタ

久し振りの快晴。定点からの五龍岳がまぶしい。
a0071470_20154327.jpg

昼休みに撮影した白馬三山。ご覧のように例年より積雪の量が少なく田んぼの畝が見えてしまっている。
a0071470_201691.jpg
うーん今年もシーズンインは早いのだろうか・・・・・・
さて2008年回顧編はブルー御三家。
よく見るとそれぞれ翅表は同じブルーでも感じが違う。何とか違いを表現できればと思うのだが・・・・・私のつたないテクニックでは到底及ばない・・・・研鑽あるのみかな・・・・・
ミヤマシジミは初夏から秋口の最終盤まで安曇野では広く見ることができる。
a0071470_20165245.jpg
雄はこんな感じで写すと一番らしい色になった。
半開翅ではどうしても裏面との階調が飛びすぎてしまってうまく表現できない。これは3種の中で一番光沢が強いせいかな・・・・
a0071470_20173561.jpg
a0071470_20175450.jpg
a0071470_20185853.jpg
雌はたくさん観察したのだがいわゆる低温型なるものは撮影できなかった。
a0071470_20182864.jpg
ただこの飛翔写真の雌は恐ろしくピカピカと輝いていたが、止まってはくれなかった。
ヒメシジミは白馬では6月第1週から発生。標高の高い所では7月下旬でも新鮮な雄が飛んでいる。
a0071470_20193192.jpg

通常はこんな感じに見えるが、1頭だけまるで高地型アサマシジミのような色をした個体がいた。
a0071470_20195599.jpg
たくさん観察したのだが、同じような発色の個体は無し・・・・・「粉っぽい」鱗粉の雰囲気がアサマぽい感じがする。
交尾は3種のなかで一番観察する機会が多い。
a0071470_20202094.jpg
今回はやっとアルプス背景に撮影することができた。
a0071470_20204678.jpg
この逆光で光る縁毛もなかなかいいでしょ・・・・・
今年なんと言ってもうれしかったのは皆さんが評価して下さった集団の開翅。
a0071470_20211994.jpg
同じ場所で撮影した雌もうまく撮影できたと思っている。
a0071470_20214741.jpg
さて最後にアサマシジミ。白馬では6月中旬から発生する。10年来観察していたポイントが山羊の放牧で壊滅状態になってしまったが、近くで新しい発生地を見つけることができた。
a0071470_20222576.jpg
a0071470_20223743.jpg
しかしこの種は本当に風前のともしび。かなり環境の変化に弱い感じだ。
a0071470_20231433.jpg

一番青い部分が少ない翅表は本当に表現が難しい。やはり曇りの日で緑の中が一番きれいに写すことができるようだ。

え-、雌は正直同定に自信がありません。発生地と時期で判断してます。もしも違っていたらご指摘下さいね。

久々のカメラネタです。
当方は2006年12月よりデジイチ導入。
望遠系は1987年製ミノルタ75-300F4.5-5.6から、初めて使ったデジタル専用レンズが、タムロンの70-300㎜F4.5-5.6マクロ。
これがなかなか良かった。2007年はほとんどこれ1本で撮影していた。絞り込んでいる限り解像度もそこそこだった。
鳥やリスのために古いシグマ120-400㎜F5.6-6.3等も引っ張り出してはみたが、これは解像度がイマイチ。
またシグマの300㎜F4は描写はきれいだが、重くてとてもフィールドでは使えない。
昨夏タムロンのレンズが使いすぎのせいか、AFが壊れてしまったので、SONY純正のSSM仕様の70-300㎜F4.5-5.6SSMG導入を検討していた。
人気のレンズでほとんどオークションに出てこなかったが、ここへ来て何点か出回るようになってきた。
フィールドではかなり荒っぽい使い方をするので、別に中古でかまわない・・・・・
つい先日、考えていたより随分安く、新品同様が、価格com最安値よりも2割引き近くでゲットすることができた。
a0071470_2025540.jpg

手持ちのα-700に取り付けてみたがかなり軽い!これなら十分使えそうだ。
問題は最短の撮影距離が1.2メートルとやや遠い事だけだが、とにかく体感ではAFがとてつもなく早く感じられる。
早速鳥の撮影をしてみた。
a0071470_20254463.jpg
このゴジュウカラはノートリミング。きれいに羽毛が描写できている。
そしてこのシジュウカラはかなりトリミングしている。
a0071470_2027325.jpg
これならかなりいけそうだ。雪の中のヤマガラ。こういう絵はなかなか飛んでしまうのだがこれならば。
a0071470_2030413.jpg

リス達もいろいろと試し撮りしてみたが、解像度はISO400でもかなりいい感じだ。
a0071470_20281488.jpg
a0071470_20361959.jpg
a0071470_20285388.jpg

70㎜ではこんな感じ。背景が綺麗にボケてくれた。
a0071470_20293974.jpg

同じ位置での300㎜端。
a0071470_20294996.jpg

α-700はAF・MF切り替えボタンが付いているので、これならゼフの飛翔もなんとか撮影できるかもしれない。
うーんギフチョウの季節が本当に楽しみだ。
by kmkurobe | 2009-01-29 20:32 | 生態写真 | Comments(6)

2008年回顧クモツキ・オオルリシジミ編

久しぶりに300キロ走って都会に出た。
大学の卒業30周年。我ながら歳をとったものである・・・・・
10年ぶりの旧友達は初老のオジサン・オバサンから30秒でかっての姿に変身・・・・・
楽しかったな・・・・・・

一つだけビックリしたことがある。それはカラーコーディネイト。
なぜか昔のイメージと同じ色遣いの多いこと・・・・・人間というのは本当に面白い物だ・・・・

さて本日はクモマツマキチョウとオオルリシジミを。
昨年2回トライして撮影できたのは1ペアのみ。それでも多くのブログ仲間の皆さんと楽しい撮影ができたのはうれしかった・・・・・

またオオルリシジミは当日移動して撮影できた。最近オークションに白馬村産オオルリシジミなるものが出ていたが、実際の所この辺りには記録があるのだろうか?
一山越えれば妙高、そして30キロ南は安曇野の発生地だった。

このときはハタザオにはなかなか止まってくれなかった。
a0071470_19574271.jpg

ヤマガラシには結構長い時間止まってくれた。
a0071470_19591045.jpg

背景に渓流を写し込もうとしたが・・・・この程度・・・・
a0071470_19595945.jpg

この角度ずっと狙ってはいたが、これだけしか開いてくれなかった・・・・
a0071470_200489.jpg

これは本年の目標である。
さてオオルリシジミは個体数が多かったので色々と考えながら撮影できた。
a0071470_20284.jpg
a0071470_2023148.jpg
a0071470_2025028.jpg

一番気に入ったのはこの2枚かな。
a0071470_2032890.jpg
a0071470_2034663.jpg

さてヒメシロチョウのいい写真が一枚出てきた。
a0071470_2042655.jpg

これは夕方で多分、休眠しているのだと思う。
木漏れ日にパステルカラーに染まって本当に綺麗に見えた。

さて本日のリス。
今日はまるでミーアキャットかレッサーパンダのようなポーズをとってくれた。
a0071470_2062798.jpg
a0071470_2063860.jpg
a0071470_206512.jpg

樹のまたで休憩。この角度で光りが当たると目が本当にきれいに輝く・・・・
a0071470_207583.jpg
a0071470_2081748.jpg

うーん段々と慣れてきたのはいいが・・・・・なにか餌付けされたニホンザルのような・・・・・
もう少し動きのある写真とってみたいもんだ・・・・・
うーん寒いが雪がちっとも降らない・・・・・明日は久しぶりに朝焼けでも撮りに行こうかな・・・・・
by kmkurobe | 2009-01-26 20:10 | Comments(10)

2008年回顧のヒメシロチョウ編と本日ののリスと鳥

積雪は依然増えない。たださすがに大寒。寒い・・・・・・
桜の幹に吹き付けられた雪が落ちないで、格好の餌台になってくれる。
まずはゴジュウカラ。ちょっといい感じである。
a0071470_1882650.jpg
a0071470_1884377.jpg

コガラは今年はたくさんやってくる。
a0071470_1891823.jpg

昨年1度も見ることができなかったのはどうしてだろう?
ヤマガラはやはりこの仲間ではカラフルである。
a0071470_18101287.jpg

この角度は初めて撮影できた。背中のラインがなかなか・・・・・
a0071470_1810572.jpg

昨年はこいつらと一緒にシメの群れがやってきたが・・・・・
a0071470_18113863.jpg

今年はまるできてくれない・・・・・
さてリス達は堂々と地表を走り回るようになった。
a0071470_1813658.jpg
a0071470_18131733.jpg

この個体はまるで相撲の立ち会いのように面白いポーズをとってくれる。
a0071470_1814624.jpg

さて回顧録本日はヒメシロチョウ。
これは半径50キロ以内にはいくつも発生地があるのだが、こと安曇野のなかではほぼここだけ・・・・・本当に貴重な発生地だと思う・・・・・大切にしなければ・・・・・
さて今年は開翅が春・夏型ともに撮影できたのがうれしかった。
まずは春型。
a0071470_18162833.jpg

夏型も。
a0071470_18165822.jpg

産卵はブッシュのなかで行われるのでなかなか撮影が大変・・・・
a0071470_18273912.jpg

このカットはなんとか卵が写ってくれた。
今年は夏場寒い日が続いたせいか、第3化がほとんど発生しなかった。
来年はとのような発生になるのだろうか・・・・GWが楽しみである。
そのほか気に入った写真を何枚か
a0071470_18193816.jpg
a0071470_18195426.jpg

で一番のお気に入り。逆光の吸水。
a0071470_1825160.jpg

イメージ通りのきれいなボケがでてくれた。
天気が崩れてきた。明日はおとなしくしていよう・・・・しかし寒い・・・・・
by kmkurobe | 2009-01-21 18:21 | Comments(14)

2008年回顧のギフチョウ編と最近のリス達

年明けてから何かと忙しかったり、体調もいまいち・・・・・なかなかブログの更新ができない・・・・・
諸兄の書き込みにも、ご返事できないまま随分すぎてしまった・・・・・・ゴメンナサイね・・・・・
さて本日は2008年回顧のギフチョウ編と最近のリス達のスナップを何枚か・・・・・
a0071470_19513564.jpg
さて連休明けの快晴。随分積雪量が増えたが、まだまだ例年の半分以下である。
とにかくまぶしい・・・・この日は冷え込んで-12度を超えていた。

さて2008年のギフチョウは随分とチャンスに恵まれたが、準備不足でなかなか思うような絵が撮れなかった。
残念だったのは、うまく交尾写真が撮影できなかったことだ。
2009年の最大の目標は交尾それもどちらかがバンドなら最高なのだが・・・・
もちろんバンドペア撮影かなえば、究極のギフチョウ生態写真となるのだが・・・・・・

私が得意としているフィールドはスミレが多く、吸蜜写真のほとんどはスミレの訪花だ。
2008年第1号は糸魚川産。
a0071470_19521188.jpg
前回アップしたヒメギフチョウと同日に撮影できた。
今年も同日両種撮影を狙って、4月の初めは姫川を上り下りすることだろう。
この広角は久し振りに撮影できたカタクリ吸蜜。別荘地の空き地の群落に来ていた。
a0071470_19523335.jpg
今のみそら野の典型的な発生地だ。

この周辺に何度も通っていたら、何度かチャンスがあり。
a0071470_19541360.jpg

ノーマルでは何枚か良い感じに撮影できた。
a0071470_1953165.jpg
このアズマイチゲでの吸蜜は、初めて撮影できたが、イマイチ深度が浅い。これも本年の目標だが薄暗い林床なのでなかなかうまく光量が確保できない・・・・うーん大変だ。
同場所でのバンドのカタクリ吸蜜。
a0071470_19532818.jpg
滅多にないチャンスでブログ仲間のすばらしい写真を見るにつけ、テクニックのなさを痛感する・・・・
-虫林さんホント恐れ入りましたよ。あのバンドは最高の一枚でしたね。今年もあそこで頑張りましょう・・・・・
今年はこの後何回もバンドに巡り合うことができた。
a0071470_19535022.jpg
これは羽化直後まだフニャフニャの状態を広角で撮影できた一枚。
a0071470_19543815.jpg
そしてこれが今年一番気に入っているバンド写真。これは昨年度自分ではベストスリーに入る・・・・・
最後に産卵を。
a0071470_19563046.jpg
今年は何とか環境を写し込もうと、マダニにたかられながらの撮影・・・・・
a0071470_19564648.jpg
発生末期の産地の環境が写し込めたと思っている。それにしてもミヤマアオイの新芽の小さいこと・・・・・
肉眼ではどこに産んでいるのか、よくわからなかった。最後の撮影は高標高のブナの林。まばゆいばかりに、ブナの新緑の下、林床は雪解け直後。ブナの落ち葉の上で羽化直後の個体を。
a0071470_1957677.jpg
もう数ヶ月でシーズン・イン今年も良い出会いがありますように・・・・・

では最近のリス達のスナップ。
a0071470_19593642.jpg
a0071470_19595059.jpg
a0071470_20087.jpg
a0071470_204045.jpg
3-4頭がご訪問になるのでえさ代もばかにならない・・・・・
a0071470_2004384.jpg

それでもこんな可愛いポーズをとってくれると・・・・・うーん今度のお休みにまたヒマワリの種、買いに行こう・・・・・
by kmkurobe | 2009-01-19 19:59 | Comments(6)

冬の話題-2008年回顧

本来なら昨年の内に2008年の総括をするべきだったのだか、何かと更新できなかったので、とりあえずオフシーズンネタで・・・・・・
本日のネタはこれ。
a0071470_22382317.jpg

ここは白馬で一番最初に発生するポイント・・・・・
何とか北アルプスをバックに飛翔写真を撮りたかった。
ここは4月の第1週から発生を始めている。

遠くに見えるのは五龍岳から鹿島槍ヶ岳にかけての稜線だ。
これはフルサイズで100㎜見当で撮影している。
背景にアルプスを入れるこれが深度的にはいっぱいいっぱいかなと・・・・・
今年はなんとか同じ場所で、コレ・・・・というの撮影したいものです・・・・・
ついでに同じ場所でのタンポポ吸蜜。
a0071470_22443919.jpg

と産卵。
a0071470_22481341.jpg

2008年度最初のヒメギフ。
a0071470_2245527.jpg
これ4月始め・・・・・・
この写真お気に入りです。
by kmkurobe | 2009-01-10 22:49 | | Comments(14)

久々の冬型

太平洋側も雪とのこと。久々の冬型がやってきた。
a0071470_20512685.jpg

こうなると何も見えない・・・・・・
さて昨日の続き。わが家の来訪者達。
まずはコガラ
a0071470_20524764.jpg

昨年は一度も観察できなかったのてに、今年は数が多い。
a0071470_20541162.jpg

シジュウカラは今年も沢山来てくれる。
a0071470_2055894.jpg

ヒガラのこの角度は初めて撮影できた。なるほどシジュウカラとは違う。
キツツキではコゲラが来てくれた。
a0071470_20564930.jpg


今年もリスたちがにぎやかだ。
a0071470_205796.jpg
a0071470_20572513.jpg

アップで見ると耳の毛がふさふさになっている。
a0071470_2057438.jpg

いつもの枝でポーズ。
a0071470_20585151.jpg

今年も楽しませてくれる。
連休は吹雪の予想。久々に鳥たちをジックリと観察することになるかな・・・・・
寒い寒い・・・・外はかなりの降りになってきた。
a0071470_210372.jpg

by kmkurobe | 2009-01-09 20:59 | 安曇野 | Comments(6)

冬の訪問者-鳥たち

年末年始の喧噪も彼方へと去り、やっと落ち着いた時間が戻ってきた。
年末より愛犬の通院と、いささか体調が悪かったのでなかなか更新できなかった・・・・・
うーん・・・・ここは気合いを入れて撮影してみよう。
さて本日は年が明けて一番の上天気。
今年になってからほとんど積雪がないのであちらこちらにブッシュが見え始めている。
まずは本日の定点。
a0071470_19575981.jpg

例年より張るかに積雪が少ない。
白馬三山を撮影しに、昨年最後に蝶の撮影をした松川の川原から。
a0071470_201251.jpg

鳥たちもわが家を訪れてくれる数が増えてきた。
まずは定番のカラの類。
ゴジュウカラはせっせとヒマワリの種をしまい込んでいた。
a0071470_2035771.jpg

ヒガラはこの数年、一番個体数が少なかったが、ここのところよく姿を見せてくれる。
a0071470_2083832.jpg

定番のヤマガラも。
a0071470_2092934.jpg

だんだんと鳥の種類も数も増えていくことだろう。
まずは今年のブログも無事発信・・・・・・
今年もよろしくお願いします。
by kmkurobe | 2009-01-08 20:12 | 安曇野 | Comments(4)