<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

本日はやや薄日がさすが・・・・・・・・・

週末は天気が悪く、週明けは回復・・・・・・悪い流れが続いている。
本日は薄日が射している。山間をうらめしく眺めながら仕事をしていた・・・・・
どうにもガマンができないので、お昼休みにミヤマシジミを覗いてきた。
数頭しか確認できなかったが、クモガタヒョウモンも観察できた。
季節は確実に進んでいるようである。
さて綺麗にミヤマシジミの雄が開翅してくれた。
a0071470_19254935.jpg

半開翅でも。
a0071470_19264244.jpg

この雌は青紋がやや出ていた。
a0071470_19271834.jpg

さて5月をもってギフチョウシーズンも終わり。今年は4月5日のヒメギフチョウから、高標高の山ギフまでほぼ2ヶ月楽しむことができた。
ヒメギフチョウ、ギフチョウ共に吸蜜・交尾・産卵と撮影できたので、それなりに成果もあった。
暖冬の影響でやや早い発生となったが終わってみれば平年並みと行った感じのシーズンだったような・・・・・
さて恒例の企画で締めくくろう。
a0071470_1932363.jpg

by kmkurobe | 2009-05-30 19:33 | 生態写真 | Comments(10)

雨の日のブルーは美しい-オオルリシジミ

とにかく寒い・・・・・しかも小雨が降っている。
予定していたオレンジ観察はとても無理だ・・・・・・・・・
雨の日にはブルーの発色がいい・・・・・・
前回開翅が撮影できなかった、オオルリシジミ似合うため、南下した。
クロツバメシジミの発生地にも寄ったのだが・・・・・寒くてたたき出さないと飛んでくれない・・・・・
ヌルデにきれいな雌のミヤマシジミが止まっていた。
a0071470_202475.jpg
a0071470_19464931.jpg

開翅もやはり曇りが似合う。
a0071470_1947347.jpg

a0071470_1953192.jpg
クロツバメシジミもいるにはいるが・・・・・あまりきれいな個体は見つからなかった。
a0071470_19522093.jpg
a0071470_19483386.jpg

ばたばたと大きな音がしたのでびっくりした。
振り返るとキジのペアが歩いていた。
a0071470_19494817.jpg

雌はずいぶん小柄なんだね・・・・・
さてオオルリシジミの発生地に着いた頃には、空は今にも泣き出しそうだ・・・・・・
最初にアサマイチモンジがいた。久しぶり・・・・・・
a0071470_19515765.jpg

雨の日のオオルリシジミは本当に綺麗だった。
a0071470_19544687.jpg

しばらく粘っていたら、一瞬風が小やみになった・・・・・
あっちでもこっちでも開翅が始まった。
まずは雄の開始。
a0071470_19562053.jpg

雌はクローバーに止まった。
a0071470_19565762.jpg

雄が2頭ハルジョオンで吸蜜・・・・・
a0071470_19574996.jpg

うーん本当にきれいだね・・・・・
週末はなかなか天気が回復しないようだ・・・・・うーんどうしようかな・・・・・・
それにしても5月に入ってほんとうに雨がおおいよね・・・・・・残念・・・・・・
PS.先日撮影したギフチョウの卵に再挑戦。
a0071470_19595994.jpg

裏面から撮影したら、表面の卵が透けて見えた・・・・・
by kmkurobe | 2009-05-28 20:00 | 安曇野 | Comments(6)

飛翔一発勝負-ウスバシロチョウ

えー天気はいいのだが朝から雲行きが怪しい・・・・・
a0071470_048362.jpg

今日は古いミノルタの単焦点24㎜F2.8というのを使ってみた。
35㎜見当になるので定点もちょっと違う感じだ・・・・・
シグマ17-70㎜は、距離ダイヤルにテープを張らないとずれてしまうので、試しに使ってみた。
a0071470_0555775.jpg
ここの田圃の畦の上を飛ぶと、白馬三山に浮かんだ飛翔写真が撮影できる。
1枚だけ満足の一枚が・・・・・怪我の功名か・・・縦位置でほとんどノートリで写っていた。
a0071470_0533126.jpg

うーん現在の小生の実力では、せいぜいこの程度かな・・・・・
明日はどうやら寒くなりそうである・・・・・・オレンジの夢もはかなく消えそうな・・・・・・「あーしたてんきになーれ・・・・・」
by kmkurobe | 2009-05-28 00:55 | | Comments(4)

いよいよギフチョウシーズンも本日でおしまい。

先日ミヤマアオイの表面に産卵されたのを掲載したが、栗田氏が随分関心を持たれたので、仕事前に再度撮影によった。やや銀色がかってだんだんと成熟してきたようだ。
a0071470_1813174.jpg
↓の部分に産卵されている。
この小群落はよほど条件がいいのか、あちらこちらに産卵してあった。
表面には11卵。
a0071470_18133615.jpg
a0071470_18134894.jpg

裏面にはなんと27卵が産卵されていた。
a0071470_1814676.jpg
多分2回に分けてだと思うが。
ギフチヨウで1枚のミヤマアオイに約40卵というのも記憶にない。

晴天も今日までとのこと。お昼休みは景色の良いところで、お弁当・・・・・
a0071470_18142616.jpg

この向こうはかなりの崖。高いところの嫌いな小生には撮影するだけでドキドキである。
ヤマツツジでセセリチョウが吸蜜していた。
a0071470_18144690.jpg
ミヤマセセリだ。
まあギフチョウが飛んでいるのだからおかしくないか・・・・・・
期待したきれいな雌は見られず。でもあちらこちらで吸蜜してくれた。
a0071470_18151397.jpg
ツツジでは季節が合わないので、初めて撮影できた。
これでは寂しいので先週掲載できなかったのを色々。
a0071470_18173182.jpg
a0071470_18174861.jpg
a0071470_1818112.jpg
a0071470_18182981.jpg
こうやってみるとなかなかきれいなのも混じっている。もう少し欲をかけば良かったかな・・・・・イエローバンドが多いような気がするが、多分撮影者の思いこみでシャッターを押す機会が多いのだろう。スミレに吸蜜に来るのは本当に難しいね。陰になった部分がどうしても潰れてしまう。
a0071470_18185254.jpg

点のようにしか写っていないが、藪をかき分けた先に空から舞い降りてきて止まった。
a0071470_1819992.jpg
このカタクリ吸蜜はきれいな個体だが、暗い所なのでほとんどがぶれてしまった。残念。
産卵直後の休止。
a0071470_18192627.jpg
背景に飛行機雲が写っていた。それにしてもまるで日陰のない所に産卵するものだね・・・・人間は暑さでまいってしまった・・・・・・

a0071470_1820912.jpg
山を下り始めた先に、きれいなキマダラヒカゲが日光浴をしていた。うーんここには「ヤマキマ」しかいないと思うのだが。
a0071470_18203062.jpg
①ズレが大きい。
②内側にずれない。
③白点が目立つ。
以上からヤマキマダラヒカゲだと思われる。
自分では今まで①で判別していたが、皆さんのブログを見て自信がなくなってしまった。
いよいよギフチョウシーズンも本日でおしまい。今年も色々と楽しませてくれた蝶たちに感謝感謝である。
by kmkurobe | 2009-05-26 18:20 | 生態写真 | Comments(14)

悪天候の中またも周遊してしまった・・・・・

本日はしっかりと雨の朝・・・・・
実はブログ仲間をお誘いして、またも安曇野周遊をしてしまったのである・・・・・・
このどうしようもない撮影にお付き合いいただいたのは、撮影日記のダンダラさんご夫妻と、虫林花山の散歩道の虫林さんだ。

お三方こんな雨の中引っ張り出して本当に申し訳ございませんでした。

明け方まだ降っていた雨も小やみになった頃、お三方と合流した。
またも高標高の湿地までヨタヨタと登る。
a0071470_22323914.jpg
さすがに蝶はなにも飛んでいなかったので、先日産卵を撮影した当たりで、ギフチョウの卵を探してみる。
a0071470_2231537.jpg

こんな感じであちらこちらに見つかった。
うーんそろそろここも終了かな・・・・・
天気も回復しないので山を下ることにした。
午後は南部を転戦するつもりだったので、帰路GWに皆さんと撮影したギフチョウの発生地に寄ってみた。
ここでもあちらこちらに産卵してあった。
a0071470_22382270.jpg

これは葉の裏に20卵以上産んであったばかりでなく、ご覧のようにミヤマアオイの表面にも産卵されていた・・・・こんなのあまり見たことないよ・・・・・・
そのうち一瞬雲が切れたら、とたんに1頭のギフチョウが産卵を始めた。
4人で激写する。
a0071470_22411467.jpg

産卵後の休息。
a0071470_2242946.jpg

これはノーマルタイプのようだ。そうこうしていたらもう1頭産卵態勢に入っていた。
a0071470_22431570.jpg

これはイエロー・バンドのようだ。
この個体なんとか産卵を撮影しようと追いかけているうちに・・・・・・
なんと目の前でクモの巣に・・・・・
a0071470_22445368.jpg

クモの毒牙から間一髪で救出できたようで、クモの巣をほどいてやると、よたよたながら飛び去っていった・・・・是非是非よいバンドの卵を産んでもらいたい・・・・・・
食事のあと南下してクロツバメシジミのポイントへ。
小雨がぱらつく中、元気に飛び回っていた。
a0071470_2249374.jpg

画面で見ると随分水滴がついているが、クロツバメシジミたちは元気だった。
a0071470_2250297.jpg
a0071470_22503840.jpg

ここではイブキジャコウソウにミヤマシジミが来ていた。出始めの雄が本当にきれいだ・・・・・
a0071470_22513011.jpg
a0071470_22514485.jpg

最後にオオルリシジミの発生地へ移動。
雨足が強くなってきたが、あちらこちらで休止していた。
a0071470_22525171.jpg


a0071470_22545121.jpg

この写真が一番雰囲気が出たような・・・・・クララの群落の向こうに水面が見えている。
いよいよシーズンも佳境をむかえる・・・・
きっと来週もどなたかとご一緒できる気がする。
こんどこそ最高の天気をお願いしたいね・・・・・
あしたはやはりお休み明けの「上天気」のようだ・・・・・
by kmkurobe | 2009-05-24 22:48 | 安曇野 | Comments(13)

久々の安曇野周遊へ

昨日ほどではないが、晴天!
a0071470_21143020.jpg
久々の1日まるまるのオフ!!!
本日の出動8時から17時。
走行距離200㎞あまり。標高差約900メートル。
本当にいい年をして何をやっているのだろう・・・・・・
昨日まで通った高標高のギフチョウ発生地のさらに奥へ・・・・・藪こぎ疲れた・・・・・ブヨがすごいよ・・・・・
手袋をしていなかったので、そこいら中に棘が・・・・・・・・
熱中症にかかりそうになりながら下山・・・・・
南下、周遊・・・・・撮影枚数約20ギガバイト・・・・うーん疲れた・・・・・
そんなわけでさわりをいろいろ。説明ほとんど無し・・・・・疲れた・・・・・
a0071470_21193725.jpg
a0071470_21195463.jpg

以上ブナ林の林床で日光浴。
まだまだ春真っ盛りの発生地では。こんなに綺麗な個体も。
a0071470_21213693.jpg

特筆ものの雌。とまっているのは水芭蕉!
a0071470_21222028.jpg

残っていたカタクリで吸蜜。
a0071470_2123538.jpg

産卵もしてました。地面すれすれで見えないよ・・・・・
a0071470_21254337.jpg

体力の限界で11時に下山。南下。
a0071470_21263769.jpg

ヤッパリこれは見たいです。
産卵もしていた。
a0071470_21274989.jpg

ミヤマシジミも一気に発生。
a0071470_21292233.jpg
a0071470_21293815.jpg

よせばいいのにクロツバメシジミのポイントにも寄った。16時を過ぎていた。
以外に飛び回っている・・・・・なかなか止まらないよ・・・・・
a0071470_21304544.jpg
a0071470_21311735.jpg

さいごのおまけにこれ。まだ若いかな・・・・・
a0071470_21315018.jpg

うーん。しばらくネタには困らないが・・・・・これは撮影依存症になったかも・・・・・・
明日からは雨の予報。とりあえず軽く祝杯をあげよう。それにしても疲れた・・・・・
by kmkurobe | 2009-05-21 21:33 | 安曇野 | Comments(28)

ウスバシロチョウの飛翔にトライするも・・・・・

本日も抜けるような快晴。
a0071470_17421945.jpg
風もほとんど無くて、田植えの終わった田んぼに白馬三山が写っている。
ウスバシロチョウの数が増えてきた。
a0071470_17424119.jpg
ちょっと早めに家をでて、飛翔写真に挑戦する。
まるで距離感つかめず・・・・・しばらくトレーニングしなければだめだね・・・・・
100枚くらい撮影したのだが、これというのは無い・・・・とりあえずまともな数枚を・・・・・
a0071470_17425276.jpg
a0071470_1743174.jpg
昼休みやや早く仕事に区切りがついたら、またムラムラとよこしまな考えが浮かんできた・・・・・
気が付いたらまたもブナ林に立っていた・・・・・
a0071470_1743225.jpg
昨日に比べて気温が高いので、まったく止まってくれない。
a0071470_17433728.jpg
このようなブナ林の木漏れ日の中を、縫うように飛んでいる。
a0071470_17443192.jpg
2週間前ならカタクリが随分たくさん咲いていたはずだが、葉も茂ってしまい花もまるでない・・・・
やはりこの蝶は雪解けのタイミングで随分発生時期が変わるようだ。
a0071470_1744126.jpg
a0071470_17441270.jpg
2006年なら多分ほんの出始めだったろう。
明日も晴れの予報だ・・・・・お休み・・・・・うーん遠足前の気分・・・・・どこへ行こうかな・・・・・・
a0071470_17453358.jpg

by kmkurobe | 2009-05-20 17:40 | 生態写真 | Comments(4)

久々の神風撮影-ギフチョウ

朝から恐ろしくいい天気である。
仕事前に近所を一周してみたが、さすがに蝶の姿はない・・・・・
ウスバシロチョウの飛翔を狙ったが、まだまだ狙いのポイントでは個体数が少ない。
少しだけ仕事が早く終わったので・・・・・決断した・・・・・
往復に車で1時間・・・・なんとか30分位は撮影できるのではないかな・・・・・・
a0071470_19185019.jpg

落石ゴロゴロだった・・・・・ヒヤヒヤしながらやっとの思いで目的地に着いた。
ここから見る白馬三山は大好きである。
a0071470_1919575.jpg

ブナの若葉がすっかり茂っている。昨年来たときよりは季節が進んでいるようで、カタクリの花は当の昔に終わっているようだった。
少しくだったところに、ブッシュに隠れるようにして、斜面にスミレの群落があった。
林床に積もったブナの落ち葉をかき分けるようにスミレが咲いている。うーん良い感じだね・・・・・
a0071470_19243444.jpg

ボロボロの個体から新鮮なのまで、吸蜜タイムのようだ。
a0071470_19363452.jpg
スミレの丈が短いのでなかなかいいアングルがとれない・・・・・
短時間で乱写したが、やはり時間にせかされているとダメだね・・・・・
a0071470_19262421.jpg
a0071470_1927243.jpg
a0071470_19271290.jpg

ご覧のようにバンドっぽい個体が多い。
他の写真を見てみてもプチバンド級の個体が多いようだ。うーん不思議だね・・・・・
イマイチの画像だけど他の個体も。
a0071470_1930018.jpg
a0071470_19301256.jpg
a0071470_1931952.jpg
a0071470_19311955.jpg
a0071470_19313486.jpg

こうしてみるとどの個体もそんな感じが・・・・・・来年が楽しみだ・・・・・・
by kmkurobe | 2009-05-19 19:36 | | Comments(10)

初夏の一日

明け方まで台風並みの強風が吹き荒れ、別荘地のあちらこちらで、一抱えもあるアカマツが折れ、道路上は足の踏み場もないように小枝で敷き詰められた。
眩しいような朝だ!定点から。
a0071470_211396.jpg

近くのギフチョウ発生地を一回り。既に産卵を終え、余生を送っているような雌が飛び回っていた。
あちらこちらのミヤマアオイにはそこそこの産卵が観察できた。
うーんこれで今年も一段落だな・・・・・・
ウスバシロチョウの数が増えてきた。
a0071470_21154011.jpg

向かって左手には白馬三山が見えているのだが、90度回転してはくれなかった・・・・・・
ちなみに右奥の青い屋根の近くに定点はある。
吸蜜植物が少ないので、タンポポで吸蜜していた。
a0071470_2117958.jpg

明日も快晴の予報。アルプスバックの飛翔の準備を始めなければ・・・・・・・・・
帰宅途中白馬三山が夕焼けしていた。
a0071470_22185198.jpg

by kmkurobe | 2009-05-18 21:17 | | Comments(0)

雨の日曜日・・・・・寒い寒い・・・・・・

天気予報は本当に良く当たる・・・・・ということは木曜日も・・・・・・
とにかく寒くて、ロケハンに出る気にもならない・・・・・・
先週撮影した写真をいろいろと。
a0071470_10574238.jpg

白馬と安曇野では50㎞ほどしか離れていないが、とにかく気候が違う。
この常念岳の見える当たりには、白馬ではまったく撮影できないクロアゲハやジャコウアゲハに出会うことができる・・・・・予定だったがあまりにもくてだめ・・・・・・
ほとんど蝶が飛んでいない。
a0071470_1103461.jpg

ツバメシジミの雌をやっと見付けた。これはGレンズ使用。大分慣れてきたのこのサイズの蝶でもある程度ボケをコントロールできるようになってきた。
a0071470_1134991.jpg

これはキビタキかな。野鳥も慣れてくるとピントが合わせられるもんだ。
帰路あちらこちらのクロツバメシジミの発生地に寄ってみたが、どこも擦れた個体が多かった。
やはりGW後半には発生していたようで、「北の安曇野PHOTO DIARY」の池田の太陽さんによればミヤマシジミも発生しているようだ。
a0071470_1174677.jpg

a0071470_1111502.jpg
この白い花はグミの類かなと思うが、あちらこちらで咲いていた。
開翅もなんとか。
a0071470_11101091.jpg
a0071470_1110236.jpg
午後4時近いので、どうしても赤っぽい発色になってしまうが、そこそこ新しい個体で、裏面もやや茶色がかっていた。
広角でも撮影してみた。雨上がり空の色が綺麗だ。
a0071470_11123618.jpg
a0071470_11124851.jpg

さて雨の午後はどうしようかな・・・・・・カメラのメンテナンスもしなければね・・・・・
by kmkurobe | 2009-05-17 11:14 | | Comments(8)