<   2010年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

暑い-蝶もお昼寝

天気予報に寄れば、お昼頃に晴れ間が見えるとのこと。
今年もメスアカミドリシジミの開翅を撮影しようと、朝方撮影地を整備した。ノコギリと剪定ばさみで小枝を払い、垂木と番線で脚立をセット。一応、ひとたたきしてみたが、何にも飛び出さなかった・・・・・
このあたりに、この数年住み着いているキジ一族の末裔だろう。
a0071470_15571061.jpg

改めて、写真にしてみると本当に綺麗な鳥だね。

予報に反して気温はどんどんと上がり、年に何回も使用しないエアコンを使うこととなった。
外へ出たら、灼熱の太陽がギラギラ・・・・・・
張り切って撮影地へ出かけたものの、こりゃ暑すぎてだめだ、蝶がみな木陰で休止している。
お目当てのメスアカミドリシジミはまったくテリを張らず、すぐに撮影しにくい木陰に入ってしまう。
結局証拠写真だけ。
a0071470_1642822.jpg

それでもがさがさやっていたら、今シーズン当地初見のホシミスジが観察できた。
a0071470_1612340.jpg
雌雄一度に羽化したようで、あちらこちらでもつれ合っている。
やっぱり暑すぎるようで、すぐに木陰に入ってしまう。コントラストが強い背景でモノトーンの蝶。
最悪の条件だったが、なんとか表裏撮影する事ができた。
a0071470_1625243.jpg
a0071470_163944.jpg

ウラゴマダラシジミは最盛期のようで、雌雄ともに数が増えてきた。
a0071470_1653820.jpg
a0071470_1655653.jpg

こちらも撮影しにくい場所ばかり止まる。
やっと透過光が当たる場所に出てきてくれた。
a0071470_1671389.jpg

しばらく待っていたら、じわっと開翅してくれた。
a0071470_1675741.jpg

うーん蝶の撮影は本当に条件が難しい。
本日観察できた蝶は他に、モンキチョウ、ヒメシジミ、アサマシジミ、ルリシジミ、ルリタテハ、フタスジチョウ、ヒメキマダラセセリ、ウラギンヒヨウモン。
by kmkurobe | 2010-06-30 16:08 | | Comments(8)

久々の再会-ゴイシシジミ

ゴイシシジミ自体は特別に珍しい蝶では無いと思う。ただ当地では2000年に一度観察したきりまったく姿を見たことがなかった。そんなわけで、昨年、原村や開田で撮影できたときは本当に嬉しかった。
さて昨日ゼフ1号、2号が撮影できたので、いよいよ定時、定点観察の日々となった。
まだまだ早いと思いながらコナラを叩くと小さなシジミチョウが舞い降りてきた。それも複数・・・・・
どきっとしたが、よく見ると懐かしい姿が。
a0071470_16125699.jpg
実に10年ぶりの出会いである。
風に驚いて飛び上がり、近くのクマザサに着地。
a0071470_1614745.jpg

ありゃありゃ、葉裏になにか見えるね。
近くの葉の裏側にはこんなに。アブラムシが・・・・・
a0071470_16145830.jpg

いつの間にか、発生地として十分の条件が整っていたようだ。昨年までまったく見なかったんだけどね・・・・・
結局、本日もウラゴマダラシジミとメスアカミドリシジミだけ。
a0071470_16165335.jpg

a0071470_1617844.jpg

ちょっとだけグリーンが見えた。
a0071470_16173747.jpg

多少時間があったので、近場のアサマシジミの未発生だった雌を捜してみた。
いたいた。
a0071470_1619218.jpg
a0071470_16191615.jpg

光線の具合がいいので、頑張って雰囲気を出してみた。
a0071470_1620731.jpg
a0071470_16202261.jpg
a0071470_16203229.jpg
a0071470_16203950.jpg

以上ミノルタ87年製100㎜マクロ+α-350。
G11でも撮影してみた。
a0071470_16214916.jpg
a0071470_1621571.jpg

やはりROWで現像しても随分絵作りが違うようだ。
個人的にはG11は綺麗だけどなんか落ち着きがない感じがする。
それでも高感度解像度はGXRに比べて引き出しやすい気がするね。
by kmkurobe | 2010-06-29 16:26 | | Comments(6)

号外-ゼフィルス、シーズン・イン

昨晩から当地域は大雨洪水警報、雨音は激しく、近くの水路もすさまじい音をたてて流れていた。
朝8時を過ぎると小雨程度に回復し、時々日差しも見られるようになった。
昼休みにいつもの場所を覗いてみる、そろそろメスアカミドリシジミもしくはウラゴマダラシジミがシーズン・インを告げてくれるはずだ。
a0071470_15134163.jpg

林の中にはいると、なにやら白っぽいゼフが飛び出した。ウラクロシジミかとどっきりしたが、ここは順当にゼフ第1号はウラゴマダラシジミ。
a0071470_1575144.jpg
ここ数年の初見は2007年は6月26日メスアカミドリ、2008年は6月21日ウラゴ、2009年は6月24日2種同時となっている。まあそれなりに季節は追いついてきたのだろう。
毎年メスアカミドリシジミがテリを張っている場所を覗くといたいた。
a0071470_1585820.jpg

個体数がまだ少ないので、なかなか下の方へは降りてきてくれない。
a0071470_1595013.jpg

ハチが近くを飛んだのでやっと羽を立ててくれてた。
a0071470_1510586.jpg

しばらく粘ったがV字開翅してくれるのはほんの一瞬だけ・・・・・・
仕方がないので、シバキ棒で刺激しておいて撮影。
a0071470_15121735.jpg
a0071470_15122493.jpg

緑色はチラリとしか見えなかったが・・・・・いいねぇ・・・・・・
やっぱりゼフはいいねぇ・・・・・・
by kmkurobe | 2010-06-28 15:13 | 生態写真 | Comments(12)

初見続々-タテハ類

6月24日は長雨の後の快晴。遅れていた蝶たちが一気に羽化し始めた。
ヒョウモン類も各種初見。メスグロヒョウモンをのぞいて、雄ばかり観察できた。
まずはミドリヒヨウモンとメスグロヒヨウモン。
a0071470_10564194.jpg
a0071470_1057219.jpg
a0071470_10571368.jpg

ウラギンヒョウモンとギンボシヒョウモン。
a0071470_10575523.jpg
a0071470_1058415.jpg

ともに例年より1週間以上の発生遅れ。
フタスジチョウは相変わらず少ない。多少、環境がわるくなって食草が日陰になってしまった感じはするが・・・・・
a0071470_10595342.jpg

ホシミスジは前回クモガタヒヨウモンを撮影した高原で撮影できた。
a0071470_1115541.jpg
ここはクモガタの雌狙いで出かけたのだが、まったく観察できず・・・・・急に暑くなったので、夏眠しちゃったかな?
日差しが強烈過ぎたため、影と日向の境目に休止するため、撮影条件が大変・・・・・・
思い切り近づいて広角。
a0071470_11351976.jpg

ふわふわと飛んですぐ止まるので、飛翔写真も。
a0071470_11362042.jpg

やはり階調が飛んでしまった。モノトーンの蝶にはやはり曇り空が似合うね・・・・・
最後にまったくの証拠写真だが。
a0071470_11415110.jpg

多分メスアカミドリシジミ。いよいよゼフも始まったね。
by kmkurobe | 2010-06-28 11:13 | | Comments(2)

アサマシジミの地理的変異②-真性アサマ

わが家の近所でも毎年アサマシジミが観察できる。エビラフジとナンテンハギそれぞれで発生しているようだか、ナンテンハギで発生している個体群のほうが数少なく、また発生時期も遅い。

本日は朝から雨、午後になってやや小やみになってきたので、2週間ほど前に終齢幼虫を確認していた発生地を覗いてみた。ここのはいわゆる「真性アサマ」と呼ばれる個体群で、前回ご紹介した個体群に比べて明らかに黒い。
a0071470_201132.jpg
a0071470_20111958.jpg
a0071470_20113155.jpg

明らかに青い部分が少なく、しかも色も濃いブルーだ。
a0071470_20135662.jpg

雌も発生していた。
a0071470_20124737.jpg
a0071470_20125819.jpg
a0071470_20132017.jpg

小雨が降る中開翅していた。
a0071470_20143947.jpg

羽化直後だと思われるのだが、雄たちはまったく関心を示していなかった。うーんどうなって居るんだろうね。
少しだけ時間があったのであちらこちら見て回ったが、雨がひどくなったのでギブアップ・・・・・
なんとか撮影できたのはこんな感じだ。
a0071470_20171579.jpg
a0071470_20172711.jpg

今年もいよいよハイシーズンになった。そろそろゼフたちが出る頃だろう。
それにしても強烈な雨が降っている。明日はどうなんだろうね・・・・・・

えー番外。気が抜けるといけないので24日にヒメシジミを色々。
a0071470_20202755.jpg

背景は爺ヶ岳から鹿島槍。北アルプスが美しい展望台に沢山の蝶が集まっていた。
a0071470_2021471.jpg

吸水集団を作っていた。
a0071470_20223048.jpg
a0071470_20224318.jpg

by kmkurobe | 2010-06-27 20:23 | | Comments(9)

アサマシジミの地理的変異-ミョウコウシジミ系?

a0071470_1664993.jpg

さて24日は待ちに待った梅雨の晴れ間、快晴・・・・・プチ遠征強行しようか本当に迷ったが、自重してアサマシジミの発生地を再訪した。多くの知見を得ることができたが、アサマシジミ以外でも、夏の蝶が一気に発生した感じで、楽しい休日を過ごすことができた。

アサマシジミ Lycaeides subsolana yagina 1970年代には特に意識しなくても、中信地域では広く分布していた。 

最初に観察したのは1972年の松本市藤井谷、青い部分があまり広くない、やや大型の体型をしていた。

その年北アルプスへクモマツマキチョウの採集にでかけたおり、沢沿いのタイツリオウギにたくさんの終齢幼虫がついていた。半月あまりして羽化したアサマシジミは小型で全面に水色の鱗粉が発達していた。初めての高地型アサマシジミとの出会いだった。

その頃ミョウコウ、シロウマ、トガクシ、ヤリガタケ、ハクサン、イシダなどと呼ばれていたアサマシジミの変異を集めたり、分布域を探索したりする記事が専門誌各紙で特集されたりして、一時は蝶屋の中でもブームになっていた。
地元の人でも知らない北安曇郡小谷村真木(実は2カ所ある)などという地名が一躍有名になったりした。

その頃読んだ記事の中に、長野県小谷村から新潟県笹ヶ峰にかけての地域変異の記事が掲載されていた。はっきりとは覚えていないが分布は連続していて、場所によって明らかに地域変異の傾向が見られ、その中間型も存在するとか書かれていたような・・・・・
今回撮影をしていた場所で農作業をされていた地元の方に聞くと、なんでも昔、大学の先生が毎年この時期になると、観察に来ていたとの話を聞くことができた。


さてミョウコウシジミなるものの標本写真をネットで色々と検索してみてわかったことは、エビラフジを食草としていること、シロウマシジミのように小型ではなくてそこそこの大きさだということだった。

私はタイツリオウギなどオウギの類を食草として、高標高の発生地に産する個体群を高地型と考えていたが、どうやらそうでもないらしい。このあたりの知識のある方、ぜひとも当方にご教示いただきたい。

さてたまたま当地に住むようになって18年。渓流釣りや写真撮影などでそこそこの土地勘はできた。
以前にもかいたが、ブログ仲間のご依頼でかっての発生地を訪れることになった。
a0071470_16113854.jpg

先週訪ねたある発生地はそれほどの高地ではないが、沢沿いにあって、かなりの積雪ためか発生が遅れていた。今回再訪してみたら、羽化直後の雄があちらこちらで、木漏れ日の中、羽を広げていた。
a0071470_16152176.jpg
a0071470_16121814.jpg

自宅近くのアサマシジミとは明らかに違って、全面に水色の鱗粉が発達していた。生きているミョウコウシジミを観察したことはないが、なんかわくわくするような気持ちになってきた。
a0071470_16125626.jpg
はたしてこれがミョウコウシジミ系といわれている個体群なんだろうかね。
a0071470_1615621.jpg

食草のエビラフジはあちらこちらに群落を作っていたが、アサマシジミの発生地は本当に狭い場所に限られていた。かなりの個体を観察したが、ほぼすべて同じ特徴があった。本当にきれいな水色の翅表である。
a0071470_16161659.jpg

ヒメシジミもたくさん発生していたが、すでに発生は後期のようだった。
a0071470_16163752.jpg
微妙に住み分けているところが興味深い。やはりアサマシジミの方がいろいと条件が多いようだ。
しかし写真でブルーの発色の違いを表現するのは本当に難しい・・・・・ただ自宅近くの個体
a0071470_1617562.jpg
もアサマシジミとしてはかなり青い方なので、比べていただければ多少はわかっていただけるのではないかな・・・・・

アサマシジミ雄の誤求愛。ブルー系のシジミでは時々観察できる。
a0071470_16182255.jpg

吸蜜はエビラフジでする事が多いが、珍しく黄色の花に来た。
a0071470_16194219.jpg

北陸に近い産地では雌の裏面赤い帯状の斑紋が強く出るとか、これはもう一度出かけなければね。

最後に。これら発生地についてはどなたにもご紹介できませんのでよろしくご理解下さい。
by kmkurobe | 2010-06-26 16:20 | | Comments(10)

やや安堵-フタスジチョウ

お昼休み、小やみになったので、今日もフタスジチョウの様子を見に行った。
綺麗なコヒョウモンが足元から飛び立ち、アヤメで吸蜜をはじめた。
a0071470_16454071.jpg

これはヒメジャノメかな?羽化直後のようで本当にきれいだ。

a0071470_16551686.jpg
フタスジチョウの食草のあたりでホオジロがやたらとうるさく泣いていた。
a0071470_16473671.jpg
よく見るとペアかな?
a0071470_16475891.jpg

鳥の群れが飛び回ったせいか、ミスジチョウの類がいくつか飛び上がってきた。
フタスジチョウが3頭確認できた。うれしいね。
a0071470_16493038.jpg

ここではあまり見たことがない、アサマイチモンジも。
a0071470_1650793.jpg

うーん、一安心だ。イボタの花の状態を見ると、まだ季節が遅れているかもしれない。

今日はすべて一眼で撮影。比べてはいけないが、コンデジとは解像度がまるで違う。
a0071470_16524210.jpg
a0071470_16525014.jpg
100㎜マクロで撮影したアサマシジミは体毛まで綺麗に描写されていた。

明日はびっくりすることに、日本海側は突然の梅雨の中休みの予報。うーんどうしようかな・・・・・
とりあえず充電を忘れずに寝よう・・・・・

明日は天気になーーーれ!!!
by kmkurobe | 2010-06-23 16:54 | | Comments(12)

GXR使い倒し-アサマシジミ

a0071470_1633283.jpg

危惧していたように、タテハ各種の個体数が少ない。本来なら最盛期のはずのフタスジチョウは未だに、たった1頭しか確認できなかった。
昨年の5-6月にかけての天候不順の影響は大きいようだ。
ギフチョウもクモマツマキチョウもまったくの不作でシーズンが終わってしまった。
不思議なことに、昨年も今年もブルー系のシジミチョウはそれほど変化を感じさせない。
朝方小やみの状態になったので、今日もアサマシジミの発生地の一つを訪ねてみた。
a0071470_164035.jpg
a0071470_1641261.jpg
ゼフのシーズンまでに、GXRをなんとかうまく使いこなしてみたいので、アサマシジミはトレーニングには最適の被写体だ。
ヒメシジミもまだまだ綺麗だ。
a0071470_1645255.jpg

ここ数日使ってみて、G11に比べると、高感度適正はやはり落ちるようだ。もちろんAPS-Cの一眼とは比べものにならない。感度を上げられないので、どうしてもシャッタースピードは遅くなってしまう。
それともう一点。GX-100、CX-1とリコーを使っているのだが、300ミリ相当になったせいか、手ぶれ防止機構の効きが、以前の機種に比べて、とくに1/100以下だと急に悪くなるような気がする。
このあたりも、αのボディ内手ぶれ防止機構とはまるでちがう。やはり生態写真撮影のメインカメラとはいかないかも・・・・・
今日は一脚を使用してみたが、やはり随分違う感じがする。
本日ヒメキマダラセセリ初見。
a0071470_1651760.jpg
ハラビロトンボも増えてきた。本来ならウラギンヒョウモンが多数飛んでいるはずなのだが・・・・・・うーん心配だね。

ただシジミチョウのように、下草の中に手をつっこんで撮影するような場合は、コンデジの独壇場だ
a0071470_165582.jpg


今日の発生地は数年前の草刈りで壊滅したと思っていた。見渡したところエビラフジも全くない。
たくさんのヒメシジミに混じって2頭アサマシジミが飛んでいた。やはり近隣の発生地から供給されたのかもしれない。
ススキの中に潜り込んだので覗いてみると、エビラフジで吸蜜していた。
a0071470_1654048.jpg
うーんうれしいね。
お昼にもう一度訪れると、雌も羽化していた。
a0071470_1664633.jpg
多少擦れているので数日は経っているのだろう。
アサマシジミの雌は後翅裏面外側の赤い帯が連続して本当に美しい。
a0071470_1662121.jpg
この角度だと前翅の卵形の斑点でヒメシジミとはく判別できる。

GRXはほぼフルマニュアルで、5連射ができる。シャッター優先1/1600、ISO400にして飛翔撮影に挑戦してみた。まずは雄。
a0071470_1671938.jpg
a0071470_1673489.jpg

何とか雌も
a0071470_1675556.jpg

a0071470_168129.jpg

最後のはヒメシジミ雄。

暗いところではノイズがひどくてイマイチだけど、条件によってはそこそこ楽しめることがわかった。しばらくは遊べそうだね。
by kmkurobe | 2010-06-22 16:02 | PCとカメラ | Comments(9)

アサマシジミの発生環境

a0071470_1719353.jpg

My Favorite Butterflies of JAPAN
を開設されている、畏友KENKEN氏が最近のブログ「撮影と探索の狭間で」の中で色々お書きになっていますが、私もここの所、多少考えることがありました。

撮影を始めた頃は、とにかくフィールドを開発しないことには、何も撮影できないのであちらこちらと歩きました。最初の情報は「ん十年前の採集案内」。

環境はかわっても地形はほとんどかわりませんね。続いて目的の種類のオフに再び訪問。これが意外に他種の好機ということがありました。やはり蝶にたいする環境が整っていたからなのでしょう。

つづいて昔ながらの1/25000地図をながめながら、暇な時間にドライブ。
撮影が目的の時は気の短い小生のこと、すぐに「ショバ変え」をしたくなってしまいます。
目的がドライブならね・・・・・
そんなこんなを数年続けていたら、情報が有機的に繋がり撮影スケジュールに困るほどになりました。
a0071470_17251555.jpg

ここのところちょっとばかり、カメラの方ばかりに考えが向いてしまっていたように思います。
当初は蝶の撮影というよりも、蝶や生き物を通じて自然と向き合うつもりだったのですから・・・・・
要するに「どこへ行こうかな」から「あれを撮りに行こう」になってしまってました。
もちろん継続的に同じ場所を訪れるのは大切なことですが・・・・・・
それとは別に純粋に「探索」という原点に帰ってはと考えさせられたのですよ。
その昔採集している頃は「新産地」を求めてあちらこちらへ出かけたモンです。たとえ採集できなくても、何かパイオニアになったような高揚感を感じたものであります。

a0071470_1784246.jpg
ではいつもの書き方へ。
この春ブログ仲間の某氏から、かって訪れたアサマシジミの発生地の現状を調査して欲しいとご依頼があった。
地図を拝見するとどこもそこそこの時間で出かけられるようだが、ただかなりの難路であることは間違いない。いやはやこの「探索意識」には畏敬の念を抱くものだね。本当にすごい。まして彼は遠征先なのだから。

まず最初に訪れたのは比較的標高が低い発生地。
a0071470_1791457.jpg
ここは沢沿いにエビラフジが繁茂していた。
a0071470_1794278.jpg
「適当な空間と風通し」がある。
続いて訪れた場所はやや標高が高い。
a0071470_17102938.jpg
a0071470_17104261.jpg
現地に着いてみると予想していたよりも開けていた、なんでも休耕田だったところを、レンタルして稲作をしているようだ。
a0071470_1714418.jpg

随分広い範囲にエビラフジが群落を作っていたが、発生地にはやはり「日当たり」「風通し」が重要になっている感じだ。
a0071470_1711481.jpg

a0071470_17242457.jpg

さて地元も覗いてみようと、実績はあるが最近開発で少なくなった発生地を覗いてみた。
ここは10株程度のエビラフジで細々と発生を続けていた。
a0071470_17128100.jpg
なんと「採幼の痕跡」が・・・・・・
うーんこれはきつい。それでもなんとか1頭確認できた。
a0071470_17145280.jpg
ここもススキの群落の周囲だけ発生していた。

今回数カ所順繰りに回ってみて、不思議なことにどこでもヒメシジミの交尾を観察できた。
a0071470_17131061.jpg
a0071470_17133776.jpg
まあ個体数が多いこともあるが、多分、混生している場所では、ヒメシジミの最盛期とアサマシジミの発生開始とかさなっているのだろう。
ヒメシジミの雄がなんと誤求愛。
a0071470_17155656.jpg

結構しつこかった。
明日からも梅雨空が続くようだ。あたらしい楽しみが増えたのでしばらくはたのしめそうだね。

明日は曇り空がいいな・・・・・晴れなくてもいいよ・・・・・
by kmkurobe | 2010-06-21 17:18 | 生態写真 | Comments(14)

いきなりのシーズンイン-速報

やたら暑いがそこそこの天気になった。
懸案のアサマシジミの発生地巡りをすることにした。ブログ仲間にヒントをいただいていた場所や以前から目を付けていた場所など、本日は4個所廻った。やはり新地探索は楽しいね。

地元では終齢を観察。隣村は標高が高いのでまだまだと思っていたら、なんと成虫がいた。
こんなの本当に最高!!
新しい発生地でいきなり撮影できるなんてこんなうれしいことはないね。
随分沢山撮影したけど、とりあえず触りを数枚。
a0071470_2084521.jpg
a0071470_19565424.jpg

この半開翅している個体は標高がそこそこ高い発生地。エビラフジを食べていた。
a0071470_1958119.jpg

今日はG11が活躍してくれた。バリアングルモニターはこんな時、強い見方だ。
a0071470_19591171.jpg
a0071470_19592214.jpg
a0071470_1959349.jpg

軽くストロボを焚いてみた。逆光だとこれぐらいがいいかな・・・・・
さてせっかくなので他のブルー2種も。
まずはヒメシジミ。
a0071470_2005784.jpg

ミヤマシジミもなんとかそこそこの個体を見付けた。
a0071470_2014053.jpg

他にも色々と初見の蝶が撮影できた。
a0071470_2022259.jpg

このコヒョウモン、G11で近づいてみた。
a0071470_2033074.jpg

やっと確認できたフタスジチョウ。極端に個体数が少ない。この個体1頭だけ・・・・・心配だ。
アサマシジミも発生を始めたが、まだ背景に綺麗なウスバシロチョウが飛んでいた。
うーん今年は本当によめないシーズン・インになってしまった。
本来ならそろそろメスアカミドリシジミかウラゴマダラシジミが期待できるのだけど。
さてボツボツと頑張りましょう。
by kmkurobe | 2010-06-20 20:07 | 生態写真 | Comments(18)