<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋になった

ようやく秋の空気が溢れてきた。
今週半ばから季節が急に変わって、日が陰ると15度を下回るようになり、
抜けるような青空に秋の雲が流れていた。
a0071470_15314451.jpg

定点周囲はここへ来ての悪天候で稲刈りがのびのびになっていた。
この週末は好天の予報で、いよいよ秋も本格的になってきたようだ。
わが家の周囲では気温の低下とともに、至る所で各種キノコがあちらこちらで見かけるようになった。
a0071470_15343492.jpg

一番怪しげなのを撮影してみた。とても大きくて40㎝近くの高さがある。
この類は危険な物が多いようだ。どなたかご存じの方どんな種類か教えて下さい。
お昼休みに帰宅途中で稲刈りが始まっていた。
a0071470_15371338.jpg

北風がとても強い。こんな風が吹くとアサギマダラの渡りが本格的になるとか。
明日も天気がいいようなのでアサギマダラの里を再訪してみよう。楽しみだね。

さてここのところ気になっていた秋の蝶たち。
本来ならば最盛期のはずなのだが、ミヤマシジミもクロツバメシジミもまったく新鮮な個体が見あたらない。
今年は猛暑の影響か最終盤に入っているのかもしれない。
まだヌルデも色づいていないし、ツメレンゲもまだ咲いていないのにね・・・・・・
一生懸命新鮮な個体を捜してみたが、この程度しか見つからなかった・・・・・
ミヤマシジミの雄はほぼ透けて見えるような個体ばかり。かろうじて雌を撮影。
a0071470_15425145.jpg
a0071470_1543048.jpg

クロツも随分数が少なくなってしまった。
a0071470_15434962.jpg
a0071470_15435835.jpg
a0071470_1544657.jpg

さて明日は今シーズン最後のチャンスかもしれない。できる限りあちこちと覗いてみようかな・・・・・・
by kmkurobe | 2010-09-25 15:45 | 安曇野 | Comments(6)

季節が動き出した-アサギマダラ飛来

a0071470_1614717.jpg
9月15日を過ぎ秋風に乗ってアサギマダラの第1陣がやって来た、金曜日、土曜日でかなりの数がマーキングされたようだ。今年の現在までの傾向としては、県内でマークされた個体ばかりが観察されているようだ。
a0071470_16142544.jpg
また雌が例年に比べてかなり割合が高い。
いつもは雌を撮影するのにかなり苦労したが、今年は難なく撮影する事ができた。
a0071470_1613948.jpg

今週はかなりたくさんの個体が飛来する事だろう。
a0071470_1612743.jpg

フジバカマが満開。稲穂が黄金色に実って本当にきれいだ。
a0071470_16291410.jpg
a0071470_16292737.jpg
今年はアカタテハ、キタテハが多く集まっていたが、クジャクチョウは今のところまったく観察できていない。
他にはイチモンジセセリ
a0071470_16301330.jpg
キタキチョウ、各種ヒョウモンが見られた。

最終盤に入ったヒメシロチョウはほとんどが雌て゜吸蜜、産卵を繰り返していた。
a0071470_16344115.jpg
a0071470_16345126.jpg
ゲンノショウコでの吸蜜
a0071470_16315992.jpg

食草のツルフジバカマもきちょうな吸蜜植物になっている。
a0071470_16324735.jpg

足場がかたまるまでかなり慎重に長い時間をかけているが、産んだ瞬間に飛び立ってしまうので、卵を写し込むのは本当に大変だ。
a0071470_16335332.jpg


今回嬉しかったのはオニヤンマの産卵を間近で観察、撮影できたことだ。とにかく迫力があり羽音が聞こえてくるようだ。
a0071470_16361342.jpg

GXRの連射を利用して、下手くそなパラパラも作ってみた。
a0071470_16453218.gif

何でも秋分の日には秋風が入るとか・・・・・今年もたくさんのアサギマダラに会えたらいいね。
by kmkurobe | 2010-09-21 16:15 | 生態写真 | Comments(18)

やっと秋の空になったかな-稲刈り間近

ここへ来て急に涼しくなった。本来ならば例年並みの気温のはずなのだが、あまりにも猛暑が続いた後なので、随分気温が低いように感じてしまう。
お盆過ぎは一年の内で一番天候が安定しているはずなのだが、まったくアルプス稜線が見えてこない。
この週末稲刈りという時期になって、やっと秋らしい雲を背景に五龍岳が顔を見せてくれた。
a0071470_1433073.jpg

今年は暑かったせいか 山肌にはざっと見回しても残雪が沢筋にも残っていないようだ。
この長い期間つづいた猛暑のせいか、秋の蝶達の発生も例年とは違うような気がする。
アサギマダラの渡りは未だに遅れている。いくら何でもこの連休には見られるはずなのだが。
クロツバメシジミ、ミヤマシジミは例年なら最終発生の最盛期のはずなのだが、ミヤマシジミは擦れた個体ばかり、クロツバメシジミに至ってはめっきり個体数が減ってしまった。
逆に最終盤に個体数が増えてくるチャバネセセリやウラナミシジミが結構な数飛んでいる。
a0071470_14252189.jpg

これはやはり暑さのせいで随分早い時期に渡ってきたのだろうかね?
安曇野各地で同じような傾向があるように感じられる。
ことしのシーズンはあっという間に終わってしまうのかね??
ひょっとしたら今年は冬の到来が早いのかもしれないね・・・・・・
a0071470_1421592.jpg

ヌルデの紅葉はまだまだなのにここでも個体数は少なかった。
ミヤマシジミの雌はまだ何とか新しい個体を観察できた。
a0071470_14225858.jpg

クロツバメシジミはとにかく捜すのに苦労するとは思わなかったね。
a0071470_14234722.jpg

ツメレンゲの花穂もまだ全然色づいていないのだが・・・・・
a0071470_14245026.jpg

地元ではほとんど観察できないヤマトシジミが今年はあちらこちらで見かけるようになった。
a0071470_14264664.jpg

カタバミは見かけないのだが何を食草にしているのだろうね?
稲穂が頭を垂れ、蕎麦のみが黒々と実り始めた。うーんやっと秋だね。
a0071470_14285515.jpg

by kmkurobe | 2010-09-18 14:05 | 安曇野 | Comments(8)

35度近い日が続くのは当地では記憶にない・・・・・

9月にはいっても本当に暑い日が続いている。35度近い日が続くのは当地では記憶にない・・・・・
季節の移り変わりもさすがに例年とは違うようだ。
そろそろ渡ってくるはずのアサギマダラはまだ1頭も姿をみせていなかった。
a0071470_1502653.jpg
フジバカマはきれいに咲きそろっているが、いつもならそろそろ先遣隊が飛び回っているはずなのに影も形もない。
新聞記事によれば暑さのせいうなのか、マーキングされた個体がより北で観察されたとか??
当地でこの10年間で2回目の出会い。ウラギンシジミ雌。
a0071470_1454618.jpg

やっぱりこの暑さが影響しているのだろうか。
近場を一回りしてみた。ヒメシロチョウはあまり新しい個体は残っていないようだ。
a0071470_14551078.jpg
例年お彼岸過ぎには姿が見えなくなるのでこちらは平年並みかな・・・・
ツルフジバカマで吸蜜している個体が多かった。
a0071470_14552554.jpg
あちらこちらで産卵も。
a0071470_14555013.jpg

頑張って飛翔撮影もトライしてみたが5分間で汗だく・・・・・これは危険だ・・・・・
a0071470_1456925.jpg
a0071470_14561968.jpg

とにかくこの季節は炎天で発生している蝶ばかりになる・・・・・いやいや暑いね。
ミヤマシジミは第3化の最盛期が続いているようで個体数が例年より多く感じられる。
雄もまだまだ綺麗な個体が混じっている。
a0071470_14564323.jpg
a0071470_14565549.jpg
もっともぱっとまとめて発生して今年はこれで終わりかもしれないが。
珍しく複数の交尾を観察する事ができた。
a0071470_1457408.jpg


クロツバメシジミはやや端境の感じ。
a0071470_1458188.jpg
それでもあちらこちらで交尾していた。
a0071470_1504599.jpg

ツメレンゲがこんなに伸びてきた。
a0071470_14593783.jpg
そろそろ花穂も色づき始める頃だね。

せっかく好天が続いているのだがあまりに暑くて遠出をする気力無し・・・・うーん、シーズン終了間近なので頑張らないといけないんだけど・・・・・うーんこの暑さでは・・・・・・・
by kmkurobe | 2010-09-06 14:59 | 安曇野 | Comments(14)

これではとても身体がついていかないよ・・・・・

a0071470_11451873.jpg
とにかくとんでもなく暑くて、湿度もとんでもなく高い・・・・・・
夜半には20度前後まで下がるので、ぜいたくは言っていられないが、温度差実に15度前後・・・・・
これではとても身体がついていかないよ・・・・・
a0071470_11453745.jpg
蕎麦の花が満開で美しい。今年はできが良いとか聞く。新蕎麦が楽しみだね。

さて秋の気配が漂うとともに、どこからともなく物欲が湧いてきた。
自宅で使っているPCは1997年以来改造に改造を重ねた代物で、愛着はあるのだがいかにも時代遅れで、仕事場のPCと比べていつもストレスを感じてきた。
増設をかさねたHDの異音が気になりだしたこともあり、久し振りにPCを組んでみることにした。

いろいろと考えた結果、AV関係をすべて統合できるようにHDMI端子でテレビと接続。ブルーレイドライブを導入してバックアップ体制の充実を図った。将来的な動画の編集も可能なようにOSはWindows7 Pro64。CpuはCore i7-870としてみた。
a0071470_11455660.jpg


バルクに近いパーツばかりだったが、あっという間にOSの立ち上げまで完了。10年前と本当にいろいろ変わったものだね・・・・・しばらくは未整理の画像の整理を頑張らないとね・・・・・・

夏の終わりが近づいて少しばかりドライブはしてみたがめぼしい収穫は無し・・・・・
うーんしかしヤマキチョウはどうなっているのだろうね。これはかなり危険な兆候がでているのではないだろうか。

さて意外な副産物はこれ。
a0071470_11463343.jpg
a0071470_11464235.jpg
別荘地近くの自然観察路を歩いていたらゴールデンリトリバーのような「犬」が??
a0071470_1147485.jpg
あららキツネだよ・・・・・午前10時快晴。キツネって夜行性じゃなかったんだっけ・・・・・・・
しばらくレンズを通してのにらみ合い。
a0071470_11472673.jpg
うーん楽しかったね・・・・・うれしい時間だった。
これはセンノカミキリかな?
a0071470_11474437.jpg
a0071470_1147551.jpg
ひげが長くてりっぱだ。
ニワハンミョウは蟻をくわえていて、近づいても逃げなかった。
a0071470_11481371.jpg
ミヤマアカネが綺麗に色づき、ワレモコウに止まっていた。秋だね・・・・・
a0071470_11483182.jpg


これだけ暑いと蝶達の越冬準備はどうなっているのだろう。ひょっとしてもう一度代を重ねる種類もいるかもしれない。
ちょっと楽しみな秋になってくれるといいね。
by kmkurobe | 2010-09-04 11:48 | 生態写真 | Comments(5)