<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クロツバメシジミ ② -紅葉と秋の蝶

連休もあまり良い天気ではなかった。最終日のお昼頃少しばかり北アルプス稜線が望めるようになったので、手近なゴンドラとリフトを利用して、標高1600メートルまで登ってみた。
a0071470_1630915.jpg
ここはお盆の頃にはベニヒカゲがたくさん飛んでいて毎年撮影に来ていたのだが、今年はとにかく天候不順で頂いたチケットも使えないままになっていた。
上がってみてびっくりしたのは、下界で思っていたよりも紅葉が進んでいたことだ。
最盛期まであと少しの感じだ。
残念ながら稜線はガスに霞んでいた。
a0071470_1630351.jpg
平川谷越しに大黒岳が見える。
a0071470_1633639.jpg

さて2週間ほど前にはまったく進んでいなかった、毎年撮影に出かけるヌルデの紅葉もやっと色づき始めたが、相変わらず発生数は少ない。
a0071470_16565751.jpg
a0071470_16555047.jpg
なんとか探し回って今年も撮影する事ができた。
a0071470_16341964.jpg
a0071470_16344032.jpg

クロツバメシジミに比べてミヤマシジミは個体数が少なくほとんどが擦れた個体である。
a0071470_16511174.jpg
ネットオークションにべつの場所と思われる「採れたて」が出ていたので、こちらもお小遣い稼ぎになっているのかもしれない・・・・・いづれにしても腹立たしい限りだ・・・・・・

色づき始めたツルウメモドキにそこそこの個体が止まってくれた。
時々は口吻を伸ばしてなにか吸っているようだ。
a0071470_16574177.jpg

広角、マクロ、望遠と色々秋らしい構図を捜してみた。
a0071470_16584230.jpg
a0071470_16585741.jpg
a0071470_16591714.jpg

もうしばらくは楽しめると思うが、どうもこの秋は足早に過ぎていく雰囲気かな・・・・・
それにしても今年はまだまだ暖かい。初雪はいつ頃降るんだろう・・・・・・とりあえず車で移動
by kmkurobe | 2010-10-12 16:35 | | Comments(8)

クロツバメシジミ ①

例年ならば9月半ばには第4化(波かな)の発生が観察される。今年は9月に入ってから目減りするばっかりで、酷暑の結果今年はこれで打ち止めかと思っていた。
a0071470_16264482.jpg

ところが、9月末になってちらほらと新鮮な個体が見られるようになってきた。
といっても一度発生が切れてしまっているので、観察できる個体数は随分少ない。

しかし過ぎ去ってしまったと感じていたシーズンにプレイオフが現れたようでなんだか嬉しい。

安曇野周囲はどこも今年はこんな感じなのだろうかね・・・・・

これも酷暑の置きみやげかもしれない・・・・・・
今月初めから近場のマイポイントにこいつがずーっと居着いて離れない。ここは撮影仲間の皆さんとよく待ち合わせるご存じの場所。
a0071470_16245088.jpg

本来こいつは当地では越冬できないはずなので、秋になると南から移動してくるのだろう。近くに巣があるわけでもなさそうなのだが、単騎で一日中ツメレンゲの咲くのり面をパトロールしている。
かなり大きな個体なので越冬準備の女王なのかもしれない。それにしてもオオスズメバチのパワーはものすごい。ツメレンゲが開花すると色々な種類のハチが集まってとてもにぎやかになる。
目の前でかなり大きなキイロスズメバチに襲いかかり、一発で大顎の餌食にした・・・・・
小生にしてもヒヤヒヤ物でまったく集中して撮影できない。はやく何処かへ行ってくれないかな・・・・・
またここへきて連日クマが出没している。人的被害は今のところ無いが、知人の中にもニアミスした方が多発している。気をつけなくっちゃね・・・・・・本当に今年はなんだかおかしい。
a0071470_16254140.jpg
a0071470_16255512.jpg
a0071470_16261624.jpg
これは先月末ようやくツメレンゲが色づき始めた頃。突然新しい個体が羽化を始めた。
少ないながら交尾も観察できた。新鮮なクロツは縁毛が独特の風合いで逆光に光って本当に美しい。
a0071470_16284342.jpg
a0071470_16285537.jpg

現在はどの個体もスレが目立ち始めた。いよいよプレイオフも押し詰まってきたようだ。
この白花コスモスで吸蜜するシーンは初めて観察する事ができた。
a0071470_16275415.jpg
a0071470_1628528.jpg
とにかく純白の花に漆黒の蝶がとまっているという、最悪の条件なので飛んでしまったり、潰れたり・・・・・最後は例のオオスズメバチが耳元をかすめたので退散・・・・・いや怖かった・・・・・
by kmkurobe | 2010-10-09 16:29 | | Comments(8)

秋は過ぎゆく

なかなか秋らしい天気が続かない。この10日ほどでアルプスが綺麗だったのは2日ほど。それも一日中続くことはなかった。
すっきりしない天気が多いため、例年ならばとっくに終わっているはずの稲刈りもあちらこちらがまだのようだ。
珍しく綺麗に晴れ上がった定点。10月2日午前8時38分。
a0071470_16542760.jpg

それでも秋は確実に進行しているようで、直ぐ脇の蔦の葉が紅葉を始めた。
a0071470_16591626.jpg

今年のアサギマダラの渡りはかなり変則的だったようで、季節の遅れを取り戻すためなのか、多くは北安曇を通過してしまったようだ。
a0071470_1723847.jpg

9月26日は良い天気だったのだが、広大なフジバカマの中に数頭が飛び回っているだけだった。
a0071470_1741038.jpg

ヒメシロチョウは例年より遅くまで観察できたが、ほとんどが傷んだ雌ばかり。
a0071470_175539.jpg

今年は1年を通して安定して発生してくれたようだ。ただ今年の酷暑のせいか、端境期が長く感じられた。

もっとも今年はキノコには条件が良かったようで散歩していると本当に色々と観察する事ができた。
a0071470_1775144.jpg

これはマドレーヌそっくりの大きさと形。何という種類だろうね。
このあたりは、食用になると思われるが・・・・・・自分で採ったのは食べない・・・・・・
a0071470_1795144.jpg
a0071470_1710774.jpg

ホコリタケの類だろう。あちらこちらで今年は目に付いた。
a0071470_171127.jpg
a0071470_17111251.jpg

一番不思議なのはこれ。
a0071470_17115021.jpg
a0071470_17115874.jpg

群生しているとなかなか壮観。
しばらくは最終盤の秋の蝶をいろいろと。つづきは次回。
本日も激しい雨が降っている・・・・・うーん週明け早々疲れてしまうね・・・・・・
by kmkurobe | 2010-10-04 17:14 | 生態写真 | Comments(6)