<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大雨の朝をどこで迎えるのかな?

a0071470_10372441.jpg

残念ながら週末も雨続き、今朝方も随分激しい雨音が聞こえてきた。
本日は午前中仕事なので、もともと出撃は不可能なのだが・・・・・

ゼフィルスの撮影は開翅にさえこだわらなければ多少の雨でも何とかなる。
かえって、直射が当たっているよりは条件は良いこともある。

羽化直後のムモンアカシジミは脚に綿毛のような体毛があり、これが剥がれて蟻たちの攻撃から身を守ると聞く。

何とかその綿毛を観察したくって雨にもかかわらず発生地に出かけた。
むろん「仕事前に撮影をする会」の活動で・・・・・

ホストの周りを丹念に探したがオレンジ色の気配は無い・・・・
a0071470_10355158.jpg

少し離れてみていたら、ホストのミズナラに隣接するクワになにか止まっている。
a0071470_1036910.jpg
これは巧妙なカムフラージュなのかどうかわからないが、唯一色が変わった葉に隠れているのが面白い。
裏側から見てみると、うまく雨露もしのげているようだ。
a0071470_1036193.jpg
どうやら新鮮ではあるが、羽化直後ではないようだ・・・・・

数頭が下枝に止まっていたが、やはりオレンジ色は見つけやすい。もっともほとんどは下草に潜り込んでしまい、撮影するには至らなかった・・・・・

仕事まで多少の時間が合ったので、ミドリシジミの発生地へ移動。
低い空間で何頭かの雄が飛び回っていた。
a0071470_10364160.jpg
a0071470_10364919.jpg
ただしテリ張りではないようで、他の個体が近寄っても、追いかける出もなくからむでもなく、ゆっくり円を描くように飛び回り、時々枝先で休止。
a0071470_1037184.jpg
a0071470_1037872.jpg

結局開いてはくれなかった。
明日に期待だねこりゃ。

1995年当地をおそった豪雨は本当に凄かった。今回もかなりの水量が信濃川水系に流れ込んでいるのだろう。あのときを思い出すたびに、被災地の無地を祈るばかりである。
by kmkurobe | 2011-07-31 10:37 | 生態写真 | Comments(2)

大雨洪水警報の中で-ムモンアカシジミ

a0071470_15522061.jpg

本日も早起き・・・・・夜明けが随分遅くなった。
用事を済ませて食事をしているとメールの受信音。
「ネイチャーKENDAMARの歳時記」のO氏からである。この週末はいくら何でも「大雨洪水警報発令中」なので開催されないと思っていた、「仕事前に撮影をする会」を開催中とか・・・・・
うーん、とにかく駆けつけねば・・・・・
何でもオレンジ初見とか!!!やったね!!!
本年度ゼフィルス第12号はムモンアカシジミ。いよいよオオトリが登場したね。
現地に着いても撮影している姿はない、遅れたかと思ったら、着地地点が入れない場所とか・・・・・
なるほど近くの水田の真ん中にオレンジ色が見えていた。

とても撮影にならないので、ホストのミズナラをぺしぺししてみた。
うまい具合に1頭着地
a0071470_1554186.jpg
。薄暗い中なんとか二人とも初オレンジをゲットすることができた。
羽化直のオレンジ色がまぶしい・・・・・ちょこんと被ったオレンジのベレー帽がかわいい・・・・・
動画を撮影しているうちに雨脚が強くなってきた・・・・・解散だね・・・・「珈琲せんじゅ」さんで反省会の後、解散。仕事、仕事・・・・・

さてお昼休みになり晴れ間が覗いてきた。これは何があっても出かけなくてはね・・・・・
活動時間ではあったが薄日が差す程度。1頭だけ梢を飛んでいる個体がいたが、まだまだ出始めで個体数が少なく、卍飛翔を観察することはできなかった。

あきらめて車に戻ろうとしたら、まだほとんど飛べない個体がアジサイの葉陰に止まっていた。
a0071470_15552833.jpg

暗い場所でスポットのように光が当たり、まったくもって条件は悪かったが、なんとか撮影・・・
直射が当たるとやはり白茶けた色になってしまう。
a0071470_1625138.jpg
a0071470_15563525.jpg
a0071470_15565169.jpg
a0071470_1557895.jpg
a0071470_15572173.jpg
少なくとも-1.0程度の補正は必要のようだ。
a0071470_15574456.jpg

よく見るとご覧のように凄い数の蟻がいた。
よし今年はオレンジを極めなくてはね。
明日天気になーーーーれ!!!
PS.あまり動きのない動画

by kmkurobe | 2011-07-30 11:56 | 生態写真 | Comments(4)

連戦連敗-なんとかカラスシジミ

毎年この時期は家族と過ごす時間が多くなるのでなかなか更新できない。更に今年は高齢になった愛犬(15才2ヶ月)から目が離せないので、なかなか時間がとれない。それでもボツボツとながら撮影できたのをまとめて。

7月16日連休初日とはいえ仕事・・・・・
朝方フジミドリシジミの新地開拓を目指して白馬岳が見える林道へ。
a0071470_1648911.jpg

あまりの広大さに敗退・・・・・綺麗なコムラサキかの吸水のみ。
a0071470_16482694.jpg

17日は「虫林花山の散歩道」の虫林さんと蝶山人ご夫妻と近場で撮影。あまりの暑さに敗退・・・・・
それでもカラスシジミの発生地で敗退寸前に虫林さんが唯一の発見・・・・
a0071470_16484984.jpg
a0071470_1655770.jpg
a0071470_16552420.jpg
ゼロ敗を免れた・・・・
連休最終日はすっきりしない天気だった。
こんどは蟻系シジミの新地開拓を狙って草原へ・・・・・
a0071470_16492367.jpg

熱中症寸前で敗退・・・・・・
どきっとさせた場面はあったが、トラフシジミだった・・・・・
a0071470_16493829.jpg
産卵かな?
連休過ぎて随分涼しく感じる毎日になった。
もっとも連日の夕立で大変だ。

そろそろゼフィルスも最終盤にかかったようで、ミドリシジミが発生を始めていた。
ゼフィルス本年度第11号かな。
a0071470_165005.jpg
a0071470_16554619.jpg

1頭だけ開翅をしてくれたが、なんと左の尾状突起が欠損・・・・・あらら・・・・・
最高の色だったが残念。
それでも動画も撮らせてくれた。もっともまるで動きがないね。ただ動画の色は目で見た感覚に凄く近く感じる。静止画の調整にも利用できるような気がする。
a0071470_16503995.jpg


ミヤマシジミの第2化は最盛期。雄の擦れた個体が混じっていた。
雌雄の吸蜜。
a0071470_1651026.jpg
a0071470_16533640.jpg

開翅
a0071470_16535525.jpg
a0071470_16541173.jpg

ヒメシロチョウは小雨の中あちらこちらで佇んでいた。
a0071470_16514650.jpg

クジャクチョウにコキマダラセセリかな?
a0071470_16543083.jpg
a0071470_16544431.jpg

by kmkurobe | 2011-07-27 16:55 | 生態写真 | Comments(8)

いやいやこの暑さはたまりませんよ・・・・・

a0071470_1750890.jpg
久しぶりの晴れの休日。盛りだくさんのスケジュールを組んだのだが、サッカーをつい応援してしまって大出遅れ。1200~1300㍍に結果として到着時間が遅くなってしまい、随分もったいないことをしてしまった。
とりあえず前回撮影できなかったアイノミドリシジミの全開翅を撮影しようと、1000㍍の高原まで車を飛ばした。ところが安曇野は晴れているのに、運悪く高原には雲が張り付いて全く光が差さない・・・・・・
これではどうしようもないので、しばらく近くの湿原にオオヒカゲを探しに移動。
ここ数年、綺麗なオオヒカゲに出会っていないので心配していたのだが、綺麗な個体がで迎えてくれた。
a0071470_17464393.jpg
2007年以来かな。しかし超敏感でなかなか撮影させてくれなかった。
a0071470_17465728.jpg

20分ほど遊んでもらって戻ってみたが、あまり条件が良くならず、中途半端に時間だけ浪費してしまった。
アイノミドリシジミは暗いところにテリを張るようだ。
a0071470_17471594.jpg
オオミドリシジミは明るい場所が多く感じる。
a0071470_17472726.jpg

狙っていた場所に到着したのは結局10時過ぎ、
a0071470_17474839.jpg
コムラサキ、
a0071470_174886.jpg
クロヒカゲ、
a0071470_17482582.jpg
ヤマキマダラヒカゲ、他、凄くたくさんの吸水集団がいた。みな羽を閉じている。その中で数頭が開翅して吸水していた。
a0071470_17483954.jpg
右後翅が羽化不全
a0071470_1748521.jpg
結局裏面はこれしか撮れず・・・・
あららお久しぶり。やや痛んだ個体ばかりだったが、2年ぶりのうれしい出会いとなった。
どうやらここは例年ならば1週以上早い発生だろう。
1頭だけ雌も滑空していたが、はるか高みに消えていった・・・・・
うーんでもこんな出会いもまたいいだろう。オオヒカゲ-オオミドリシジミ-オオ**モンジ
あとオオムラサキ-オオウラギンスジヒョウモンと続けたかったが、なにせこの暑さで午前中に帰宅・・・・
いやいやこの暑さはたまりませんよ・・・・・
by kmkurobe | 2011-07-14 17:49 | 生態写真 | Comments(10)

今日も開翅な日-ウラジロミドリシジミ

小雨の予報だったがあいにくの晴天・・・・・ただ東空に雲が出ていたので、性懲りもなく本日も仕事前撮影に出かける。現地到着時、随分明るく感じてはいたのだが、昨日より照度の上昇がゆったりしている。
相棒がいないので、できるだけ撮影しやすい場所の個体を選んでマーキングした。
a0071470_14552056.jpg
ハヤシミドリ雌雄、ウラジロミドリ雌雄が観察できた。ウラミスジはあまり広範囲を探さなかったので本日は確認できなかった。すべてほぼ綺麗な個体。アングルが取りやすく、日光を背負う形で撮影できる場所にはなかなか降りてこない。
開翅を撮影するのに理想的な場所4サンプルを選んだつもりだが、曇天の場合は良いが、晴天では全く違うことがわかった。
昨日のハヤシ雌開翅撮影などはよほど運が良かったのだろう。思っても見なかった角度の葉や小枝の影が翅表にかかってしまうのだ
・・・・・
a0071470_148924.jpg
ハヤシ雄No.1 5:09
a0071470_148564.jpg
ウラジロ雄  5:11
草に絡まってサファイア・ブルーがチラリ!この色が何とか全開翅でだしたいね。
a0071470_1411098.jpg
ウラジロ雄5:13
この位置で安定してしまった。
a0071470_14115019.jpg
ハヤシ雌   5:17
いい感じの所へ降りてきたと思ったが・・・・・
a0071470_14123743.jpg
ハヤシ雄No.2 5:58
6:06 雲の切れ間から日差しが
開翅には明るさというよりも、日光とかなり深い関係があるようだ。
そこそこ明るかったのだが、東空に雲があり、直射日光が蝶には当たっていなかった。
これくらい明るくて、気温も適当な場合、降下してすぐ開翅することもよくある。
約1時間経過し、カメラでは3段階くらい明るくなっているのだが、まったく開かなかった。
6時6分頃、雲の切れ間から差し込む朝日が当たり始めると、ハヤシ雄No.1を除くすべてのサンプルに数分以内に変化があった。ハヤシ雄No.3は、たまたま目の前に降りてきた個体が、着地と同時に開翅を始めた。
a0071470_14141731.jpg
これは吸水もしているようだ。
a0071470_1415089.jpg
ハヤシ雌 6:07
絵になる場所で開いてくれたのだが、シダの葉影がまともに翅表にかかってしまった・・・・残念・・・・・
a0071470_1418161.jpg
ハヤシ雄No.2 6:08
ハヤシ雄No.2 は一番いい角度で開きかけたのだが、なんと蟻が邪魔をしてくれた・・・・
a0071470_14261053.jpg
ハヤシ雄No.3 6:11
ハヤシ雄No.3も後翅は真っ黒。やはり光り物の撮影には明るい曇天が望ましいようだ。
a0071470_14291539.jpg
ハヤシ雄No.1 6:16
ハヤシ雄No.1は10分ほどしていきなり舞い上がった。ただ観察していると体のほとんどの部分に光が当たってはいたが、頭部はススキの影に入っていた。変化が無かったのはそのせいかもかもしれない。頭部に光があたるとほぼ同時に舞い上がってしまった。
a0071470_1433023.jpg


a0071470_1433423.jpg
ウラジロ雄 6:09
ウラジロ雄はあまりにも低い草に止まっていたので、なかなかいい角度で撮影ができず、真っ黒になってしまう・・・・・これはこれでいい感じなのだが、ウラジロミドリとしては派手に写ってしまった。
最後の手段で自分の影を利用してみた。
a0071470_14342314.jpg
人間の目では真っ黒にしか見えなかったが、カメラは明らかに光線の違いを映し出していた。
晴天ではこれが精一杯かな。

a0071470_14371233.jpg
朝日にきらきらきと輝いていたセセリチヨウ。綺麗なオレンジ色に見えたが、ヘリグロチャバネセセリかな?皆さんのおっしゃるとおりコキマダラセセリですね。ご指摘有り難うございます。明日もまたまた晴れマーク。お休みなので少し標高を上げてみようかと思う。なにせ1000㍍では暑いよ。
1200~1300㍍の渓谷へ行ってみようかな・・・・・
by kmkurobe | 2011-07-13 14:40 | 生態写真 | Comments(12)

晴れても暑くても・・・・開いた??

昨日、とにかくきつい日差しの中で全く開かなかったゼフィルス達。疲れていたので何をすることもなくぼんやりとしていたら、 「ネイチャーKENDAMARの歳時記」のO氏から電話。
何でも「仕事前に撮影をする会」に入会希望とか・・・・・
手な訳で夜が明ける前に現地集合することになった。
雲一つ無い晴天で、とにかくまぶしい。湿度が昨日よりもかなり低いのだけがありがたい。
やはり相方がいると、的確に着陸地点を把握できるので、大変に効率がいい。
a0071470_13471556.jpg
これも3頭ほど降りてきたが、やはりまったく愛想がなかった。ウラジロミドリシジミも同様。
a0071470_13474186.jpg
ハヤシミドリシジミはこれはというポジションに止まってくれたが、あっさりと梢にご帰還されてしまった・・・・・
a0071470_13482359.jpg
a0071470_13483377.jpg

やはりだめだね・・・・としばらく歩いていたら、カシワの樹上でハヤシミドリシジミが朝日を浴びてきらきらと輝いていた
a0071470_13485553.jpg
。いやいや凄い。やはりこの色で撮影してみたいもんだ・・・・・

「何だハヤシミドリか・・・・」と言いながら、降下ポイントのチェックしていたO氏が「あっ開いた!!!!」ほぼ無傷の雌が朝日を浴びて金色に輝いていた。
a0071470_13493518.jpg
a0071470_1350724.jpg

明るいところでこんなに綺麗に撮影できたので本当にうれしかったね。
a0071470_13502729.jpg
なぜかスイッチが入ったようで、目の前に止まったウラジロミドリシジミが開翅!!
a0071470_13505563.jpg
a0071470_1351334.jpg
a0071470_13513780.jpg
a0071470_1352834.jpg
a0071470_13522199.jpg
一度舞い上がったが再び。
a0071470_13535459.jpg
あまりいい位置ではないので、綺麗なサファイア・ブルーは出なかったが、今年も会えたね・・・・うれしい・・・・・そこそこポーズをとってくれたので大満足。
a0071470_13542515.jpg
a0071470_13543987.jpg

帰り道のカシワの上でも・・・・この角度では真っ黒になってしまって、最初は雌雄の判別もわからなかった。
a0071470_1355116.jpg
a0071470_1355188.jpg
a0071470_13552844.jpg
それにしてもやはりフィールドには出るもんで、カメラは常に持ち歩くもんだね。
今回はO氏の「やる気」が幸運を与えてくれたようだ。
うーんまたまた、朝駆けフリークを製造してしまったようだ・・・・・
あすはなぜか一日雨マーク??さて休憩しなくっちゃね・・・・・
by kmkurobe | 2011-07-12 13:55 | 生態写真 | Comments(12)

真夏になった-ウラジロミドリシジミ

梅雨明けして急激に温度が上がったせいかもしれない。
カシワの林を再訪してみると、大好きなウラジロミドリシジミが雌雄ともに確認できた。
a0071470_1691765.jpg
a0071470_1692954.jpg
とにかく5時前から快晴なので、当然まったく開くことはない。随分我慢してつきあっていたが、スリスリもなしでいきなり舞い上がってしまう・・・・・それでも第11号はウラジロミドリシジミ。
ウラミスジシジミも昨日に続いていいところに降りたが、チラもなしでいきなり飛んでいってしまった。
a0071470_16101350.jpg

ハヤシミドリシジミ高いところを飛ぶばかりで、降りてきても全く開いてくれなかった。
a0071470_16163392.jpg

さて昨日はカシワ系ゼフ撮影した後、こんどはミズナラ系のゼフの撮影に南下した。
ここは10数年前にヘムレンさんに教えて頂いた場所だが、随分環境も変わって、一昨年伐採されたせいか、オオミドリシジミがたくさん発生するようになった。
a0071470_16111243.jpg
むろんもとから多かった、ジョウザンミドリシジミ、アイノミドリシジミも撮影できるのだが、以前より低い位置にテリを張るようになりはるかに撮影しやすくなった。
朝イチのウラミスジシジミの開翅でなにか緊張が無くなってしまい、楽しみにしていた割には、無為なシャッターばかり押していたようで・・・・・こりゃだめだ・・・・・もったいないことをしてしまった・・・・・
オオミドリシジミはファボの中でも一番明るい色合いが美しく、その分補正が本当に難しい。昨年は自信満々でPCの前に座って落胆・・・・・アルミ箔のような映像ばかりになっていた・・・・・
今年も-1~-0.7程度補正してみたがまだまだうまくいかない。
a0071470_16115758.jpg
a0071470_16121585.jpg
a0071470_16123585.jpg
a0071470_16124546.jpg
やはり補助光も使用しないとイメージ通りの色は出せないかもしれないね。
それでも今年初めて見るアイノミドリシジミは美しかった。
a0071470_1613347.jpg
a0071470_16131339.jpg
a0071470_16132946.jpg
a0071470_16144831.jpg
ポジション取りが悪くて、クリソの金緑色はうまく表現できなかったが、半開翅では裏面の特徴がよくわかる。
第10号はアイノミドリシジミ。
いよいよゼフィルスもやや高い場所に出かけないと綺麗な個体が撮影できない。
それにしても天気予報では連日33度近い気温が並んでいる。いったいどんな夏になってしまうんだろうね?少なくとも例年より夏が10日以上長くなるわけだ・・・・・・うーん困った・・・・・・
by kmkurobe | 2011-07-11 16:08 | 生態写真 | Comments(12)

開け!開け!開け!開いた!!!-ウラミスジシジミ

a0071470_1737582.jpg
速報-久しぶりに手が震えた・・・・・
早朝から快晴、アルプスは大変綺麗ではあるが、ゼフィルスの撮影には・・・・・・
案の定、降りてきても開かず飛び去るのみ・・・・
確認できたのはすべてハヤシミドリシジミ雄。
昨日撮影していたので、ほかの種類が出ていないかとあちらこちらを探してみる。
小さな赤いゼフィルスが目の前に降りてきた。
a0071470_17374243.jpg
それもいい感じの場所に。
第9号はウラミスジシジミ。
こうなったら念力勝負。
a0071470_17375958.jpg
開け!
a0071470_17381278.jpg
開け!
a0071470_17382726.jpg
開け!
a0071470_17384225.jpg
開いた!!!
a0071470_17401565.jpg
ということで、私もお仲間に入ることができました。
やったね!!!!
by kmkurobe | 2011-07-10 17:39 | 生態写真 | Comments(24)

北陸・関東甲信越の梅雨明け-ハヤシミドリシジミ

a0071470_15424597.jpg
今朝から予感がしてはいた。空の色が青いし、夏霧が立って何も見えない。こんな時は急激に気温が上がって夏空が広がる。
案の定、北陸・関東甲信越の梅雨明けが発表された。
今朝は4時過ぎから明るくなった。カシワ系のゼフは朝方、気温が上がると全く開いてくれない。
5時過ぎに現地に到着したが、地表に降りては来るものの、愛想無く開くことなく舞い上がる個体ばかりだ。
a0071470_15441576.jpg
a0071470_15443360.jpg

朝日が強烈に当たってしまい、まったく写真にならない・・・・・・
かなりたくさん降りては来てくれたが、ワンマン撮影のため、朝日に紛れてロスト連発・・・・・
多分ハヤシミドリシジミの雄ばかりだったと思うが・・・・・
それでもマークしておいたうちの、やや高いカシワに止まった雄が吸水を始めた、こんな時は開翅している時間が長い。
a0071470_15431789.jpg
a0071470_15432972.jpg
a0071470_15435035.jpg

残念ながら位置が悪く脚立を使ってもこれが精一杯。
今年初めてのカシワ系ゼフの開翅はイマイチになってしまった。
動画も撮ってはみたが、いいところで蟻に襲われて舞い上がってしまった・・・・・・・

7時を過ぎると気温は更に上がり、どこに行ってもゼフは降りてきてくれない。
綺麗なタテハが色々と羽化を始めた。
コムラサキもやはり飛んでしまっていい色が出ない。
a0071470_15501351.jpg
a0071470_1541795.jpg
ヤマキマダラヒカゲはこうしてみると大きく感じる。
a0071470_15454748.jpg

イチモンジは下草にひっそりと休止していた。
a0071470_1542722.jpg

明日はとにかく暑くなりそうだ、ゼフの撮影日よりとは思われないが、なんとか早起きをしなければ・・・・
by kmkurobe | 2011-07-09 15:39 | 生態写真 | Comments(4)

体がいくつあっても足りない-オオムラサキの吸水

昨年から計画していたシーン、とくにゼフの開翅は薄日が差す条件でないと厳しい。
かといって地元に戻ってきてもすでに気温が上がってしまっては樹上に昇ってしまう。40-50分の移動が本当に考えさせられる。
とりあえず近場で撮影してチャンスを待つことにした。
a0071470_1641033.jpg

7月6日、久しぶりに北アルプスが顔を見せてくれた。
朝方から気温が高くなったせいか、昨日の時間にあわせて出かけてみたら、ジヨウザンミドリシジミのテリ張りはすぐに終わってしまった。なんとかアジサイ背景の開翅。
a0071470_16474054.jpg

せっかく動画を撮ろうと思ったが・・・・・
カシワ系のゼフも平地、やや高地ともにハヤシミドリシジミが初見できた。すべて雄。
a0071470_16505576.jpg
a0071470_1745056.jpg
全く開翅することなく上がって行ってしまった・・・・・・とりあえず第8号はハヤシミドリシジミ。
やや標高の高いところでは綺麗なフタスジチョウがたくさん飛んでいた。曇り空なのでいい感じに撮影できた。
a0071470_1652698.jpg
a0071470_16522133.jpg


クロシジミは雄は擦れた個体が増えてきた。
a0071470_16402762.jpg
a0071470_16404041.jpg

先日「フィールドノート」の theclaさんがアサマシジミの交尾を撮影されていた。そのとき雄が擦れて雌はピカピカという傾向について書かれていたが、今回もどんぴしゃりのカップルだった。
昼間暑い時間帯はどこかに隠れていたのだろう。薄暗くなつてから随分活発に活動していた。
久しぶりにアサマシジミ(平地型)の交尾を撮影できた。うれしい・・・・・
a0071470_16385764.jpg
a0071470_1639985.jpg


動画も撮影してみたが、暗いのでイマイチ・・・・・


キマダラモドキを探しに南下してみたが、まったくすがたも見えなかった。
オオムラサキがあちらこちらで吸水していた。みな羽化直後のようで本当に美しい。
a0071470_16444535.jpg
a0071470_16445590.jpg
a0071470_16451178.jpg

やはり「国蝶オオムラサキ」だね。
動画も撮ってみたがやはり綺麗。満足だね。

by kmkurobe | 2011-07-08 16:27 | 生態写真 | Comments(4)