<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋から冬へ-それにしてもゆっくり・・・・・

a0071470_11432066.jpg

13日の日曜日まで本当に暖かな日が続いていた。
相変わらず稜線の雪もほとんど消えてしまっていて、地肌が見えてしまっている。
ゆっくりながらも季節は進み、小春日和の中定点のカシワも、紅葉から落葉に進んでいった。
12日の土曜は安曇野へ再び出張。自宅を出てすぐになにやら蝶がテリを張っていた。
ここは日だまりになってはいるが11月の中旬・・・・・
a0071470_11434792.jpg
a0071470_1145583.jpg
綺麗なベニシジミやツマグロヒョウモン。キタテハやモンキチョウも飛び回っていた。うーんこりゃ驚いた。

久しぶりに訪れた安曇野のコハクチョウの飛来地。
a0071470_1145279.jpg

a0071470_11454467.jpg
a0071470_1145559.jpg

梓川もまだまだ秋の色が濃いね。
a0071470_11472376.jpg
a0071470_11473419.jpg

背景は有明山。
a0071470_1146945.jpg
こんなところでもバスフィッシング・・・・・困ったもんだ・・・・・
a0071470_114816.jpg

週が明けて冬型になった。
a0071470_11462778.jpg
a0071470_11465732.jpg
標高1000㍍当たりまで白くなってはいるが、スキー場のオープンにはまだまだ・・・・・そろそろ挨拶の中に「積雪」がキーワードになってきたね。
15日の16時半頃、 「珈琲せんじゅ」さんから。
室内と夕暮れの明るさがぴったりシンクロ。
美味しいコーヒーをいただきましたよ。
a0071470_11482129.jpg

これを書いている窓の外は雨。しかも暖かい・・・・・
いまだに電気毛布がいらない雨の週末になった・・・・・
by kmkurobe | 2011-11-19 11:49 | 安曇野 | Comments(6)

煙のでない玉手箱”1978”

a0071470_17325541.jpg

                                           147号松川橋より
火曜日までは本当に穏やかな好天が続いた。
多少早起きをして出かけては見たが、冷え込みがイマイチであまりいい風景には出会えなかった。
6時45分
a0071470_17332141.jpg

定点のカシワが随分色づいた。
8時45分
a0071470_17333925.jpg


部屋の模様替えをしているとあれもこれもやりたくなってしまう。
当地に住むようになって一度も明けたことがない衣装ケースを開けたら、古ぼけた工具箱が入っていた。

中には三角紙やらタトウやらがたくさん。
標本類はすべて実家に置いてきたつもりになっていたが、どうやら未整理の物を仕上げるつもりで荷物に入れたようだ。もっとも最後にピンを持ったのは、どれぐらい前だか見当も付かないが・・・・・・

データを見ると1978年とある。
オサムシフリークをしていた、マニアックな採り屋としては最晩年の頃の物だ・・・・・ひょっとして、今後復活するかもしれないが・・・・・・

そっとあけてみるとあらあら・・・・つづらの中から玉手箱が出てきたようだ!!!!!

煙は出なかったが、思い出が部屋中に広がっていった。

33年を経過した今、現地はいったいどうなって居るんだろうね・・・・・

最初に広げたタトウには殴り書きで追分峠とあった。
当時峠付近は未舗装で本当に自然が豊かだった。
a0071470_17352929.jpg

ここはそれほど収穫が無かったようだが、個体変異が随分あって本当に綺麗だね。

緑化が強い個体のアップ。北海道のオサムシは、今更ながら本当に美しい・・・・・
a0071470_17354554.jpg

マダニにたかられながら、原生林を歩き回ったあの頃が本当に懐かしい・・・・・

この贅沢な二段重ねには定山渓とある。
a0071470_17361494.jpg

今時はいったいどうなっているのだろう・・・・・健在だったらいいな・・・・・・

80年代に一度北海道を訪れた時、あまりにもあちらこちら公共工事ばかりで、愕然となったことが思い出される

慎重にそっと下を見るとこれかなり貴重なラベルの連続。
a0071470_1736251.jpg
とても気軽には開けないので、本日はここまで・・・・

うーんやはりこれはきちんと整理しないとね・・・・・

今日は9月に旅だった「黒部」の四十九日。
なんとかあちらに無事着けたんだろうかね。

銀鉛時代の思い出の一枚を。
a0071470_17364012.jpg

合掌
by kmkurobe | 2011-11-03 17:36 | 生態写真 | Comments(8)

暖かな11月1日

a0071470_16333938.jpg

冬型とはいえ、例年よりは随分暖かい朝になった。
それでも朝霧が立ち、枯れ草が朝露に濡れていた。
a0071470_163457.jpg
a0071470_16341244.jpg
a0071470_16342010.jpg

定点のカシワも紅葉が進み、ナラ類は落葉しきりだ。
a0071470_16343635.jpg

毎朝の散歩道も随分明るくなり、もうじき唐松の落ち葉で金色に敷き詰められるだろう。
この時期特有の雲が久しぶりに良い感じに出ているが、上空の季節風が弱いせいか、思ったほど流れていかない・・・・・
a0071470_16345419.jpg
午後になり、白馬岳方面。紅葉が減り、杉の緑と唐松の黄金色だけが目立つようになってきた。
a0071470_16351032.jpg

八方の尾根筋はすっかり冬支度完了。
それにしても随分暖かな11月に入ったもんだね・・・・・
by kmkurobe | 2011-11-01 16:35 | 安曇野 | Comments(2)