<   2012年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

安曇野周遊③

a0071470_10431844.jpg

安曇野の最北、仁科三湖のあたりには湿原が広がり、特有の生き物たちが生息している。
この時期にはミドリシジミがシーズン最後を飾って発生を始める。ハッチョウトンボが住んでいる湿原の周りにはハンノキの林が広がり、早朝にはヨシ原に降りていることがある。
この日は気温が高かったせいか、梢を飛び回っているばかりだったが、なんとか数頭を見つけることができた。
a0071470_10433886.jpg
a0071470_10435019.jpg

開翅をするまもなく飛び立つので撮影できず・・・・・
雌はAB型とO型が確認できた。
ここでは遅れていたキバネセセリも発生していた。
a0071470_1048416.jpg

北アルプスから流れ出す高瀬川の支流にはオオイチモンジが生息している。
a0071470_1044942.jpg
先週に続いて挑戦するも1頭だけが吸水に現れた。
a0071470_1044233.jpg
ここではなかなか絵になるような場所には降りてくれない・・・・・・
a0071470_10444073.jpg

コムラサキが面白いポーズで吸水していた。
アイノミドリシジミも相変わらず多数テリ張りしていた。
a0071470_10445780.jpg
a0071470_10451583.jpg
よく見ると擦れた個体が多い。
a0071470_10452841.jpg
ちらっと見えた翅表からエルタテハだとわかったが、裏面のL字はほとんど消失していた。
ヒメヒカゲは新鮮な個体が観察できたが何せこの日は暑かった・・・・
開翅はもちろんダメ・・・・・休止する場所も草陰に入ってしまう。
a0071470_10462812.jpg
a0071470_10464696.jpg
a0071470_10465734.jpg

結局一番接近できたのはこれ。
a0071470_10471175.jpg
やはりモノトーンの撮影には曇り空が似合う。
a0071470_1052571.jpg

安曇野5カ所を周遊しても家に着いたのは4時過ぎ。
まだまだ明るくいろいろの蝶が来訪してくれた。
a0071470_10472952.jpg
オオウラギンスジヒョウモン♂
a0071470_10474185.jpg
オオウラギンスジヒョウモン♀
ヒョウモン類ではオオトリでの登場だ。
アカソの上に綺麗な夏型のサカハチチョウが開翅していた。
a0071470_104819.jpg

うーん疲れたけど、久しぶりの満足感にあふれた一日だったね。
しばらくはオリンピックだね。
こんな花が日の丸のように咲いていた。
a0071470_10502162.jpg

ガンバレ!なでしこJAPAN!!!!!!
by kmkurobe | 2012-07-28 10:51 | 安曇野 | Comments(8)

安曇野周遊② オレンジと黒

a0071470_20482234.jpg

とうとうフィナーレは近づいたようだ。
オレンジことムモンアカシジミはゼフィルス・シーズンの最後を飾って登場する。
このチョウはクサアリに共生関係を持っている。
毎年発生する場所は同じ。ここも通い始めて5年目になる。
安曇野では多分もっとも発生が早い発生地のひとつだろう。
びっくりするくらい、同じ時期、同じ時間に見つけることができる。
ここはホストとなるのはフジが絡み付いた、細いクヌギだ。
近くで同種を撮影と某ブログに掲載されていたので訪ねてみた。
午後1時頃、車を止めた目の前のクズの葉に静止している個体が見えた。
光の当たらない影になった部分に複数が目に付いた。
多分、羽化してあまり時間を経過してないだろう。
a0071470_93082.jpg

脚部の体毛がまだたくさん残っている。
a0071470_20521859.jpg

30㎜マクロは思っていたよりもいい感じでボケてくれる。NEX-5はα-55と同じ素子を使っているので画質は十分。
今シーズン小型のチョウの撮影に重宝している。
a0071470_20525968.jpg
a0071470_20534239.jpg
広角的にもマクロ的どちらの表現もできる。70-300Gでは背景がさらに省略されごちゃごちゃとした感じがなくなる。

a0071470_20541391.jpg
GXR P-10ではコンデジらしい深度の深い描写になる。
a0071470_9224236.jpg

環境と共に写し込むスタイルにはこれ。
午後2時予定通り活動時間とともに飛び去った。しばらくすると梢には卍飛翔が観察できた。
うーん本当にわかりやすいゼフィルスだね・・・・・

さて黒こと山地性のゴマシジミ。クシケアリに依存していて、Maculinea teleius hosonoi A. Takahashiという地元ゆかりの亜種名がつけられている。
先週訪れた時は、食草となるカライトソウもワレモコウも、例年より成長が著しく遅れていた。
ヒメシジミのような小さな個体を目指していたのだが・・・・・・
なぜか最初に見つけたのは擦れた♀・・・・・・
a0071470_20561341.jpg

開翅もしてくれたが大きなカケがある・・・・・
a0071470_9241916.jpg

あきらめて下り始めて数分後、笹から突き出したカノコソウの花穂にきれいな個体が止まっていた。
a0071470_20574518.jpg

沈みかけた西日を浴びて本当に美しかったね・・・・・
a0071470_20581863.jpg
a0071470_20583930.jpg

コヒヨウモンはまだまだきれいで、咲き始めたコメツツジで吸蜜していた。
a0071470_2122078.jpg
a0071470_20591669.jpg

標高が高いのでフタスジチョウはまだまだ新鮮。遅れているゼフィルスたちもそろそろ発生し始めるのではないかな。
来月にはいればベニヒカゲも飛び始めるだろう。うーんちょっとだけ・・・・寂しいかな・・・・・
by kmkurobe | 2012-07-27 21:02 | | Comments(2)

安曇野周遊

久し振りのお休み。練っていた計画を実行してみた。
ただ良すぎるくらいの快晴で、決して撮影日和ではない・・・・・
しばらく撮影に出られないかもしれないので、考えられる限りを廻ってみた。
久し振りにドキドキさせる場面が連続して良い一日になった。
この時期ゼフィルスは最終盤。
まずは高標高のミドリシジミを狙ってハッチョウトンボの発生地を訪ねた。
暑さのせいかすぐに梢に上がってしまう・・・・・
a0071470_21191434.jpg

なんとか撮影できたのはAB型の雌。

この時期は一度は「高山蝶」に会いたいものだ。
a0071470_212099.jpg

2週続けての挑戦は数分間だけ山の神がチャンスをくれた。

色々考えて南下。2年ぶりに訪れた発生地は、やや遅れ気味の季節進行のようだ。
a0071470_2122451.jpg

期待していたアカセセリは全く見られなかった。

帰路立ち寄った発生地はジャスト・タイミング!!
a0071470_2123113.jpg

脚部に体毛が残る個体が木陰に静止していた。

気合いを入れてシメに山を登る。
少ないながらゲット・・・・・
a0071470_21231579.jpg
16時過ぎ、西日を浴びて輝いていた。

うーん・・・・満足、満足。
by kmkurobe | 2012-07-26 21:23 | 安曇野 | Comments(4)

梅雨明けしたはずなのに・・・・

梅雨明けしたはずのこの週末は天気に恵まれなかった。
寒気が入っているようで、薄ら寒く、湿度も高く感じる。
a0071470_15372925.jpg

高原のカシワ林のゼフィルスたちもすっかり産卵の季節になったようだ。ウラジロミドリシジミの雌はまだまだ綺麗だが、全体的に擦れた個体が多くなってきた。
a0071470_1538337.jpg
このハヤシミドリシジミの雌はA型の赤紋が随分発達していた。
この日もほとんどの種類が開翅はしてくれたが、やはり傷みが目立ってしまう。
ウラジロミドリシジミ雄
a0071470_1538223.jpg
ウラジロミドリシジミ雌
a0071470_15383691.jpg
ハヤシミドリシジミ雌
a0071470_15384947.jpg

高標高では積雪による季節の遅れが目立つ。
a0071470_1539644.jpg

1800㍍当たりでは例年より1週から10日は遅れている。
a0071470_15392430.jpg
a0071470_15403798.jpg
a0071470_15393345.jpg
そのせいか、今年は色々な花が綺麗に咲き、羽化したばかりのコヒョウモンがあチラこちらに静止していた。
a0071470_1539568.jpg


しばらく見に行ってないうちにミヤマシジミの第2化も最盛期になったようで、交尾、産卵といろいろ観察できた。
a0071470_15452485.jpg
a0071470_15455546.jpg
a0071470_15422367.jpg
a0071470_154304.jpg

a0071470_15435777.jpg
a0071470_154411100.jpg

クロツバメシジミが産卵していた。←の部分にも卵が写っている。
a0071470_15443686.jpg

by kmkurobe | 2012-07-24 15:21 | 生態写真 | Comments(2)

蝶達も暑さにすくんでしまったようだ・・・・・

今年お初に高山蝶に会おうと林道を登った。
クロヒカゲ、コムラサキ、キマダラセセリの大群ができてはいたが、どこにもオオイチモンジの姿はなかった。
近くにいた関係者に聞くと「今年はまだ見ていない。」とのこと・・・・・
うーん、やや遅いと思ったんだけど・・・・・
a0071470_2127593.jpg

その代わり綺麗なアイノミドリシジミがあちらこちらでテリを張っていた。
新鮮な個体が数回足下に止まってくれた。
a0071470_2128292.jpg

今年はまだアイノミドリシジミだけは開翅を撮影できていなかったのでうれしい。
なんとからしい緑色が写っていた。
a0071470_21284670.jpg

ゴイシシジミは今年初見だ。
オオヒカゲを狙ってハッチョウトンボの住む湿原にも立ち寄った。
残念ながら本命の姿は無し・・・・・
a0071470_21292728.jpg
a0071470_21293765.jpg

ここでは水面すれすれに止まっていた雄をインターバル撮影してみた。
明るい水面にピントを持って行かれて大苦戦・・・・・

今後最大の課題がAFの問題だね。

カラスシジミを再度捜しに出掛けた。
a0071470_21295469.jpg
a0071470_2130576.jpg

暑い日の午後、定番の日陰の白い花にあちらこちらと止まっていた。
ややスレた個体が目立つ。最盛期を10日近く過ぎてしまったことだろう。

あすは久し振りに雨の予報。ミドリシジミもそろそろ発生する頃。
一雨降って夏本番を迎えて欲しいもんだ。
by kmkurobe | 2012-07-19 21:31 | 生態写真 | Comments(10)

ついに信州も梅雨明けだ・・・・

a0071470_165291.jpg

「蝶の生態写真」を開設されているSA氏。彼からメールがあり「新鮮なカラスシジミが確実に撮影可能なところはないか?」と・・・・・
当地ではかなり広い範囲で分布してはいるが、ゼフィルスに忙しい時期でもありいまだにこれという撮影地の手持ちが無い・・・・・
色々と考えながらお昼休みに自宅へ入りかけると、なにやらヒヨドリバナに小さな蝶が吸蜜・・・・・
a0071470_16532384.jpg
あらら・・・・・
「灯台もと暗し」
連休はゼフィルスの撮影をメインにしたが、見直してみると色々と撮影していたようだ。
安曇野のヒョウモン類は、数年前の大不作がいまだに影響しているようで、往年の蝶影は見られない。
それでもこの時期はやはりあの豹柄が目に付く。
a0071470_1654313.jpg
ミドリヒョウモンとメ
a0071470_16542260.jpg
スグロヒョウモンの交尾。
どちらもややこしいところに止まってなかなか撮影させてくれなかった。
a0071470_16544029.jpg
キマダラモドキはやっと撮影できたが、今年も数が少ないようだ。
a0071470_1655052.jpg
a0071470_1655818.jpg
高地性アサマシジミはもう最終盤たった1週間で雄は随分痛んでしまった。季節の進行が本当に今年は特異的だね。
おもわぬところでこいつにも会えた。
a0071470_16552333.jpg
うれしい。
クロツバメシジミの第2化
a0071470_16555759.jpg

毎年ヒョウタンボクの実が熟れる頃に多くなる

インターバル撮影は大人気になりつつあるようだ。
「フィールドノート」のtheclaさんは得意のLEDライトを併用してのインターバル撮影だ。
a0071470_1656557.jpg

暗い葉陰のウラジロミドリシジミを撮影されている。
アイノミドリシジミを撮影していたら、同行のシャクガパパとシャクガ君が写っていた。
a0071470_1657726.jpg

蝶たちの目線ではこんな風に写っているんだろうね。
ついに信州も梅雨明けだ・・・・短い夏がやってきた。
a0071470_16575753.jpg

by kmkurobe | 2012-07-18 16:58 | 生態写真 | Comments(10)

ハイシーズンまっただ中!!!

a0071470_175778.jpg

週末はハイシーズンを堪能した。
しかも気の置けない虫友の皆さんと本当に楽しい時間を過ごすことができた。感謝感謝である。

今年は残雪の影響か、どの種類も雌雄がほぼ同時発生という、本当に忙しいゼフィルスシーズン最盛期になった。
a0071470_1761351.jpg
(インターバル撮影)
ウラクロシジミの新地開拓と開翅撮影は本当にうれしい出来事だったが、他にもいろいろと興味深い体験ができた。

カシワ系のゼフィルスは決して多い年では無かったが、撮影するタイミングに合わせたように、良い光を使うことができたと思う。

大好きなウラジロミドリシジミ。
a0071470_1763770.jpg
カシワの葉の上にちょこんと静止していた雄。
雌はこれなにを隠そう当家発生。
a0071470_1765440.jpg
自宅への進入路に止まっていた。

ウラジロミドリシジミ雄の開翅
a0071470_177148.jpg
この日は2回ともいい光が当たって、久しぶりに会心の青が得られた。

ウラジロミドリシジミ雌の開翅
a0071470_1772890.jpg
アングルがイマイチだがね傷のないきれいな個体だった。
ウラクロシジミの横で遅い時間までテリトリーを張っていたエゾミドリシジミ
a0071470_1775360.jpg
(インターバル撮影)
この場所では他に
a0071470_1784029.jpg
オオミドリシジミ
a0071470_179484.jpg
a0071470_1791548.jpg
ミズイロオナガシジミ
a0071470_1794825.jpg
ジョウザンミドリシジミ
a0071470_1710996.jpg
ウラキンシジミ
a0071470_17102358.jpg
ウスイロオナガシジミ
a0071470_17104046.jpg
ハヤシミドリシジミ

(他にアカシジミ)

アイノミドリシジミの開翅を狙って16日に南下。
a0071470_17115276.jpg
気温が高くなって結局雌だけだった。
いよいよ梅雨明け・・・・・うーんもう 今年も数えるほどしかチャンスが無い・・・・
頑張らなくちゃ・・・・・

と随分色々な種類が同時に発生していた。
by kmkurobe | 2012-07-17 17:03 | 生態写真 | Comments(8)

開け開け開けーーーー!!!!

昨年念願のウラミスジシジミの開翅を経験した。
個人的には「ゼフィルス開翅難易度?」を考えるとかなり高いと思う。
緑系のゼフィルスは運が良ければ、ほぼ全部開翅すると聞く。
残りの中ではとても無理だと思われるウラナミアカシジミ、アカ・キタアカシジミ2種は別にして、ウラクロシジミはかなり難易度が高い方であろう。
それでも、午前中早い時間に、やや擦れた雄のV字開翅を経験しているし、畏友SA氏の「蝶の生態写真」には見事な開翅写真が並んでいる。
a0071470_22191255.jpg

ウラクロシジミは毎年どこかで出会うことはあったが、狙って撮影できる種類ではなかった。
今年になってようやくそれなりの場所を開発できたがシーズンも終了。
ところが、べつの目的で入った、やや標高の高い発生地に多産していることがわかった。
ここ数日はとにかく朝・昼・夕と日参して叩きだし、念力をかけるも敗退・・・・・
昨日に続いて早朝から勝負。1頭目に降ろした雄がしばらくもぞもぞしていたら何と念力をかける間もなく開翅!
a0071470_22201525.jpg

葉の陰だったがインターバル撮影でなんとか1枚だけゲット。
これで念願が叶ったね。
しばらくして、 「フィールドノート」 のtheclaさんが昨日に続いて助っ人に何とすぐに彼が見付けた個体がまたまた開翅!
a0071470_2221642.jpg
これいい感じのV字開翅。透過光が裏面に透けてウンウン・・・・・
よし!今度は雌だね・・・・・
by kmkurobe | 2012-07-16 22:21 | 生態写真 | Comments(14)

ハイシーズンの中休み

a0071470_15231097.jpg

シーズンクライマックスは近い。すでに平地では一部夏枯れの様相を感じるこの頃だ。
とはいっても何処を見回しても、生活する周りには魅力的な生き物が一杯だ。
今年は色々な条件が重なったせいか、撮影には本当に楽しいシーズンを送っている。
もっとも天気はイマイチの所はあるが・・・・・・こればかりはね・・・・・

なぜか種類も個体数も豊富だ、ただあっという間に最盛期がどの種類も過ぎ去ってしまう。

7月に入って掲載できなかったゼフィルスをいろいろ。
今年はウスイロオナガによく出会う。
a0071470_1519979.jpg
a0071470_15202888.jpg
目新しい場所で撮影できた訳ではないが、毎年難関のこの蝶が何度もすばらしいチャンスを与えてくれた。
a0071470_15214130.jpg

アイノミドリシジミの雌。
a0071470_15221312.jpg
いつもの撮影地では雌雄ともに初撮影だ。

今年も水色が美しいアサマシジミに出会うことができた。
a0071470_15242338.jpg

エビラフジを食草にしている個体群で、かなりの豪雪地帯で発生している。
今年は残雪の影響かなかなか会うことができなかった。

絶滅に瀕していると聞く北海道亜種(イシダシジミ、イブリシジミ)によく似た感じの翅表は、全面に明るいブルーが乗ってとても美しい。
a0071470_15245659.jpg
この個体はヒメシジミと間違えそうなくらいに青い。

a0071470_15255542.jpg

裏面があまり白化傾向をしないことと、雌の前翅表面まで赤紋が華麗に現れる。
a0071470_15262255.jpg
a0071470_15265044.jpg
a0071470_15271592.jpg
a0071470_15273364.jpg

a0071470_15314838.jpg
この日は一番条件の良い時間帯と気候に恵まれたようで、開翅、求愛、吸蜜、と様々な生態を見せてくれた。

また来年もあえるといいね。
by kmkurobe | 2012-07-14 15:29 | 生態写真 | Comments(6)

インターバル撮影でオオムラサキを撮る

紅白のおめでたい背景でしたが、この雄はふられました・・・・・
a0071470_16243357.jpg

12日は最悪の予報。前回訪問した時には、信じられないほどのオオムラサキの雄を見ることができた。

こうなれば雌も見てみたい。
悪天候の中現地到着は11時過ぎ。
ところが台風並みの強風が吹き荒れ、建物の影にチラホラ見られるだけだ・・・・・・

雌は全く見つからない・・・・・
a0071470_16245846.jpg

一回りしていると下草にたくさんのミヤマカラスシジミが止まっていた。
ゼフィルスも各種が風を避けているようだ。
a0071470_16251296.jpg

 オナガシジミがもう出ていた。
a0071470_16252898.jpg
クロミドリシジミかとドキッとしたが、ミドリシジミもいた。いよいよゼフィルスも千秋楽、後はムモンアカシジミだけとなってしまった。

風が少し落ち着くと雌を追いかけて多数の雄達の空中戦が始まった。
a0071470_16254546.jpg

あちらこちらで求愛行動も見られる。

高い木の上でテリを張る雄の目線で撮影してみたかった。
a0071470_1626023.jpg
これは4㍍弱の高さ。
鮮度はやや悪いが思ったより良い感じで撮影できた。
a0071470_16261569.jpg

栗の木の高いところに雌が止まっていた。
300㎜ではこんな感じでしか写らない。
a0071470_1626308.jpg

インターバル撮影がうまく決まって、オオムラサキの雌が良い感じで撮影できた。
オオムラサキくらいのサイズでコントラストがはっきりした蝶はうまくピントが決まるようだ。

前日までよく開いてくれたゼフイルス達。
さすがに「赤」も「銀」も「緑」も「黒」も開かず。
a0071470_1627121.jpg

ハヤシミドリシジミ雄
a0071470_1627199.jpg

ハヤシミドリシジミ雌
a0071470_16274423.jpg
a0071470_16275723.jpg

ウラミスジシジミ
a0071470_16282299.jpg

今年初見のウラジロミドリシジミ雄
a0071470_16283936.jpg
a0071470_16284794.jpg

ウラクロシジミ
は随分粘ったが開かず。
ここは標高が高いのでしばらく楽しめそうだ。
a0071470_1629194.jpg

こんな感じの場所をインターバル撮影。
a0071470_16291214.jpg

風さえなければ真下からならば、かなり有効な方法だね。
さあ連休の天気はどうだろうかね・・・・・
by kmkurobe | 2012-07-13 16:29 | 生態写真 | Comments(2)