<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

蕎麦の花がさくのも、もうすぐだろう・・・・・・

とてつもなく暑い日が続いている。ただ日没が早くなり、朝日の当たる角度が変わってめっきり秋らしい光が感じられるようになった。
a0071470_16252865.jpg

久しぶりに五竜岳が見える定点の稲田もずいぶんと色づいてきた。
a0071470_16254828.jpg

久しぶり姿を見せた白馬三山。
散歩道にも秋の気配がしてきた。
a0071470_1626481.jpg
乾燥がつづいているせいか、秋の花はほとんど目に付かない。
まだまだ少ないが、アキアカネが田圃に降りてきている。
a0071470_16262277.jpg

カミキリムシを2種。
a0071470_16263849.jpg
なぜか最近見ないアカハナカミキリ。
a0071470_16265268.jpg

これはムナクボカミキリかな?

少しだけ生気が戻ったコマツナギには、クロツバメシジミ、ミヤマシジミが吸蜜に。
a0071470_16271355.jpg
a0071470_16272427.jpg

今年はこれで最後かな???
a0071470_1627406.jpg
a0071470_1627493.jpg
a0071470_16275768.jpg


1500㍍付近では名残のベニヒカゲが。
a0071470_16281593.jpg

一雨降ればめっきり秋らしくなるのかな・・・・・蕎麦の花がさくのも、もうすぐだろう・・・・・・
a0071470_1628308.jpg

by kmkurobe | 2012-08-27 16:28 | 生態写真 | Comments(4)

晩夏の安曇野-キベリタテハ

a0071470_15384533.jpg

とにかく毎日が暑い。もっともこれで文句を言っていては・・・・・なにせ明け方は20度を割る。
あちらこちらで毎日大雨警報が出ているが、当地では乾ききって、虫も植物も青息吐息である。
秋の訪れを感じたくて安曇野を南下した。
しばらく訪れない間に、稲穂が頭を垂れ、色づき始めた田もあちらこちらで見られるようになった。

相方にお願いしてカメラを持って貰う。実は小生よりもキャリアは長い。もっともデジタル時代になってからは、携帯以外のカメラは決して持とうとはしなかったが・・・・・
1970年製ペンタックスSP-コンタックスT2というマニアックな路線から今様ミラーレス(NEX-3)に持ち替えて・・・・・
a0071470_15392512.jpg

写ってましたね・・・・・これが・・・・・
遠くから見ていると気合いが入っているのがわかりました。「雀百まで踊り忘れず」ですね・・・・
2度と持たないとは言ってましたがね・・・・・・
いやいや「二人写」と言うのもなかなかえーもんですわ・・・・・

久しぶりに入った林道はすっかり晩夏の佇まい。
a0071470_15403211.jpg
a0071470_1540428.jpg

アカソもイタドリもきれいに色づいていた。
a0071470_15395522.jpg
最初に出会ったのがシータテハ、続いて本命キベリタテハ。
a0071470_15401589.jpg

以上4枚は拝借した作品。


キベリタテハのエンジの地色、文字通り鮮やかな黄色い縁取り。そして並列する青斑。
a0071470_15414253.jpg
いやいや何時出会っても感激だね。

昨年より1月早く訪れたので、やはり標高の高い場所でのみ観察できた。
久しぶりに綺麗な個体が複数飛び回っていた。負けずに激写。
a0071470_1542765.jpg
a0071470_15421721.jpg
a0071470_15423336.jpg
a0071470_15424361.jpg
a0071470_1542508.jpg


他にはシータテハ
a0071470_15433860.jpg

エルタテハ
クジャクチョウ
a0071470_15434916.jpg

サカハチチョウ夏型
a0071470_1544258.jpg
まだまだ綺麗なコムラサキ
a0071470_154418100.jpg
等々。
帰路訪れたおしゃれなレストランで。
a0071470_15444167.jpg
a0071470_15445598.jpg
a0071470_1545821.jpg

晩夏の安曇野を満喫。いやいやこんな休日もいいもんだね。
a0071470_15452297.jpg

by kmkurobe | 2012-08-24 15:45 | 安曇野 | Comments(14)

急に秋らしくなってきた。

a0071470_16302145.jpg

お盆に入り、急に秋らしくなってきた。もっとも融雪が遅れた高原は夏の花が真っ盛りだ。カノコソウが本当に美しい。
今季の撮影スケジュールも残り少なくなったね。
a0071470_1630554.jpg

標高1800メートルあたりではやや遅れ気味にベニヒカゲが発生していた。
期待したマツムシソウはまだ咲いていない・・・・・
それ程、気温は高くなかったが、ベニヒカゲたちはひたすら吸水、休止を繰り返していた。
a0071470_1631247.jpg
a0071470_16313931.jpg

訪花は全く見られない。
久しぶりに会った、羽化直後の個体は本当にビロードのようで美しい・・・・・

ゴマシジミも少なくなり、あちらこちらで産卵を観察することができた。
a0071470_16321833.jpg


一雨あり、遅れていたクロツバメシジミの第3化の発生が始まった。
a0071470_16325318.jpg
a0071470_16331574.jpg

今年は本当に乾燥がひどく、さすがのコマツナギも厳しい状態に・・・・
a0071470_16334269.jpg
a0071470_1634084.jpg

そんな中でミヤマシジミの産卵が。
今年は両種とももう一度は楽しめそうだね。
天気が良くない日が続く・・・・・もう一度どこかへ出かけてみたいもんだね・・・・
a0071470_16342539.jpg

by kmkurobe | 2012-08-14 16:35 | 生態写真 | Comments(8)

蟻の巣三種 他

a0071470_1811113.jpg

とにかく連日やたらと暑い日が立秋をすぎても続いている。
お盆前の最後のお休みだ。何とか有効に使いたい・・・・・・
a0071470_1757756.jpg


朝方、家を出ると一面の朝霧。短い盛夏がやって来た。
何処へ行くと決めずに南下する。

安曇野の中程まで来ると霧も上がり、まぶしい日差しにアルプスが輝いている。

この時期に撮影に出られるのは本当に珍しい。随分会っていないコヒオドシに会いに行くことにした。
このチョウ私にとっては最初の高山蝶だ。
羽化直後は林道沿いや沢沿いに集まっているのだが、お盆を過ぎるとどこかへ消えてしまう・・・・・
a0071470_17573854.jpg

さんざん歩いてやっと撮影することができた。
a0071470_17583998.jpg
珍しくヒヨドリバナで吸蜜していた。

さて「第1の蟻の巣シジミ」が産卵していた。
a0071470_17591411.jpg
さすがに時季はずれでこの1頭しか見つけられなかった。

ただここでは久しぶりにツマジロウラジャノメに会うことができた。
a0071470_17592958.jpg
うれしい・・・・・

色々考えた末、やや早いかと思われたが「第2の蟻の巣シジミ」をさがしに転戦。
さすがに暑くて飛び回るばかりだ・・・・・・
a0071470_1759538.jpg

何とか木陰でお昼寝中を撮影。
a0071470_180981.jpg

吸蜜するのはなぜかハギの花ばかりだった。

ここまで来たらもう「第3の蟻の巣シジミ」しか無いね。
地元ムモンアカシジミの活動時間にぎりぎり間に合いそうだったので、急遽帰路に着いた。
a0071470_1802776.jpg

発生地到着が2時過ぎ。やや風があってなかなか降りてこない。

テリ争いに負けた個体が灌木に着地。なんといきなり開翅・・・・・・
a0071470_17564588.jpg
数枚撮影しただけであっけなく飛び去った・・・・・うーん・・・・残念・・・・・

さうもう2日半でお盆休みだ・・・・・
さて今日もはやく寝なくては・・・・・・ガンバレ「なでしこJapan」!!!
by kmkurobe | 2012-08-09 18:00 | | Comments(11)

猛暑続く・・・・・チョウも飛ばない・・・・・

a0071470_15401316.jpg

いやいやいや・・・・暑い!まぶしい!ほこりっぽい!
八月に入ってからとにかく一日中アルプスが見えている。
a0071470_15403522.jpg


6/21に始まった2012年ゼフィルス・シーズンもついに千秋楽。
オオトリを飾るムモンアカシジミの発生が地元でも始まった。
a0071470_1541354.jpg


安曇野で撮影可能なゼフィルスは多分20種類。
長野県で記録されているのがチョウセンアカシジミ、ヒロオビミドリシジミ、キタアカシジミを除いた22種類。

今期は山梨県のクロミドリシジミを含めて19種類を撮影たので自分自身としては納得のシーズンとなった。

この時期は毎年雑務で撮影のチャンスが少なくなってくる、ムモンアカシジミはそんなときの最高の被写体なのだが、今年はどうも様子が違う・・・・・・

オリンピックが始まると共に雨が全く降らない・・・・・しかも湿度が異常に低い・・・・・・
日照時間はやたらと長い・・・・・
そんな異常気象によって、ムモンアカシジミのサイクルにも変化が現れているのかもしれない。
a0071470_15414664.jpg

例年朝方は決まった枝先に静止。午前中はやや暗い場所に降り、正午過ぎから活動。吸蜜、吸水、産卵は4時過ぎに及ぶパターンのはずなんだが・・・・・

とにかくチョウの姿がほとんど見られない。ここは是非是非一雨欲しい・・・・・

ムモンアカシジミの発生は昨年と全く同じ7月30日から。
a0071470_15421241.jpg

朝方は吸水している個体も観察できた。
遅れて発生したキバネセセリもそろそろ終盤。
a0071470_15434830.jpg

この究極の「夏枯れ」はいったいどうしたことだろうね・・・・・・

もっとも明け方までテレビ観戦をしているので、休息にはなっているかな・・・・・・
a0071470_1544535.jpg

by kmkurobe | 2012-08-04 15:45 | 生態写真 | Comments(2)