<   2013年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

とにかく毎日寒い!!

a0071470_14315420.jpg

連休2日目晴れ間は出たのだが、とにかく気温が上がらない。
今年も撮影仲間の皆さんと情報をやりとりしながらの撮影。
陽だまりでなんとかヒメギフチョウを撮影できたのみ。
a0071470_14325547.jpg
a0071470_14331023.jpg

先日あまりにもバッチリと撮影できたので、イマイチ達成感がない。
夕刻より、いつもの居酒屋でいつもの皆さんと歓談。
いやいやGWはやっぱりこれですよ。
翌日は気温も上がり、11時近くからはあちらこちらで羽化直後と思われるギフチョウが飛び始めた。
残念ながらすべてノーマルの♂ばかり。
a0071470_14334975.jpg
a0071470_1434471.jpg
ただこのところ観察を続けていた、ヒメギフチョウの発生地でギフチョウを複数確認できたことはうれしかった。
ここはミヤマアオイが観察できない場所で、周囲はヒメギフチョウの発生地に取り囲まれている。

たしかに直線距離ならば2キロ以内にギフチョウの発生地はあるのだが。ハイブリッドの可能性があるうれしい発見だね。
a0071470_1434303.jpg

a0071470_14345723.jpg
あまり良い写真は撮れなかったけど、キブシでの吸蜜が初めて観察できたのはうれしかった。

この1週間の冷え込みで桜もまだまだ綺麗だ。
a0071470_14352013.jpg

大好きな1本桜も五分咲きと言ったところかな。
a0071470_14354216.jpg
a0071470_14363396.jpg
a0071470_14374429.jpg

日が傾く頃、どこからともなく古い銀塩カメラを片手に(多分ペンタックスSP)地元の方と思われる老カメラマンが現れる。
さりげなく撮影を済ませると帰路へ・・・・・・
a0071470_14361221.jpg
背景は暮れなずむ北アルプス不帰岳だ。
この後ろ姿、良かったねぇ・・・・・・
うんうん、良いねぇ、良いねぇ。
by kmkurobe | 2013-04-30 14:38 | 生態写真 | Comments(16)

大荒れの雨上がり

a0071470_15454377.jpg

大荒れ、そして3日連続の氷点下の気温。
コブシの花などは真っ茶色に変色してしまった。
朝からワクワクして飛び出したものの、地表の温度が全く上がらない。
カタクリやキクザキイチゲの花が10時をすぎても一向に開いてくれない・・・・・
11時をすぎてやっと1頭のギフチョウ発見。
a0071470_1546096.jpg
a0071470_15462267.jpg

どうも先日の第1号と同じ個体・・・・・
a0071470_1546388.jpg

つぎにカタクリに来た個体は尾状突起がない・・・・・
どうも冷え込みのせいで後続は羽化していないようだ・・・・・
あちらこちらと回った末、カタクリの咲いている発生地では最盛期のようだった。
いきなり吸蜜!!!!
我ながら十分な余裕で撮影。
a0071470_15465667.jpg

久々のベストショットである。
a0071470_15471743.jpg
a0071470_154734100.jpg
すでに交尾済みの♀もいて、ウスバサイシンは全く伸びていないのにあちらこちらに止まっては産卵行動をしていた。
a0071470_15481938.jpg
a0071470_15475626.jpg

午後になっても晴天は続いて、遠く雨飾山もはっきりと見えている。
a0071470_15484363.jpg
もう一度ギフチョウ発生地へ戻ると、黄色い個体が飛んでいる。
a0071470_1549122.jpg

やったと思って、どきどきものでシャッターを切ったらなんとヒメギフチョウ・・・・・ここはいわゆる混生地ではないのだが、毎年1回は観察できる。
ウスバサイシンは今のところ何処にも見つからないのだが・・・・・・毎年必ずどなたかが撮影されているようだ。
それでもなんとかカタクリで撮影。
a0071470_15491767.jpg


午後2時半お休み前の吸蜜を狙って朝方の撮影地へ。
光が傾いて高いところばかりを飛んでいたが、ワンチャンスをものにできた。
a0071470_15494358.jpg

今日はまたも寒気が入って大荒れだ・・・・・場所によってはかなりの雹も降ったようだ・・・・・
ウーン今年のGWはどんなになるんだろうね・・・・・
by kmkurobe | 2013-04-26 15:50 | 生態写真 | Comments(6)

寒の戻り

a0071470_14141797.jpg

今週は大荒れの気候で始まった。
先週末から入った寒気のせいでとにかく寒い。
a0071470_14183649.jpg
a0071470_14185126.jpg

県内の多くで、スイカ、モモ、アスパラガスなどの農業被害が続出・・・・・
21日の日曜日、この時期とすれば久々の「結構な」積雪となった。
a0071470_14151172.jpg

満開を期待されたコブシの花も無残に萎れてしまった。
a0071470_14161694.jpg

先週撮影されたものをご覧になれば、よくおわかりになると思う。
翌月曜日は更に冷え込みが厳しく-4度。小山の桜は満開になり、ウスバサイシンの株も大きくなった。
a0071470_1421866.jpg
a0071470_14211943.jpg

日差しが出て、雪は溶け始めたものの、これではなにも飛ばない・・・・・
23日になってようやく気温は上がってきたが、天気は下り坂・・・・・お昼休みには高曇りに・・・・・やはりなにも飛ばない・・・・・
a0071470_14221133.jpg
a0071470_14222495.jpg

ほとんど諦めていたら、道路脇をフラフラと飛んでいる♂を発見。
近くの灌木に止まった。
a0071470_14224977.jpg
a0071470_1423479.jpg

外縁がやや擦れているのを見ると、やはり先週に羽化したもののようだ。
a0071470_14232413.jpg

それでも初撮りは毎年のことといえどうれしいね。

明日は天気が回復傾向とか。うーん地元がダメなら何処へ行こうかな・・・・・・・・

いずれにしても、明ぁー日ぁ天気になぁぁーーーーれ!!!
by kmkurobe | 2013-04-24 14:23 | 生態写真 | Comments(6)

春爛漫(2)-姫川下流の蝶

a0071470_16292755.jpg

ファンヒーターのタイマーをかけ忘れ、あまりの寒さに目が覚めた。
なんと桜の花を背景に雪が降っている・・・・・・
毎年の事とは言え、この時期の温度差は±25度近くあり、からだにはきつい・・・・・
満開のコブシも、寒気が入って、怪しげな空模様に縮こまっていた。
a0071470_1630584.jpg

さて姫川最下流は4日ほど前、暑くてなかなか止まってくれなかったが、綺麗な個体が次々と桜に吸蜜にやって来ていたので、なんとかしようと勇躍出撃・・・・・
中流域を覗いてみたが、ここはまだまだのようだった。
a0071470_16302747.jpg

それでも懐かしい木造校舎に桜が咲き始めていた。

海が見える頃になって段々と空模様が怪しくなり、急に気温が下がり始めた。
撮影地についてもまったく蝶が飛ばない・・・・・・
待つこと1時間、雲の切れ間から光が漏れると何頭か飛び出したが、日光浴が精一杯。
a0071470_16305053.jpg
a0071470_1631512.jpg

なんとか雌雄撮影できたが、目的の桜には近寄りもしなかった・・・・
それでもこの雌は当地産としては越中並の「赤上がり」。
a0071470_16312615.jpg
a0071470_16314174.jpg

できればスミレではなくて、ショウジョウバカマに止まって欲しかったね・・・・・
さて昨日の「桜ヒメギフ」好評につき追加を数枚。
a0071470_16315996.jpg
a0071470_16321316.jpg
a0071470_16322535.jpg
a0071470_16324186.jpg
やはり桜は難しい。
お昼を過ぎても寒い!寒い!
こりゃこの週末はまただめかな・・・・・残念・・・・・
a0071470_16325351.jpg

by kmkurobe | 2013-04-19 16:33 | 生態写真 | Comments(8)

春爛漫(1)-姫川上流の蝶

a0071470_19242168.jpg

春霞に煙ってはいるが、満開のコブシと北アルプスが美しい。
リモートスイッチでいつもと違う角度から撮影してみた。
a0071470_19243540.jpg

これで地上約4メートル。画面下にコブシの花が入ると華やかな感じがするね。
午前10時には気温20度を軽く突破・・・・・・いやいや暑い・・・・・
小山の桜が一気に咲き始めたので、なんとかヒメギフチョウの桜吸蜜ゲットによじ登る。
不思議なことに、ここでは特定の時間に桜に訪花する。
a0071470_1925507.jpg
a0071470_19254242.jpg
a0071470_19252086.jpg

やはり日照がかなり関係しているのだろう。
本日もほぼ定刻になると、それまで広い範囲を飛び回っていたヒメギフチョウ達が、三々五々寄り道をするようになった。
a0071470_19263653.jpg
a0071470_19261057.jpg

それなりに撮影できたのを色々。
a0071470_19264813.jpg
かなりすれた個体か多くなってきた。うーん今年の旬は短かったね・・・・・・
by kmkurobe | 2013-04-18 19:26 | 生態写真 | Comments(10)

花という花が一斉に咲き始めた。

a0071470_16499100.jpg
暖かい夜明けになった。
犬との散歩に手袋、ジャケット無しというのは、この季節では滅多にないことだ。
花という花が一斉に咲き始めた。
例年の順番とは関係なく咲くようで、ウメより先に桜が咲き始めた。
a0071470_16494457.jpg

このコブシは最近見つけたお気に入りだ。
a0071470_16502725.jpg
a0071470_1650547.jpg
a0071470_1651934.jpg
棚田の中程にぽつんと一本だけ佇んでいる。
ここは風が強くかなり厳しい場所だ。
a0071470_16513563.jpg

四十九院のコブシは花の名所。例年ならば足下には野沢菜の花が満開なのだが。
a0071470_16515218.jpg
a0071470_16521433.jpg
a0071470_16523210.jpg

小山の桜もまずオオヤマザクラが3分咲き。
a0071470_1652546.jpg

25度近いのでヒメギフチョウはたった1回しか訪花してくれなかった。
a0071470_16531078.jpg

自宅付近もキクザキイチゲ、カタクリと賑やかになった。
a0071470_16532981.jpg
a0071470_16534585.jpg
もっともこれではGWは寂しい風景になってしまうかもしれないね・・・・・うーむ・・・・・なかなかうまくいかないもんだ・・・・・
by kmkurobe | 2013-04-17 16:53 | 安曇野 | Comments(2)

6月上旬並みの暖かさになった。

a0071470_19565773.jpg

6月上旬並みの暖かさになった。
村中のコブシが開花。
いやいや忙しい。
アルプスを背景にこぼれんばかりに咲くコブシの花が好きだ。
これこそ安曇野の春だと思う。
このコブシは村内屈指の巨木。
a0071470_19573428.jpg
a0071470_19572277.jpg

しかも左手には五竜岳、右手には白馬三山。
何年かに一度すばらしい時間に出会うことができる。

昨日雌が出始めていたので、交尾シーンを期待して小山を登る。
いやいや信じられないくらいに暑い。
a0071470_19575459.jpg

ウスバサイシンにはすでに産卵済み・・・・・
a0071470_1958635.jpg

あらら・・・・・
a0071470_19582259.jpg

やたら飛び回っているばかりだが、交尾済みの雌がスミレで吸蜜。
a0071470_19585410.jpg
a0071470_19584277.jpg

交尾嚢を確認済みの個体にかなり新鮮な雄が突撃????
a0071470_19591062.jpg

やたらしつこい・・・・・
a0071470_19592422.jpg

絵にはならないが・・・・・
a0071470_19593831.jpg

今月からフォーサーズ友の会にも入会した。
仲間内トレンドのドラマティック・トーンで。
a0071470_19595011.jpg

カタクリもオオヤマサクラもちらほらと咲き始めた。
次の晴れ間には、きっと久々の出会いが予感されるね・・・・・・
by kmkurobe | 2013-04-16 19:59 | 生態写真 | Comments(4)

夜が明けると強烈な日差しに。

a0071470_20502570.jpg
昨晩(14日)は激しい雷雨。夜が明けると強烈な日差しに。
気温はぐんぐんと上がり、25度近くになった。
a0071470_2050546.jpg
a0071470_20504399.jpg

コブシの花が咲き始めた、週末には満開になることだろう。なにか本当にわくわくしてくるね・・・・・
雨上がりの気温上昇はチョウ達の羽化を促進する。
ヒメギフチョウの交尾を期待して、今日も小山で昼食。
a0071470_20511288.jpg

新鮮な雌を発見したが、すでに交尾嚢がついていた。
それでもこの雌は休耕田での吸水。
a0071470_20514520.jpg
a0071470_2051341.jpg
a0071470_20512521.jpg

他あちらこちらの花でポーズをとってくれた。
a0071470_20515788.jpg

タンポポでは久しぶりで撮影できた。しかも完ピンの雌だ・・・・・やったね・・・・・
a0071470_20522377.jpg
a0071470_2052145.jpg
オオイヌノフグリ、タチツボスミレとやはり青い花に惹かれるようだ。
おもしろかったのは、この落ちていた飴りパッケージ・・・・・
a0071470_20524190.jpg

かなりしつこく草の間に潜り込んでいた。
桜の開花ももうすぐだろう。
春はやっぱりいいね・・・・・
a0071470_20525397.jpg

by kmkurobe | 2013-04-15 20:53 | 生態写真 | Comments(4)

桜前線を追いかけてー越中、越後のギフツアー

a0071470_20491565.jpg

久しぶりに晴れの週末。期待は膨らんだが・・・・・
「虫林花山の散歩道」の虫林さんそして
「ネイチャーKENDAMARの歳時記 」のOさん。
これ以上ない最強の助っ人達と向かうのは、「越中・越後のギフチョウ探索」
しかも「桜吸蜜」というかなりハイレベルな目標だ。
a0071470_20493731.jpg

剱岳が見える越中の発生地は、昨年かなり成果の上がった場所で、桜もきれいに咲いていたが・・・・・いかんせん我々の頭上だけに雲が・・・・・・
a0071470_2053397.jpg

2時間ほど粘ってなんとか撮影。
a0071470_20501544.jpg
a0071470_2050216.jpg


やはり順光で撮影しないと・・・・・
a0071470_20503480.jpg
やはりハードルは高いね。
それでもなんとか雌も撮影。
a0071470_20505579.jpg

ここのカンアオイはたぶんヒメカンアオイだと思われる。
a0071470_20511125.jpg

中型円形の葉をしていた。

お昼過ぎまでがんばったが・・・・・越後ギフチョウへ転進。
ここでは気温が高くてなかなか止まってくれない。
a0071470_20513295.jpg

ここのカンアオイはクロヒメカンアオイ(クビキカンアオイ)と呼ばれていて、大きく、スペード型をしている。
a0071470_20532297.jpg
10日ほど前には雄の出始めだったのだが、交尾嚢を付けた雌も観察できた。
a0071470_20515670.jpg

最後の最後でなんとかきれいな雌雄をゲット。
a0071470_20522334.jpg
a0071470_2052899.jpg

3日前はフォッサマグナ南端の黒いギフチョウ。ここは日本海まで数キロの北端。
200キロを超える距離・・・・・・我ながらよくやるね・・・・・
やはりかなり白い。

さすがに信州ヒメギフには間に合わなかったが、本当に楽しい一日を過ごすことができたね。
両氏に本当に感謝です。
by kmkurobe | 2013-04-14 20:53 | 生態写真 | Comments(10)

凍てついた朝になった。

a0071470_16145035.jpg

寒いどころか凍てついた朝になった。
フロントガラスはバリバリに凍っている。
a0071470_16151774.jpg

通勤路も一転して、冬に逆戻りだ・・・・・・
a0071470_16153942.jpg

a0071470_1616218.jpg
開き始めたコブシの花にも、食べ頃の土筆にも雪が積って、朝日に輝いていた。
お昼近くになって、やや気温が上がってきた。
せっかくセットアップしたので、ワイヤレス撮影セットを試運転に。
a0071470_16165231.jpg

結局なにも撮れなかったが、実戦配備可能なのはわかった。
ただせいぜい地上高4㍍くらいが良いところだろう。
桜に訪花するギフチョウに挑戦できないかな・・・・・
a0071470_16171462.jpg

ウスバサイシンの葉が随分開いてきた。
a0071470_1618277.jpg
a0071470_16183871.jpg
a0071470_16184941.jpg

ややスレが目立つ個体が多くなってきたが、気温が低めのせいか、時々スミレで吸蜜。
うん、これはこれで満足。
a0071470_1619571.jpg

あしたも天気が良さそうだ。どこかお花見に出かけてみたいね・・・・・
by kmkurobe | 2013-04-13 16:18 | 生態写真 | Comments(2)