<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久しぶりの念力2014

a0071470_22285558.jpg


ここへ来て、自分でもあきれるくらいに撮影している。
また、なにか巡り合わせがよく、季節も出会いも過ぎていくような気がする。

どんどん貯まっていくデータを見直して、毎夜テレビを見る暇もなく過ぎていく。
W杯の録画も貯まってしまったね・・・・・・
さて今朝もすばらしい出会いがあった。

ほぼ毎日のお散歩コースにある小さな林。

今シーズンはこれまでアカシジミ、ウラゴマダラシジミ、メスアカミドリシジミ、ウラクロシジミの順で出会いがあった。
毎年順番はほぼ決まっているね。

林の入り口付近でやや小型のゼフィルスが飛び上がって近くのコナラに止まった。
かなり薄暗くて、ISO感度をオートにする。
a0071470_22292024.jpg

よく見るとアイノミドリシジミの雄のようだ。
うれしい昨日に続いての出会いだ、今日は暗いながらもそこそこのポジション。

薄日が差し始めると葉上を動き回って「スリスリ」!!
久々の「念力勝負」!
a0071470_22294729.jpg
おお!!
a0071470_22301723.jpg
開けぃ!!!!
a0071470_22303563.jpg

やったね!!!!!

ドキドキのまま移動しようとしたら、目の前のクマザサの上に今度は雌がチョコンと静止していた。
a0071470_2231330.jpg

こちらも動きがありそうだ!
a0071470_22311746.jpg

開け!
a0071470_22313112.jpg
開~け!!
a0071470_22314451.jpg
開~~~~け!!!!
a0071470_2232352.jpg

またまたやったね!!!!!
a0071470_22331461.jpg
a0071470_22362015.jpg

「念力」2014年バージョンは我ながらすごい・・・・・
実はここ数日なぜか各種にすごい威力を発揮・・・・
うーん・・・・・・

この後すぐ近くのイタドリに移動してまたしても全開!!!
a0071470_22335885.jpg
a0071470_22333924.jpg

今朝の早起きはいったい「何文」になったんだろう・・・・・
a0071470_22341477.jpg
a0071470_22372192.jpg

by kmkurobe | 2014-06-30 22:37 | 生態写真 | Comments(2)

α-6000でおまかせ飛翔撮影

今期導入した新兵器α-6000。
なかなか使いこなせずにいたが、追尾AFという設定がある。

通常「飛翔撮影」は置きピンにして、震度が深い広角レンズの特性を生かして連写する。

もしも歩留まりは悪くても、そこそこ使い物になればと、淡い期待を抱いて実験してみた。

結果、特定の条件さえクリアできれば、ちゃんと写るような気がしてきた。

本日はほんのわずかな時間しか試せなかったが、何枚かそこそこ写っていた。
a0071470_2184254.jpg
a0071470_2183444.jpg
a0071470_2182734.jpg
a0071470_2181831.jpg
a0071470_218125.jpg


メスアカミドリシジミの卍飛翔です。
by kmkurobe | 2014-06-25 21:09 | 生態写真 | Comments(6)

完ピン!!!!!

a0071470_20585195.jpg

マイマイガの被害が当村でもひどい。
生物学的に考えると、何らかのバランスが崩れて、生存率が異常に高くなってしまったのかな?????
今年はなぜか被写体となる蝶の個体数が多いような気がする。
同じ鱗翅目だからかも?

a0071470_2059595.jpg

これは新兵器TG3をWi-Fi+スマホで撮影。でもいまいち使いにくいね。

ここ数年ぶりにヒョウモン類の個体数が多いばかりではなくて、ゼフィルス達も賑やかな気配が。
この時期メスアカミドリシジミが「真昼のエメラルド」として輝きを増す。
今年は本当に久しぶりに我が家の庭でも「卍飛翔」が観察できた。
うれしいね・・・・・・
以下はスタンダードにワイヤレスリモコンで撮影。

羽化直後のメスアカミドリシジミは息をのむほど美しい。
a0071470_2173923.jpg
a0071470_2172550.jpg
a0071470_2171765.jpg
a0071470_217811.jpg
a0071470_216792.jpg
a0071470_2154929.jpg
a0071470_2153689.jpg
a0071470_215952.jpg
a0071470_2145726.jpg
a0071470_2144676.jpg
a0071470_2143216.jpg
a0071470_2142279.jpg
a0071470_2141437.jpg
a0071470_214456.jpg
a0071470_2175825.jpg
a0071470_2135381.jpg
a0071470_2134444.jpg

いやいや忙しい。頑張らなくっちゃね・・・・・
a0071470_2184419.jpg

by kmkurobe | 2014-06-24 21:08 | 生態写真 | Comments(4)

復活の気配

a0071470_15321531.jpg

6月も半ばを過ぎて、全国的には梅雨の中休みということらしい。
16日は久しぶりに夏空が広がった。夏草がずいぶんと丈が伸びて、青臭い香りが充ちて、朝露がきらきら光っていた。
今年は久しぶりにヒヨウモン類を初めタテハ類が5年ぶり復活の気配がある。
a0071470_1535139.jpg
シーズンはじめのクモガタヒョウモンの多さには驚いたが、安曇野周辺どこも各種ヒョウモンが目に付く。
a0071470_15323654.jpg

姫川中流域からみた北アルプス左から「鹿島槍」「五竜岳」「唐松岳」、見えているスキー場は手前から、「栂池高原」「岩岳」「八方尾根」。
見晴台になっている広場には多数のヒョウモン達が吸蜜に来ていた。
a0071470_15332775.jpg

普段は敏感なはずなのに、広角で近づいても全く逃げない。
クモガタヒョウモンの雌があちこちにいた・・・・・うれしい・・・・・
a0071470_15334258.jpg
a0071470_1534149.jpg

ウラギンヒョウモンはレッドクローバーやシロツメクサ。
a0071470_15343979.jpg
クモガタとメスグロはヒメジョオンがお気に入りのようだ。
a0071470_15345480.jpg

本日、12日発売になったばかりの、OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughが届いた。
GWに海野和男氏からプロトタイプを見せていただいて、楽しみに待っていた新製品だ。
早速試し撮りに出かける。

JPEGしかないのである意味気楽に撮影できる。

午前中降っていた雨も小やみになり、スキー場の近くには羽化したばかりのヒョウモン類がビックリするほどたくさん吸蜜していた。
a0071470_15363551.jpg

一番多かったのはウラギンヒョウモンとメスグロヒョウモンの雄。
a0071470_15353497.jpg
a0071470_15355217.jpg

雌も1頭だけ発見。いつ見てもどきどきしてしまう。
a0071470_1536852.jpg
この蝶なんか好きだね・・・・・
クモガタもちらほら見られた。
a0071470_15401993.jpg


実は今月になってから、時間に余裕ができたため、とにかくたくさん撮影してしまった・・・・・・
山のようなボツ画像を整理するばかりで、なかなかブログが更新できない・・・・・

昨日17日はついにアカシジミも発生していた。
いよいよ忙しくなりそうだね・・・・・・

次回シーズン初めのゼフ達をいろいろ。
a0071470_1536533.jpg

by kmkurobe | 2014-06-18 15:36 | 生態写真 | Comments(6)

クモガタヒョウモン

a0071470_10222940.jpg
毎日蒸し暑い日が続いている。6月第一週は例年ならば「オレンジ週間」・・・・・
今年は発生が早かったこともあるが、とにかくお休みと天気が合わない・・・・・・
18年間、毎日の日課だった「お散歩」が無くなったので、健康維持のため近場を歩くことにした。
この季節はタニウツギからニセアカシアに変わり、初夏の蝶が続々と登場する。
a0071470_10241129.jpg

クモガタヒョウモンは決して珍しい種類ではないが、狙って撮影できる蝶ではない。
当地でも他のヒョウモンに先駆けて登場するのだが、ほんの10日ほどで夏眠に入ってしまうようで、なかなかチャンスに恵まれなかった。

この河原は犬たちが若かった頃はとにかく毎日かよって、四季の移り変わりを楽しんでいた。
ここ数年は河川工事や犬たちも弱ってきたのでしばらく遠ざかっていた。
a0071470_1023438.jpg

環境も落ち着いてきたようで、ほとんど見られなくなっていたヒメシジミが随分復活していた。
a0071470_1056291.jpg
a0071470_10564333.jpg
a0071470_10584770.jpg
a0071470_1059123.jpg

何より驚いたのは、クモガタヒョウモンがたくさん飛んでいる。
a0071470_10244874.jpg
a0071470_1025051.jpg

以前に来たときはほとんどウラギンヒョウモンばかりだったのだが・・・・・
うれしい誤算だね。
a0071470_10423956.jpg
a0071470_10425120.jpg

雄があちらこちらで探雌行動をしているようで、なかなか止まってくれない。
夕方になると、ニセアカシアで吸蜜。
a0071470_1041954.jpg

今朝は日差しが強かった。
8時頃に出かけてみるとあちらこちらのイタドリで日光浴をしている。
a0071470_10413787.jpg

ものすごく敏感であっという間にすべての個体が飛び上がってしまった・・・・・
残っていたのは、羽化不全のこの雄だけ・・・・・
a0071470_1042544.jpg


お昼休みにそろそろ雌が出ていないかと再訪した。
a0071470_10422317.jpg

交尾しているカップルが見つかった。
よく見ると雄は朝方見かけた不全個体・・・・・
元気な雄達があんなにたくさんいたのにね・・・・・

恋が成就するのは、力や若さだけではないのだね・・・・・・
いやいや生き物というのは本当に不思議だね・・・・・・
a0071470_10592774.jpg

by kmkurobe | 2014-06-13 10:42 | 生態写真 | Comments(4)

いよいよハイシーズン突入だ。

a0071470_21431479.jpg

連日の夏日と激しい気性の変化に体がついて行かない・・・・・
a0071470_21483370.jpg

初夏の蝶たちも次々と登場し始めた。
ミヤマシジミはやや早めの発生。
a0071470_21434526.jpg

なぜか雄ばかりで、発生後1週間以上たつのに雌の姿が見られない。
第二のブルーヒメシジミも6月に入って姿が見られるようになった。
a0071470_21442130.jpg
a0071470_2144852.jpg

こちらは雌雄ともに数が増えてきた。
アサマシジミは終齢幼虫に。
a0071470_2145251.jpg
a0071470_21444950.jpg
いよいよ夏本番だね。
ウラギンヒョウモンやクモガタヒョウモンも発生。
a0071470_21452246.jpg

羽化直後の個体は本当に鮮やかできれいだね。
オレンジも産卵の季節に。
a0071470_21464827.jpg
a0071470_21463229.jpg
a0071470_21462132.jpg
a0071470_2146982.jpg


地元の天気が悪いので、ゼフィルスのロケハンに姫川を下る。
なんと雌雄とも発生していた。
a0071470_2148087.jpg
a0071470_21474949.jpg
a0071470_21473182.jpg

2014年ゼフ1号はやはりウラクロシジミだった。
いよいよハイシーズン突入だ。がんばらなくっちゃね。



a0071470_21481673.jpg

さて5月30日早朝、佑ことAroma of K&M Hakubaが永眠いたしました。
ほぼ18年間続いていた犬たちとの生活が一区切りとなりました。
生前のご厚情、愛犬たちに変わりまして、御礼申し上げます。
by kmkurobe | 2014-06-05 21:48 | 生態写真 | Comments(8)