<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

安曇野秋ジャコウ???

a0071470_23174458.jpg

以前から注目している安曇野産ジャコウアゲハ。草刈りや農薬散布などを乗り越えて、今年も5月中旬の第1化。
a0071470_23195836.jpg

7月中旬には第2化と安定して発生している。
とにかくかなりレアであることは間違いない。
どこからやってきたのかわからないが、近くにこれだけの安定した発生地は聞いたことがない。
アルプスを見渡す棚田の一角に奇跡のようにウマノスズクサが群生して、個体数もかなりなものだ。
てっきり年2回の発生だと思っていたのだが、知人のブログには夜間に群れをなして休息している雄が撮影されていた。
たまたま出張前に時間ができたので訪ねてみた。
市街地の外れに車を止め、結構きつい勾配を登っていく。
棚田の稲穂も色づいてきて、クズの花が咲き始めていた。
確かに何頭かのジャコウアゲハが飛んでいた、かなり綺麗な個体が多い。
a0071470_23183378.jpg

この雄などはほとんど無傷でこれが撮影できただけでもうれしい。
a0071470_23191620.jpg
a0071470_23203712.jpg

雌も発生を始めていて、あちらこちらで産卵行動が見受けられた。
a0071470_23205751.jpg
a0071470_23211133.jpg
a0071470_23212613.jpg

びっくりしたのはすべてのステージが観察できたことだ。
a0071470_23232187.jpg

卵はあちらこちらに産卵されていたが、若齢幼虫は見つからなかった。
終齢幼虫があちらこちらを歩き回っていた
a0071470_23234372.jpg
。ジャコウアゲハの場合、蛹化の場所を探して数十㍍移動することもまれではないらしい。
a0071470_2324197.jpg
a0071470_23241445.jpg

前蛹もあちらこちらで見られた。
蛹はまだ柔らかいものから、しっかりしたものまで観察できた。
a0071470_23243944.jpg

a0071470_232502.jpg

 
 だいたい50日弱で1サイクルと考えると、まあ年3化もあり得ないことかもしれないが・・・・・・
a0071470_23262875.jpg

成長が遅れた第2世代の第2陣がまとまって発生したとも考えられるのではないかな・・・・・・・

a0071470_23251989.jpg

by kmkurobe | 2015-08-28 23:26 | 安曇野 | Comments(6)

いよいよシーズンも終わりだね。

a0071470_21161871.jpg

お盆休みを過ぎて、ぐずついた天気が続いている。
a0071470_21164148.jpg

今頃になって満開の向日葵の背景は、曇り空に白馬三山が見える。
a0071470_2117077.jpg

毎年この桜にはミドリョウモンが産卵に訪れる頃、夏の気配はほとんど見えなくなる。
つい先週まで全く姿が見えなかったクロツバメシジミ。
心配している内に第3化の発生が始まった。
a0071470_2117192.jpg
a0071470_2117367.jpg
a0071470_21175144.jpg
a0071470_2118671.jpg
a0071470_21181827.jpg

残雪や天候不順で今年はほとんどまともな観察かできなかったが、何とか復活してくれたようだ。
あちらこちらで交尾しているカップルや産卵している雌も目に付く。
a0071470_21183692.jpg
a0071470_21185324.jpg
a0071470_21191763.jpg

ツメレンゲもずいぶん伸びてきた。
a0071470_21202176.jpg
a0071470_21195255.jpg
今年はずいぶん遅れての発生だったので、今回がラストかもしれないね。
ミヤマシジミは端境のようで、スレた個体に綺麗な個体が幾分混じっている。
a0071470_21205778.jpg
a0071470_21214613.jpg

コマツナギのピンクにミヤマシジミの裏面がマッチして本当にあでやかだ。
a0071470_21215850.jpg
a0071470_21221341.jpg

今度晴れ間が出る頃には蕎麦の花が咲き始めそうだ・・・・・・いよいよ秋だね。
a0071470_21223259.jpg

by kmkurobe | 2015-08-25 21:22 | 生態写真 | Comments(0)

今年も蟻と蝶の物語

a0071470_21483867.jpg

里山もすっかり秋めいて、「秋の七草」があちらこちらで咲き始めた。
a0071470_21492678.jpg
ナデシコ
a0071470_21495698.jpg
キキョウ
a0071470_21501016.jpg
オミナエシ
a0071470_21502848.jpg
ススキ
山里の蕎麦の花も咲きそろい、空の色も何となく落ち着いて来たような。
今年の8月上旬はとにかく高温で、当家の周辺も「避暑地」の看板はあっさり脱ぎ捨てたような気候になった。
今年の虫類の不作はやはり継続しているようで、蝶ばかりではなく、蝉も蜂も例年に比べてずいぶん少ない。
a0071470_21505093.jpg

夏期間は早朝のリフトが運転しているので、久しぶりに仕事前の撮影会。1800メートルまで登ってみた。
いつもと同じ風景の中ここでも同様の傾向で、季節進行は速く進み、個体数も少ない。
例年なら多数飛び回っているクロヒカゲやコヒョウモン、ヒメシジミなどもほとんど見られなかった・・・・・・
それでも何とか2頭ほど確認。かなりスレていて、発生は7月下旬には始まっていたようだ・・・・・
a0071470_21592874.jpg

おかしい・・・・・・
a0071470_21523867.jpg
カライトソウがこんな状態。これでは最終盤ということになってとまう・・・・・

再挑戦する気力もなくなり、こんどは里山の発生地を訪ねてみた。
ここは8月上旬頃からの発生かな・・・・・
1回目前回のブログのように2頭のみ。出始め。
2回目とにかく暑くて、全く開かない。翅表がかなり青い個体も混ざっているのに堅く閉じたまま・・・・・・
a0071470_21535037.jpg
a0071470_2154947.jpg
a0071470_2155443.jpg
a0071470_2155202.jpg
a0071470_2155282.jpg
a0071470_21561514.jpg

吸蜜、産卵は特に気温とは関係なく盛んに活動していた。
3回目さらに暑くて、飛び回るばかり・・・・・前日からの高温で「結露」した個体があちらこちらに。
a0071470_21554814.jpg

ウォーム・アップ無しでいきなり活動し始めた・・・・・あらら・・・・・
4回目雨上がりの薄日が差すという好条件。朝方のウォーム・アップ時あちらこちらで開翅。
a0071470_2156561.jpg

くじ運悪く黒い個体ばかり・・・・・・・時間切れ寸前で青い雌が開いてくれた
a0071470_21563582.jpg
a0071470_21565096.jpg
a0071470_2222363.jpg

5回目に訪れたときにはワレモコウはほぼ満開。
a0071470_21572884.jpg
10日ほどで今年のシーズンは終わってしまったようだ・・・・・
このときワレモコウの茎にたくさんのアブラムシとアリがたかっていた。
a0071470_2157495.jpg
その密集地帯の中に、こんな幼虫がいかにもアリに世話をされている感じで静止していた。これは何だろう・・・・・・
蟻と深く関わりを持つシジミチョウの生態は本当に興味深くて、来シーズンはどんなシーンを見せてくれるか今から待ち遠しいもんだね。
a0071470_2158844.jpg

by kmkurobe | 2015-08-17 21:59 | 生態写真 | Comments(2)

ふと気がつくともう8月・・・・・・

a0071470_2152681.jpg

ひたすら暑い週末
いやいや暑い、クーラーの稼働は年間1月あるかないかなのに、連日フル回転。今年は冷夏のはずでは・・・・・・
ふと気がつくともう8月・・・・・・今年のシーズンもそろそろ終盤だ・・・・・
ここのところ余りいい出会いがないので、五時起きして遠征する。
相方は何時ものKENDAMAR氏 。今シーズン好調の彼のツキのひとしずくでもほしいもんだね・・・・・・
a0071470_21522991.jpg

2時間以上かけて出かけてはみたが、とにかく暑い・・・・・林道も乾ききって、目標はなにも飛んでいない・・・・
それでもまだまだ綺麗なウラキンシジミがあちらこちらで迎えてくれた。
a0071470_21525899.jpg
a0071470_21531922.jpg
a0071470_21534023.jpg
a0071470_223506.jpg

転進先でも全く気配がない。あきらめかけていたら、久々のコヒオドシが現れた。
a0071470_21535785.jpg
a0071470_21541132.jpg
a0071470_21542632.jpg
a0071470_21545047.jpg
a0071470_2221263.jpg

ずいぶんサービス熱心で色々なポーズをとってくれた。
a0071470_2155169.jpg

帰路寄り道した里山にはゴマシジミが発生を始めていた。
a0071470_21552925.jpg
a0071470_21554256.jpg
a0071470_2215553.jpg

むろんこの気温では飛び回るばかりだ。
最後の撮影地に着いたのは5時近く。
ここではスミナガシがあちこちでテリ張り。
a0071470_221859.jpg

いやいや12時間を越える長丁場になってしまった・・・・・
by kmkurobe | 2015-08-03 21:59 | 生態写真 | Comments(2)