<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

緑が一段と濃くなってきた。

a0071470_16421016.jpg

a0071470_16412527.jpg
緑が日一日と濃くなり、ほとんどの田圃に水が入った。田植えシーズン真っ盛りである。
a0071470_16422849.jpg
a0071470_16415482.jpg

相変わらず晴天で高温の日が続き、例年とはかなり違った季節の移り変わりになってきた。
a0071470_1645657.jpg

本来なら最盛期のはずのオレンジもあっという間に高標高の発生地に限られるようになった。
a0071470_16425151.jpg
a0071470_1643653.jpg
a0071470_16442635.jpg
a0071470_16445129.jpg

羽化直の雄から産卵している雌まで、ごちゃごちゃと同時進行している。
a0071470_1648226.jpg

地元でも青系のシジミチョウが発生を始めた。
a0071470_16455455.jpg
a0071470_16452941.jpg
a0071470_16461556.jpg
a0071470_16463249.jpg
ヒメシジミは例年より1週間ほど早い発生。ミヤマシジミは例年道理だがまだ数が少ない。
なぜか今年はウスバシロチョウの数が少ない。
a0071470_16465147.jpg
やはり越冬するステージによって、このような気象に合う合わないがあるのだろう。
a0071470_16472087.jpg

あちら此方で平地性のゼフィルスの発生が始まったようだ。
昨年悲しいほどに不作だった蝶達。今年はどんな風に姿を現してくれるのだろう。
a0071470_16473260.jpg

by kmkurobe | 2016-05-28 16:49 | 生態写真 | Comments(0)

五月晴れの安曇野周遊

a0071470_11333282.jpg

田植えが始まった。五月晴れ、高温が続き例年より10日ほど早い。
a0071470_11343058.jpg

白馬三山の残雪もすくなくなり、雪形もなぜか貧相にみえてしまう。
例年なら最盛期のはずのギフチョウの産卵期はあっというまに終わり、久しぶりに安曇野を周遊してみた。
a0071470_11372775.jpg

中綱湖はすっかり若葉が茂って、湖面にツツジの花が映っていた。
オレンジたちは最盛期かあちら此方で求愛をしているカップルが目に付く。
a0071470_1140040.jpg
a0071470_11401635.jpg

ミヤマハタザオ、スミレ、ヤマガラシなどで吸蜜を繰り返していた。
a0071470_11411021.jpg
a0071470_11412334.jpg
a0071470_11413778.jpg
a0071470_11414871.jpg

ジャコウアゲハも最盛期のようで、田植えされたばかりの棚田の上を飛び交っていた。
a0071470_11433221.jpg
a0071470_11434611.jpg
a0071470_1144249.jpg
a0071470_11441732.jpg

保護地域のオオルリシジミはやはり1週間ほどはやく羽化が始まったようだ。
a0071470_1145646.jpg
a0071470_11452179.jpg

久しぶりに夕方まで快晴が続いた一日、成果が上がると疲れも吹き飛ぶね・・・・・・
a0071470_11465568.jpg

by kmkurobe | 2016-05-17 11:46 | 安曇野 | Comments(6)

すっかり青葉の季節になった。

今年の季節の移り変わりは相変わらず早く、GWを過ぎると更に加速してすっかり青葉の季節になった。
a0071470_14571445.jpg

明るかった散歩道も、緑の壁に覆われてすっかり暗くなっている。
a0071470_14582885.jpg

田圃に水が入り、田植えまでもう少しのようだ。
a0071470_14592673.jpg

今年のGWは桜もカタクリもすっかり散ってしまい、ヒメギフチョウは産卵に忙しい最終盤に、
a0071470_1505888.jpg

ギフチョウ達は雌が出そろっている。
a0071470_1515374.jpg
a0071470_1521011.jpg
GW最終日に蝶山人さんご夫妻がお見えになったときには、1200㍍を超えル高原にご案内。
a0071470_1535212.jpg

昨年などはまだまだかなり残雪が残っていたはずだが、今年はご覧のようにブナの若葉がまぶしい草原になっていた。ここではまだまだ綺麗な雄が。
a0071470_1553275.jpg

雌も出始めていて、スミレで吸蜜。
a0071470_1562454.jpg

他の蝶達もすべて半月近く早い発生となっていた。いや、忙しい・・・・・・・
クロツバメシジミが4月中に観察できたのは初めてだ。
a0071470_1582513.jpg

ヒメシロチョウは積雪が少なくて、遅霜がほとんど無かったせいか、こちらも元気に飛び回っていた。
吸蜜
a0071470_1594643.jpg

求愛
a0071470_1510113.jpg

交尾
a0071470_15102125.jpg

産卵
a0071470_15103768.jpg

ここでみたツバメシジミは結構青かった。
a0071470_15115639.jpg

谷間の融雪も驚くほど早く、低い標高でも雌雄とも飛び回っていたのは初めての経験だ。
a0071470_15133561.jpg
a0071470_15134887.jpg
a0071470_15141274.jpg
a0071470_15142940.jpg
a0071470_15144334.jpg

本来ならこれからがオレンジの時期なのに・・・・・・
このあと季節はどのように移り変わっていくのだろうか・・・・・・
楽しみだね。
a0071470_15162199.jpg

by kmkurobe | 2016-05-14 15:16 | 安曇野 | Comments(6)