オオミドリシジミをリモートで撮影

a0071470_16163121.jpg

今年もゼフィルスの季節がやってきた。ただ自宅の近くは海抜が800メートル近くあるので、もう少しだけ暇な時間が続く。
例年緑系のゼフィルスは姫川最下流付近のオオミドリシジミで撮影を開始している。このあたりはすっかり夏になっていた。
田圃の稲も水面が見えないほど生育している。
通いなれた林道では8時半頃からいつもの場所で数頭がテリを張り始めていた。
今回も相方のKENDAMAR氏とコンビを組む。効率の良いゼフィルスの撮影にはとにかく息のあったパートナーが何より肝心だね。
a0071470_16105232.jpg

これがKENDAMAR氏の2016年バージョン。TG-4をスマホで操作するようだ。
ご覧のようにテリ張り中のゼフはほとんどカメラを気にしない。

当方はカメラをEPL-5からEPL-7へグレードアップした以外、昨年までと装備に変更はない。ただこれによりモニターの可動域が画期的に広がったので、撮影可能なポジションもより得やすくなった。
まずは70-300G+α77で撮影してみた。
a0071470_1684075.jpg

最高のポジションに降りてきたが、やはり90%以上が待ち時間。
リモート撮影なら、極端な逆光以外は3メートル以内なら待ち時間は無し。
どんどんとスケジュールが消化できる。
a0071470_16134734.jpg

最初のポジションはカメラの位置を蝶より向こうに出さないと4枚光らない。
無理をして蝶の前方10㎝くらい出すと角度をつければ4枚光る。
a0071470_16173520.jpg

ほぼ同じ位置でも蝶より手前では後翅が光ってくれない・・・・・
a0071470_16175461.jpg

オオミドリシジミは他のゼフに比べて反射が強くて、とにかく調整が大変今回も-1.0位まで落とせば良かったようだ。

リモート撮影では低い位置でも樹木に触ってしまうような場合も威力を発揮する。
a0071470_16231546.jpg

これは思い切り近づいてみた。
a0071470_16235355.jpg

だんだん慣れてきたので、色々な位置で撮影してみた。
a0071470_16243722.jpg

a0071470_1624563.jpg
a0071470_16251393.jpg

地元に帰ると平地性のアサマシジミが雌雄とも発生していた。
a0071470_1625554.jpg

これは意識して逆光で撮影。
a0071470_16262487.jpg

この雌は前翅まで赤紋が発達していて良い感じ。

いよいよハイシーズン本番。がんばらなきゃね・・・・
# by kmkurobe | 2016-06-13 16:27 | 生態写真 | Comments(2)

異常型のヒメシジミ?

a0071470_2261577.jpg

6月に入って乾燥した晴天が続いた。植えたばかりの野菜の苗もなかなか厳しい状態に陥っているとか・・・・・
村中にマーガレットが満開に咲いている。
a0071470_2284486.jpg

ヒメシジミも最盛期を迎え、あちらこちらでカップルが誕生している。
a0071470_2294943.jpg
a0071470_2210391.jpg
a0071470_2210161.jpg
a0071470_22103675.jpg
このカップルはやけに雌が小さい。雄は普通のサイズなので極端に矮小な個体のようだ。
a0071470_22172844.jpg

お昼休みに時間があったのでアサマシジミの発生を確かめにでかけた。

ヒメシジミの雌はきれいな個体が多いのでまじめに撮影していた。
a0071470_22121141.jpg
a0071470_22122355.jpg

あれ???
a0071470_2213057.jpg

すれたギンイチモンジセセリのような蝶が目に入った???
a0071470_2214222.jpg
a0071470_22141215.jpg
a0071470_22142691.jpg

縁毛などを見ると、それほど古びてはいないようだった、よく見ると裏も表と同部位に退色したような変化があるようだ。
なんだろう、はじめて見た・・・・・
# by kmkurobe | 2016-06-08 22:18 | | Comments(0)

念力2016

a0071470_1148139.jpg

6月になり直前に迫ったハイシーズンに向けてロケハンに姫川を下った。
寒気が入っていて下るほどに天気が大荒れに、一度発生地まで行ってみたもののとてもダメなのでコンビニで待機した。8時を過ぎてようやく雨は小降りになっては北が、とにかく寒くてなにも飛ばない・・・・・
ただ予想していた通りウラクロシジミは発生していた。
a0071470_11512826.jpg

a0071470_11514761.jpg

最初はISO800でも苦しかったのだが、10時近く担ってようやく薄日が射してきた。
a0071470_1152574.jpg

リモートを使えば無理せずに上から撮影できる1頭に狙いを絞った。
この個体は期待通り半開翅までは何度も開いてくれたが、良いところまで来ると風が吹いたり、日が陰ったりして、閉じてしまうのを繰り返していた。
11時近く担って木漏れ日がうまい具合に頭部にじわじわとかかり始めた。
例によって今年も念力。
a0071470_11562997.jpg

よしよし。
a0071470_11565087.jpg

おおっ!
a0071470_115713100.jpg

いけっ・・・・・・
a0071470_11574779.jpg

よっしゃーーー!!!
なんと
a0071470_11581870.jpg

ウラクロシジミのほぼ全開翅ははじめての経験。
一刻も早く結果が知りたくて、飛んで帰る・・・・・・・
やったね・・・・・・・

帰り道によった姫川のムシトリナデシコの大群落。長さ200メートル以上幅50メートル。
a0071470_12031100.jpg

いやいやお天気同様晴れやかに姫川を遡った。
# by kmkurobe | 2016-06-03 12:01 | 生態写真 | Comments(6)

緑が一段と濃くなってきた。

a0071470_16421016.jpg

a0071470_16412527.jpg
緑が日一日と濃くなり、ほとんどの田圃に水が入った。田植えシーズン真っ盛りである。
a0071470_16422849.jpg
a0071470_16415482.jpg

相変わらず晴天で高温の日が続き、例年とはかなり違った季節の移り変わりになってきた。
a0071470_1645657.jpg

本来なら最盛期のはずのオレンジもあっという間に高標高の発生地に限られるようになった。
a0071470_16425151.jpg
a0071470_1643653.jpg
a0071470_16442635.jpg
a0071470_16445129.jpg

羽化直の雄から産卵している雌まで、ごちゃごちゃと同時進行している。
a0071470_1648226.jpg

地元でも青系のシジミチョウが発生を始めた。
a0071470_16455455.jpg
a0071470_16452941.jpg
a0071470_16461556.jpg
a0071470_16463249.jpg
ヒメシジミは例年より1週間ほど早い発生。ミヤマシジミは例年道理だがまだ数が少ない。
なぜか今年はウスバシロチョウの数が少ない。
a0071470_16465147.jpg
やはり越冬するステージによって、このような気象に合う合わないがあるのだろう。
a0071470_16472087.jpg

あちら此方で平地性のゼフィルスの発生が始まったようだ。
昨年悲しいほどに不作だった蝶達。今年はどんな風に姿を現してくれるのだろう。
a0071470_16473260.jpg

# by kmkurobe | 2016-05-28 16:49 | 生態写真 | Comments(0)

五月晴れの安曇野周遊

a0071470_11333282.jpg

田植えが始まった。五月晴れ、高温が続き例年より10日ほど早い。
a0071470_11343058.jpg

白馬三山の残雪もすくなくなり、雪形もなぜか貧相にみえてしまう。
例年なら最盛期のはずのギフチョウの産卵期はあっというまに終わり、久しぶりに安曇野を周遊してみた。
a0071470_11372775.jpg

中綱湖はすっかり若葉が茂って、湖面にツツジの花が映っていた。
オレンジたちは最盛期かあちら此方で求愛をしているカップルが目に付く。
a0071470_1140040.jpg
a0071470_11401635.jpg

ミヤマハタザオ、スミレ、ヤマガラシなどで吸蜜を繰り返していた。
a0071470_11411021.jpg
a0071470_11412334.jpg
a0071470_11413778.jpg
a0071470_11414871.jpg

ジャコウアゲハも最盛期のようで、田植えされたばかりの棚田の上を飛び交っていた。
a0071470_11433221.jpg
a0071470_11434611.jpg
a0071470_1144249.jpg
a0071470_11441732.jpg

保護地域のオオルリシジミはやはり1週間ほどはやく羽化が始まったようだ。
a0071470_1145646.jpg
a0071470_11452179.jpg

久しぶりに夕方まで快晴が続いた一日、成果が上がると疲れも吹き飛ぶね・・・・・・
a0071470_11465568.jpg

# by kmkurobe | 2016-05-17 11:46 | 安曇野 | Comments(6)

すっかり青葉の季節になった。

今年の季節の移り変わりは相変わらず早く、GWを過ぎると更に加速してすっかり青葉の季節になった。
a0071470_14571445.jpg

明るかった散歩道も、緑の壁に覆われてすっかり暗くなっている。
a0071470_14582885.jpg

田圃に水が入り、田植えまでもう少しのようだ。
a0071470_14592673.jpg

今年のGWは桜もカタクリもすっかり散ってしまい、ヒメギフチョウは産卵に忙しい最終盤に、
a0071470_1505888.jpg

ギフチョウ達は雌が出そろっている。
a0071470_1515374.jpg
a0071470_1521011.jpg
GW最終日に蝶山人さんご夫妻がお見えになったときには、1200㍍を超えル高原にご案内。
a0071470_1535212.jpg

昨年などはまだまだかなり残雪が残っていたはずだが、今年はご覧のようにブナの若葉がまぶしい草原になっていた。ここではまだまだ綺麗な雄が。
a0071470_1553275.jpg

雌も出始めていて、スミレで吸蜜。
a0071470_1562454.jpg

他の蝶達もすべて半月近く早い発生となっていた。いや、忙しい・・・・・・・
クロツバメシジミが4月中に観察できたのは初めてだ。
a0071470_1582513.jpg

ヒメシロチョウは積雪が少なくて、遅霜がほとんど無かったせいか、こちらも元気に飛び回っていた。
吸蜜
a0071470_1594643.jpg

求愛
a0071470_1510113.jpg

交尾
a0071470_15102125.jpg

産卵
a0071470_15103768.jpg

ここでみたツバメシジミは結構青かった。
a0071470_15115639.jpg

谷間の融雪も驚くほど早く、低い標高でも雌雄とも飛び回っていたのは初めての経験だ。
a0071470_15133561.jpg
a0071470_15134887.jpg
a0071470_15141274.jpg
a0071470_15142940.jpg
a0071470_15144334.jpg

本来ならこれからがオレンジの時期なのに・・・・・・
このあと季節はどのように移り変わっていくのだろうか・・・・・・
楽しみだね。
a0071470_15162199.jpg

# by kmkurobe | 2016-05-14 15:16 | 安曇野 | Comments(6)

いきなりの当たりくじ!

昨日の黄砂の影響が残っているのか、薄ぼんやりとした朝になった。なんだか肌寒い。
散歩にはダウン・ジャケットと手袋着用。
a0071470_22461151.jpg

散歩道使用面に見える桜もあっという間に散り始めてしまった。
a0071470_22463348.jpg

チューリップが一気に咲きそろってビックリ・・・・・
a0071470_2246472.jpg

定点のコブはなんとか頑張っている。
a0071470_2247880.jpg

ズミの若葉が伸び始めた。もうすぐ農作業が始まる。
残念ながら朝方はまったく飛ばず・・・・・・
お昼休みになんとか出動。今日はそれほど暑くなかったので期待していたのにまったく飛んでいない・・・・・
少し離れた場所を探してたら、いきなりこいつが出現・・・・・・
a0071470_22473526.jpg

かなりグレードが高い。尾状突起がまだ柔らかく、羽化直後のようだ。
a0071470_2248525.jpg
a0071470_22483628.jpg
a0071470_22485054.jpg

交尾を期待して追いかける。
花が少ないので飛び回っているのかと思ったら、なんといきなり産卵を始めた・・・・・
a0071470_22491156.jpg
a0071470_22493131.jpg

あららまあイッカ・・・・・・
a0071470_22494842.jpg

もう一頭日光浴していたのは残念ながらノーマルでも今年やっとゆっくりと撮影することができた。
せっかくなので、昨日寒くて出会いのなかった場所へ移動する。
a0071470_22501258.jpg
a0071470_2250444.jpg
a0071470_2251573.jpg

まだまだどちらもきれいでスミレや桜で吸蜜を繰り返していた。
ちょっとばかりドキッとした個体がいたが、どうもプチバンドだったようだ。
a0071470_22514191.jpg

しかし今年の季節の進行は虫も花も本当に超特急だね・・・・・・どんな5月になるんだろう・・・・・
a0071470_22515645.jpg

# by kmkurobe | 2016-04-25 22:54 | 生態写真 | Comments(4)

なぜかフリーな時間帯はチャンスが無い・・・・

a0071470_16535721.jpg

天気のサイクルが゛相変わらず悪い。ここ数日はお昼休みも荒れ気味の天気で、ほとんどチョウの撮影にはノーチャンスに近い・・・・・フランチャイズの利がまったく生かせない・・・・・・
a0071470_177789.jpg

それでも今年ほど花いっぱいの撮影ができたのは初めてかな。
コブシは今週初めから見頃になった。
a0071470_16574053.jpg
a0071470_1657576.jpg

ただ火曜日に遅霜が当たってやや残念。
桜はどこも一挙に咲き始めた。いや忙しかった・・・・・・
a0071470_1659518.jpg
a0071470_16591524.jpg
a0071470_16592755.jpg
a0071470_16594431.jpg

ここはヒカンザクラかな?小振りだがだが花いっぱいだ。
a0071470_1715985.jpg
a0071470_1721289.jpg
a0071470_1722467.jpg

オオヤマザクラも咲き始めた。
a0071470_172553.jpg
a0071470_173731.jpg
a0071470_1745756.jpg
a0071470_1751642.jpg
a0071470_1761190.jpg

まだまだ綺麗なヒメギフチョウ
a0071470_1775917.jpg
a0071470_1782056.jpg
a0071470_1784666.jpg

やや怪しげな雌
a0071470_1791117.jpg

ぼちぼち出始めたギフチョウ。
a0071470_1795143.jpg

さあそろそろ気合いを入れないとね。

最後に、
ブログ仲間の方々には30日発刊の「ギフチョウの里」たくさんご予約いただいたそうで、
どうもありがとうございました。
私の手元にも届きましたがいやなかなか良いと思いますよ。
まだ手に入れられていない方、十分価格に見合う値打ちがあると思いますよ。
よろしくお願いいたします。
# by kmkurobe | 2016-04-23 17:19 | 安曇野 | Comments(2)

天気予報は良い方に外れた!!

a0071470_11201259.jpg

地元は回復が遅い予報だったので、安曇野へ南下する。
前日の強風豪雨にも負けず一本桜は健在だった。
背景のアルプスもかすかに見えている。
a0071470_1122830.jpg

残念ながら排水されていたので水鏡は断念。
前回まわりきれなかった安曇野のヒメギフチョウ発生地へと急ぐ。
11時頃、地温が上がり始めて、越冬テングチョウやシロチョウが飛び始めた。そのうち梢の方から1頭が斜面に着地。
a0071470_11245260.jpg

結局凝れ1枚で後続は撮影できず。(午後にシャクガパパが産卵の撮影に成功されているので、けっしてフライングでは無かったと思うのだが・・・・・)
お昼を過ぎて回復傾向を信じて姫川を下る。
カタクリの群生地では地温が低くて、1時過ぎてやっと飛び始めた。
a0071470_11275225.jpg
a0071470_1128599.jpg

いきなりフルスロットルでなかなか止まってくれない・・・・・
なんとか1チャンスが。
a0071470_1129322.jpg

ここは近くに大きなトチノキがあり、スギタニルリシジミがたくさん飛んで居た。
a0071470_1129517.jpg

小さな身体で潜り込むようにしてカタクリで吸蜜していた。
a0071470_11303688.jpg

a0071470_11305122.jpg

その後中流域で発生地を探索しようと思ったが、北に向かうほど寒気が入ってきたようで断念。
a0071470_11315389.jpg

良い感じの場所だったので次回トライしたい。
結局撮り鉄をして早めに帰宅。
a0071470_11324437.jpg

日曜日はまたも「雨マーク」が並んでいる・・・・・
ウーン今年の悪い巡り合わせは続きそうだね・・・・・

最後の1枚もう少し回り込みたかったんだけど・・・・・・
a0071470_1134504.jpg

# by kmkurobe | 2016-04-15 11:34 | 安曇野 | Comments(2)

やっと桜が咲き始めた。

a0071470_2223440.jpg
この週末には一気に咲くことだろう。気になるのは、このところ木・日パターンで天気が崩れることだ・・・・・・
うーんどうもうまくいかないね・・・・・
a0071470_22232470.jpg

定点のコブシもチラホラ開いてきている。今年は蕾の数もそこそこ多い楽しみだね。
a0071470_22234760.jpg
a0071470_2224122.jpg
a0071470_22244024.jpg

自然が動き始めるスイッチが入った今の季節が毎年待ち遠しい。今年もやっと春が来たんだ。
a0071470_22282628.jpg

小山のヒメギフチョウは最終盤。
a0071470_22252434.jpg
a0071470_2225155.jpg
ウスバサイシンの葉も開き始め擦れた個体が増えてきた。
今までほとんどスミレばかりだったので、カタクリの群落も覗いてみた、気温が高くてなかなか降りてこなかったが、なんとか撮影。
a0071470_22254471.jpg
a0071470_22255862.jpg
a0071470_22263936.jpg
a0071470_22265750.jpg

ここの個体はまだまだいけそう。美しい。
スジボソヤマキチョウのペアがあちこちで求愛行動をしていた。
a0071470_22271272.jpg
a0071470_22272651.jpg

今すごい雨が降っている。気温も高いのでまた一段と季節が進行することだろう。
明日天気になーれ・・・・・
a0071470_22275580.jpg

# by kmkurobe | 2016-04-13 22:28 | 生態写真 | Comments(2)