この幼虫なんだろう?

白馬は薄日がさす朝を迎えた。犬たちのお散歩に昨日からクモガタヒョウモンが気になっていたので、カメラを持って出かけた。

と河原に見慣れないヒョウモンの類と思われる終齢の幼虫がいた。
ここにはクモガタ、ウラギン、メスグロ、ミドリがシーズンには沢山見られるが、去年からツマグロが発生していたので気になっていた。
ひょっとしてこれそうかな?
a0071470_19555136.jpg


てなわけで拙宅までご同行いただきました。まあ20日もすれば身元はわかるでしょう。

ヒメシジミはかなりの数が発生を始めました。
a0071470_19572928.jpg
a0071470_1957524.jpg
a0071470_19581564.jpg


ちょっと脚を伸ばしてミヤマシジミの発生地まで川を下る。
割合きれいな雌がいた。ただ秋口に比べると春はずいぶんと個体数が少ない。

a0071470_200673.jpg

# by kmkurobe | 2006-06-20 20:00 | | Comments(9)

雨の日の一枚 Ⅱ

18日は午後から晴れ間が出たので、長野市あたりをうろうろしたがまったく成果なし。
栗の花がまだ咲いていないので、このあたりの平地性のゼフの発生はやはり遅れているのかな?

さて雨の日の一枚 Ⅱではウラジロミドリシジミをアップしてみました。長野県では発生地がかなり狭く白馬の記録もはっきりしなかったようです。
ただみそら野地区では集落の周辺にナラガシワが多く、最初はハヤシミドリかと思っていました。
ある日わが家の庭に見慣れない小型ののゼフが飛んでいました。近くに寄ってみると生まれて始めて見るウラジロミドリシジミでした。

それからカメラを持って近くの林をさんざん歩き廻ったが再発見できず、数年後たまたまギンイチモンジセセリを撮影していたら羽化したばかりの雄が目の前にとまっていました。
a0071470_0262669.jpg

何カットか撮ったあとなんとか表面を写したくてそっと息を吹きかけると、あら不思議・・・・
祈りが通じて羽を広げてくれました。
a0071470_028513.jpg

2001年7月3日にみそら野にて早朝撮影

ついでにそのころはまだまだあちらこちらに見られたギンイチモンジセセリ
a0071470_0311496.jpg


どちらも最近とんと出会うことができません。
まだ健在なんだろうか?
# by kmkurobe | 2006-06-19 00:22 | | Comments(8)

雨の日の一枚 Ⅰ

こんな日は思い入れのある写真を一枚。

とにかくいままでで一番好きな写真です。
でも雌も吸水するのですね。
この写真は2001/7/2にアサマシジミの撮影に村内のスキー場に出かけたときに出会いました。

a0071470_0173958.jpg

メスグロヒョウモンはとにかく大好きな蝶。
ふと気が付くとわが家の庭でも繁殖していました。
何度も失敗して初めて成功した交尾の写真がこれ。
やっぱりメスグロはこれしかないですね。
この写真は2005/7/3に毎朝の犬のお散歩コースで撮影。
寄ってくる犬たちを追い払うのに大変でした。
a0071470_025689.jpg

もう一枚おまけこれはわが家で繁殖したと思われる、出たばかりの雌。2005/7/21これもいいでしょ?
a0071470_19385797.jpg

# by kmkurobe | 2006-06-18 00:25 | 生態写真 | Comments(7)

やはり今年は10日ほど季節が遅れているのかな?

白馬も梅雨の晴れ間である。
とにかく厚い。
エゾハルゼミはしっかり鳴いているのに。蝶の数は少ない。
やはり雪解けが遅かったのと、残雪が完全に凍結してしまったことが原因か?
朝方川沿いに何頭かのヒメシジミが飛んでいた。むろん雄ばかりである。
a0071470_2147976.jpg

2001年の6月17日撮影のヒメシジミの写真があった。やはり今年は10日ほど季節が遅れているのかな?
a0071470_21484871.jpg

a0071470_21491794.jpg
a0071470_21494058.jpg

# by kmkurobe | 2006-06-17 21:51 | | Comments(3)

わずかな晴れ間に

相変わらず雄のツマキチョウが飛んでいる。川岸のハタザオをよく見ると、あちらにもこちらにもツマキチョウの卵が産み付けてあった。
a0071470_21552049.jpg

あと本日の収穫は以下の2カット
サカハチチョウ
a0071470_21561867.jpg

そして見たことのない多分スカシバの類。
どなたか名前のわかる方いらっしゃいませんか?
a0071470_21573417.jpg

# by kmkurobe | 2006-06-16 21:52 | | Comments(1)

初物「ヒメシジミ」

a0071470_13354653.jpg

いつものお散歩コースを犬たちと歩いていると、ヒメシジミが飛んでいた。今年の初見日。
例年よりやや遅いかな?
a0071470_13361758.jpg

ツマキチヨウはなぜか雄の方が長く飛んでいて、幼虫はもうかなり大きくなっている。
a0071470_13395538.jpg

# by kmkurobe | 2006-06-14 13:34 | | Comments(0)

わが家の昼下がり「サカハチチョウ」

a0071470_13162440.jpg

サカハチチョウはまだまだ新鮮。庭に食草がたくさんあるがなぜか幼虫は見つからない。
a0071470_13165589.jpg

今年はウスバシロチョウが本当に多い。この個体はずいぶん小さかった。
# by kmkurobe | 2006-06-13 13:14 | | Comments(0)

アサマシジミ終齢

a0071470_0152714.jpg
a0071470_0154717.jpg

別荘地の周りにナンテンハギの群落が方々にあるがなぜか幼虫の付いている株は少ない。
今年はもう少し遅れるかなと思ったが今月末には発生を始めるようだ。
交尾の写真は昨年の6月27日。アサマはなかなか交尾の写真が撮れなかったのでうれしかった。
# by kmkurobe | 2006-06-10 00:14 | | Comments(2)

仮面ライダー出現「オオウラギンヒョウモン」

a0071470_13292977.jpg
a0071470_1330336.jpg

友人からもらった長崎県産のオオウラギンヒョウモンが続々と羽化してきた。
割合簡単に越冬でき、かなりの確立で成虫になった。しかも食草はいっぱいあるので来年は累代の飼育をしてみたい。

長野県では古い記録は多いが現在は絶滅か?
中学の時蓼科で採集した思い出がなつかしい。
# by kmkurobe | 2006-06-08 13:27 | | Comments(2)

ウスバシロチョウ

a0071470_063367.jpg
a0071470_065353.jpg

通勤の途中にフランスギクとルピナスが美しい空き地がある。
あちらこちらにウスバシロチョウがふわふわと飛んでいた。
今年は例年より数が多いような・・・・
# by kmkurobe | 2006-06-05 00:02 | | Comments(0)