タグ:蝶 ( 19 ) タグの人気記事

本日のお題はミヤマシジミ

本日のお題はミヤマシジミ

白馬では年2-3回の発生と思われる。お盆過ぎから数が増え始め10月まできれいな個体が飛んでいる。

春先はヒメシジミとほぼ同じ頃に発生を始めるが、秋口に比べると数はうんと少ない。端境となる梅雨時はさらに数が少なく、たまに飛んでいてもすり切れた個体ばかりである。
たまたま発生したばかりの雄が数頭飛んでいたので、周りの環境を写し込んでみた。今にも雨が降りそうな条件ではあるが、幸い風はない。
まずは開翅の状態でアップにしてみた。
a0071470_17304158.jpg

晴れた日に比べるとブルーの出方が違うかな・・・・やや白っぽいような。
特に秋型ではもっと濃い色に感じられるが。
a0071470_17311074.jpg


バックに写り込んでいるのは食草のコマツナギである。護岸の割れ目や砕石の間など水捌けのよいところに群落を作っている。
a0071470_17315178.jpg

a0071470_17321727.jpg

ワイドはまあまあいい感じに撮れたと思う。
a0071470_17324339.jpg


ここは雪を捨てたりするため、定期的にブッシュなどを伐採しているので、環境が維持されているようだ。
ここはまた地域の方々によってこの群落を守ろうという保護がなされている。夏期に違法キャンパーが車を止めるため、どうしても踏み荒らされてしまうからだ。

結果としてこの環境に適応している虫たちも保護されている。
a0071470_17333062.jpg

このようにコンクリート打ちっ放しの護岸でも考えようによっては草も刈らない土手よりもずっといろいろな生物を維持できるわけである。
a0071470_1734243.jpg

保護という前に周囲の環境の調査がいかに大切か考えさせられる。

クモマツマキの発生地の砂防ダムは造るべきではないなどという声もある。
ただこの地に住んでいるといかに砂防ダムが大切か、人間の生活を守っているか、身にしみてわかる。

問題は作ることよりも、作った後にいかに環境を考え守っていくかではないだろうか。
自然の力は偉大だ。10年で建設当時とはがらっと変わってしまう。コンクリートの塊にもひびが入り、土石流によってえぐられ、プールは土砂で埋まってしまう。

わが家の近くでは、長大な用水路のたった数十メートルをU字溝に替えただけなのに植生が変わり、特定の蝶もキノコも見られなくなってしまった。それほどデリケートな自然を理解することが環境保護の第一歩ではないだろうか。

おいしい「イグチ-ジコボウと地元で呼ばれる食用キノコ」が一杯採れたのに残念・・・・・
by kmkurobe | 2006-07-21 17:35 | | Comments(10)

この蝶たちも出品されているのかな?

とにかく雨、雨、雨ついでに二日続けて大雨洪水警報・・・・
丸一週間飛べない蝶たちはどうしているのでありましょう?
a0071470_17231573.jpg
a0071470_1723397.jpg

以前一部アップしたコヒョウモンモドキの写真を選んでみた。
撮影場所が前回の個体よりも暗い林道入り口のためややピントが甘い。
a0071470_1724127.jpg
このイネ科の穂に止まったところ、割と気に入っている。
たくさん撮影したのだけれど何とか写っていたのはこれ一枚だった。
暗い分飛び回らないので、シャッターチャンスは多いのだが、ちょっと風が吹いただけでアウトである。

アップで吸蜜シーンを撮ってみた。私はヒョウモンの類は裏面が写り、しかも複眼がしっかり写りこんでほしいのだが。
a0071470_172416100.jpg

これは葉裏に止まっているのを逆光で撮ってみた。いまいち期待したほどではなく、なんか薄っぺらになってしまった。
a0071470_17243453.jpg

このドアップは本来の色がよく出ているような気がする。
a0071470_17245299.jpg


先週からネットのオークションにほぼ同時期にこの地域で採集された個体が出品されていた。
出品者の曰く、本命(多分コヒョウモンモドキとアサマシジミ)が大町・北安曇地域で思ったほど採れなかったそうで、”ついで”に採ったというウラギンヒョウモンやらウラゴマなどを「一山いくら」で出していた。これなどせめて交通費位稼がなくてはというさもしい根性丸出しに感じられ、本来のオークションの趣旨に反すると思うのだが。

現在採集は一切しない私だが、別に否定しているわけでもないし、なにかきっかけでもあればきっとまた展翅版を倉庫から出してくるだろう。

・・・・「愛好家」とは採集者も観察者も撮影者もすべてが含まれる、自然と昆虫をこよなく愛する人間の総称だと思っていたのだが。

他人に迷惑をかけず必要なだけ採集するのは仕方がないかもしれない。しかし余分に採って売ったり、交換したりしているのはとても彼らが好んで使う「虫屋」ともはや言えないのではないだろうか。

某オークションには昆虫関係の古書が出たりしていたので昨年から覗いている。売る方に問題があるのは確かだが、主催する方そして買う方も今一度「自然愛護(保護ではありません)」の原点に立ち戻ってほしいと思う。

ゼフの採卵出品はともかく、「キマルリの飼育品鳥取県産(サナギより)」なんてのはどうやって採集したのだろう。同じことをとても自宅の庭ではできないはずだ。「-規制前ラベル」や「累代飼育品」などという怪しげな但し書きが付いているのも多くある。
とても業者さんとも思えないし、普段フィールドで出逢ったときどんな人物なのかちょっと興味がある。

むかしの「子供の科学」の交換欄のように「私の***と★★★もしくは☆☆☆と交換してください。」アマチュア同士ならこれだと思うんだけど・・・・・・

いずれにしても古いな(爆!!)
by kmkurobe | 2006-07-19 17:31 | | Comments(6)

暑い!!!

とにかく暑い!
快晴の休日。平地性のゼフ、オオムラサキを求めて近場を約150キロ周回する。
結果とにかく強い風と高温のため対象には出会うことができたが、あまりにも活発に活動ししかも風で揺れるためまともな撮影ができなかった。残念。

本日の目撃、エゾミドリ、ウラクロ、アカ、ウラナミアカ、オオムラサキ、テングチョウ、ウラギン、メスク゜ロ、ミドリ、クモガタの各ヒョウモン、他に数種のセセリ。

まずはヒメシジミの交尾。レッドクローバーに止まっていたのを撮影。
a0071470_22341163.jpg

しばらくするとなぜか肘に止まった。撮影しにくいので指先に移動していただいた。
a0071470_22352126.jpg

同じ場所でアサマシジミはかなり発生していた。
a0071470_2236784.jpg


ヘムリンさんと私がご推奨する安曇野のゼフィルスポイントへ移動。
ちょっと時期的に早かったが一頭雄がやっと撮影できる小枝に止まっていた。
a0071470_2238296.jpg


これ何か?どなたかわかる方いらっしゃいますか?

他には初見日のミドリヒョウモンとアカシジミ

a0071470_22394429.jpg

a0071470_22421816.jpg


そしてハチだかハエだかアブだかわからない不思議な虫。
ただ写真として気に入っています。
これはなんですかね?

a0071470_22412133.jpg


収穫いまいちでしたが、久しぶりに夏の日差しを浴びたいい一日ではありました。
by kmkurobe | 2006-06-29 22:45 | | Comments(5)

この幼虫なんだろう?

白馬は薄日がさす朝を迎えた。犬たちのお散歩に昨日からクモガタヒョウモンが気になっていたので、カメラを持って出かけた。

と河原に見慣れないヒョウモンの類と思われる終齢の幼虫がいた。
ここにはクモガタ、ウラギン、メスグロ、ミドリがシーズンには沢山見られるが、去年からツマグロが発生していたので気になっていた。
ひょっとしてこれそうかな?
a0071470_19555136.jpg


てなわけで拙宅までご同行いただきました。まあ20日もすれば身元はわかるでしょう。

ヒメシジミはかなりの数が発生を始めました。
a0071470_19572928.jpg
a0071470_1957524.jpg
a0071470_19581564.jpg


ちょっと脚を伸ばしてミヤマシジミの発生地まで川を下る。
割合きれいな雌がいた。ただ秋口に比べると春はずいぶんと個体数が少ない。

a0071470_200673.jpg

by kmkurobe | 2006-06-20 20:00 | | Comments(9)

やはり今年は10日ほど季節が遅れているのかな?

白馬も梅雨の晴れ間である。
とにかく厚い。
エゾハルゼミはしっかり鳴いているのに。蝶の数は少ない。
やはり雪解けが遅かったのと、残雪が完全に凍結してしまったことが原因か?
朝方川沿いに何頭かのヒメシジミが飛んでいた。むろん雄ばかりである。
a0071470_2147976.jpg

2001年の6月17日撮影のヒメシジミの写真があった。やはり今年は10日ほど季節が遅れているのかな?
a0071470_21484871.jpg

a0071470_21491794.jpg
a0071470_21494058.jpg

by kmkurobe | 2006-06-17 21:51 | | Comments(3)

わずかな晴れ間に

相変わらず雄のツマキチョウが飛んでいる。川岸のハタザオをよく見ると、あちらにもこちらにもツマキチョウの卵が産み付けてあった。
a0071470_21552049.jpg

あと本日の収穫は以下の2カット
サカハチチョウ
a0071470_21561867.jpg

そして見たことのない多分スカシバの類。
どなたか名前のわかる方いらっしゃいませんか?
a0071470_21573417.jpg

by kmkurobe | 2006-06-16 21:52 | | Comments(1)

わが家の昼下がり「サカハチチョウ」

a0071470_13162440.jpg

サカハチチョウはまだまだ新鮮。庭に食草がたくさんあるがなぜか幼虫は見つからない。
a0071470_13165589.jpg

今年はウスバシロチョウが本当に多い。この個体はずいぶん小さかった。
by kmkurobe | 2006-06-13 13:14 | | Comments(0)

ウスバシロチョウ

a0071470_063367.jpg
a0071470_065353.jpg

通勤の途中にフランスギクとルピナスが美しい空き地がある。
あちらこちらにウスバシロチョウがふわふわと飛んでいた。
今年は例年より数が多いような・・・・
by kmkurobe | 2006-06-05 00:02 | | Comments(0)

産卵「ギフチョウ」

a0071470_13431460.jpg

これ納得の1枚。なんとか産卵中の卵も一緒に写し込めたと思う。
今年はなんだか変。実は羽化の撮影をしていたら、なんとどこからか飛んできた雌が産卵を始めた。よく見ると多少古びてはいる。いったいいつ頃発生していたんだろう。
a0071470_1347046.jpg

by kmkurobe | 2006-05-08 13:41 | | Comments(0)